fbpx
【中古車買取あるある】なぜカスタムバイクの買取査定額は低くなりがちなのか?

【中古車買取あるある】なぜカスタムバイクの買取査定額は低くなりがちなのか?

年末の大掃除や新年を迎えるタイミングで、バイクの売却や買い替えを検討する方も多いことでしょう。しかし、多少なりともバイクがカスタムが施されていると、売却時に驚くほど買取査定額が低かった…そんな経験をした人もいることでしょう。

そこで今回は、カスタムバイクの買取査定額が低くなってしまう理由についてご説明いたします!

 

なぜカスタムバイクは買取査定額が下がるの?

【中古車買取あるある】なぜカスタムバイクの買取査定額は低くなりがちなのか?

まず、カスタムバイクは一概に買取査定額が下がるということはありません!

基本的にバイク買取業者は、バイクの中古車相場をベースに、減点方式(走行距離や補修歴の有無など)で査定を行います。

業者も買取後の回転率を考慮して買取査定をするため、売却したいカスタムバイク自体に需要があるのか、付いているカスタムパーツの人気がなければ減点の対象(買取査定額が減額)になるというわけです。

 

買取査定額が上がるケースもある!

【中古車買取あるある】なぜカスタムバイクの買取査定額は低くなりがちなのか?

一方で、買取査定額が上がる場合もあります。

例えば、ヨシムラやブレンボ、オーリンズにモリワキなど、誰もが知る人気パーツメーカーのパーツでカスタムされていたり、純正オプションカスタムなどの場合です。

また、10万円を超える高級カスタムパーツや、希少価値の高いレアパーツが装着されている、有名ショップのビルダーが製作したショーバイクであったり、ベースの車両自体がプレミア価格の場合は、査定額が大きく上ぶれる可能性を秘めています。

 

買取査定額を限りなく相場まで上げる方法

カスタムはバイクを楽しむ上で大きな要素の一つですが、外した純正パーツも大切に保管し、売却時には純正の状態に戻すことが買取査定額がアップにつながります。

取り外した純正パーツの置き場に困って売却や処分をしたい気持ちもわかりますが、グッと堪えて保管しておくことが賢明でしょう。そして、取り外したカスタムパーツは手間と時間を惜しまずオークションやフリマ等で売却!これが最も得をする方法でしょう。

つまり、「手間と時間をかけて1円でも多く売却益を出すのか」それとも、「労力を買取業者の手数料と割り切って即座に売却するのか」ということです。

時間があれば複数の買取業者に見積もり査定を依頼して交渉。そして納得のいく買取査定額を提示してくれたところで売るもの一つの手ではないでしょうか。

Writer: 上中達也

Keyword

Pickup

注目の記事