バイクが追突された!事故に備えて知って起きたいお金のコト

バイクだけに限らず、交差点で信号待ちしていると後方車両から追突されて交通事故を起こすことはありえない話ではありません。

自分がぶつけて起こす事故だけでなくもらい事故でバイクが壊れてしまった場合、修理費用はどうなるのでしょうか?

今回の記事では意外と知らないバイク事故のお金にまつわる現実ついて解説いたします。

 

追突事故が起きたら修理費用はどうなる?

ショックを受ける男性

もしあなたがバイクで他人の車両に突っ込んで追突事故を起こせば「多額の修理費用を請求される!」とイメージしやすいです。

しかし相手からもらった追突された場合は、ざっくりお伝えすると事故原因である相手から修理費用の大半は支払ってもらえます。

あくまで「大半」としたのは状況によって修理費用全額ではなく、「過失割合」を計算のうえバイクの修理費用などが支払われるためなのです。

 

過失割合とは

お金とクルマ

過失割合とは、事故を起こした人と事故の被害にあった人の「不注意」の強さをあらわす指標のことです。

割合なので事故を起こした人が○%、被害にあった人(あなたのバイクなど)が○%といった具合に、事故当事者の不注意の割合を100%を上限に配分していきます。

 

たとえば、一時停止の道路を無視して飛び出してきたために追突されれば、停止しなかった側の車に責任が強いといえますので、追突した人の不注意度は90%、追突被害者(あなたのバイクなど)の不注意度は10%程度と考えていくのです。

 

一時不停止が原因で追突されたのに追突被害者に不注意度が10%ある理由は、道路を走行する車両(バイク含む)は事故を回避する義務があり、一時不停止で飛び出てきた車両を回避できなかった不注意が点数として入ってしまうのです。

 

過失割合をもとに請求できる費用が変わる

お金

追突事故当事者の事情から過失割合が決定すれば、過失割合に応じて相手に請求できる修理費用が変わります。

たとえば追突してきた相手の過失割合が80%、追突被害にあった人(あなたのバイクなど)が20%だったと仮定します。

 

追突した相手が80%は悪いので、あなたのバイクが壊れても修理費用などの80%は支払われ、逆に追突事故原因の20%はあなたが悪いので、相手車両の修理費用などの20%だけを支払うことになるのです。

 

より具体的にいうと、あなたのバイクの修理費用が全部で100,000円の場合、相手の過失割合が80%の場合は80,000円を相手から支払ってもらえるということです。

 

過失割合が少なくても修理費用が高くなることも

ショックを受ける男性

もらい事故の多くは被害者側の非は少ないので、過失割合も高くなりにくいですが乗っていたバイクの種類などによっては過失割合が低くても自己負担分が高くなるケースがあります。

 

あなたの過失割合が20%であったとしても、乗っていたバイクが超高級なレアものバイクでほぼ大破しているような場合、すべて直して全額120万円だったとしましょう。

相手の過失割合が80%であれば960,000円は請求できますが残りの240,000円は自己負担になり、一般人からすればとてもではありませんが簡単にはバイクの修理を依頼できません。

 

一番いいのはあなたの過失割合がゼロになるのが一番ですが、道路を走行している以上は相手100%、あなた0%になる可能性はそこまで高くないのです。

 

車両保険への加入が大事

保険の契約書

万が一バイクが追突されて壊れてしまった場合は、修理費用の一部は負担すると考えておかなければいけませんが、それでも修理費用の一部が高額になってしまえばバイクを直せない場合もあります。

 

乗っているバイクの車種や仕様などから考えて、事故に備えてバイクの車両保険に加入しておくのがおすすめです。

車両保険とは事故などが起きた際に自己負担でバイクを修理する際に支払われる自動車保険のひとつで、種類は少ないですがバイクの車両保険を保険商品として取り扱っている保険屋がいます。

 

「俺は追突なんかされない!」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、道路を走っていれば何が起こるかわからないもので、たとえ追突されない自信があっても、ある日突然追突されることはよくあるのです。

 

車種によって保険料が高額になることもありますが、安心を買うと思えば高い出費にはなりませんから加入しておくといいでしょう。

 

まとめ

道路を走っていれば切っても離せないのが事故です。そもそも事故が起きないのが一番ですが、どんなに安全運転をしていても後方車両の不注意などで追突されることは少なからずあります。

 

過失割合が少なくても自己負担分の修理費用が高額になれば、たとえ思い出のあるバイクやレアものバイクであっても修理できずに廃車することにもなります。

万が一の追突などに備えて車両保険などに加入しておけばこのようなリスクを減らせますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

参考-Unsplash, 写真AC