fbpx

【79㎏】フルサイズだけど超軽量!? 電動オフロード「DTRe STELLA」が予約受付中

取り回しの良さが魅力のオフロードバイクですが、重ければ重くなるほどその取り回し性は損なわれてしまいます。ガチのプロでもない限り、基本的には軽いバイクであまり体力を消費せずに楽しみたい、と思うのが自然なのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、オフロードバイク史上でも最軽量レベルの電動バイクをご紹介いたします。

 

TREVOR DTRe STELLA

こちらはベルギーのメーカー「TREVOR」が2018から開発を続けていた電動バイクDTRe STELLAです。シンプルなデザインから想像できる通り、超軽量であるのが特徴です。

「シンプルなデザイン」とは表現しましたが、古き良きダートのエッセンスとフラットトラッカーの直線的なデザインを掛け合わせ、アーバンユーズもできるようなモダンデザインに仕上がっています。

 

乾燥重量63㎏!? 最軽量レベルのオフ車

タイトルにもある通り、DTRe STELLAの重量はバッテリー込みで79㎏で、筋肉質な成人男性と同程度の重量です。

うち16㎏は取り外し可能なバッテリーの重さです。バッテリーはSaroléa Performance Technolog社製の2.7kWhリチウムイオンバッテリーで、高速充電器を使用して1時間半弱で満タン充電できます。

 

フレームはモリブデン製で、お金さえ積めばより軽量化できるかもしれません。サスペンションはオーリンズ製を採用しているため、オフロード走行に問題はないでしょう。ホイールはHAAN製の19インチを採用しており、アドベンチャーパックを購入すればダンロップ製エンデューロタイヤに変更されます。

 

ブレーキはリアにのみBeringer製の2ピストンキャリパーと250㎜のディスクが装備されていますが、「TT Pack」オプションで前方にも同社製ブレーキが搭載できます。

 

次なる遊び道具はコレだ!電動トライアルバイク「OSET」がアツい!

ちなみにトライアルバイクであれば、過去にもご紹介したOSETが約50㎏とさらに軽量になっています。

現在ではトレイルアドベンチャー(旧・フォレストライダー)で体験できるので、気になる方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか。ホームページはこちら

 

スペックまとめ

11kWhのモーターは260Nmのトルク出力があります。最高速度は90㎞/hで、稼働時間はおよそ1.5時間です。

満タン充電には標準充電器で2時間半、高速充電器で1時間半かかります。

 

オフロード仕様と公道仕様の2種類あり、公道仕様にはヘッドライトとナンバープレートマウントが付属します。

 

価格と購入方法

趣味人には垂涎ものなこちらの電動バイク、お値段はオフロード仕様が12,995ユーロ(165万円)から、公道仕様は14,495ユーロ(184万円)とかなり高額な設定になっています。

2年間の保証が付くにしても、かなり割高ではありますよね…… 海外輸送にも対応しているので、気になる方は予約サイトをご覧になってはいかがでしょうか。

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。