【今更聞けない】空冷・水冷・油冷の違いってなに?

どんな事にも言えると思いますが、初心者の頃はルックスなど直感的な要素で物事の好き嫌いを決めてしまいがちで、そこから知識や経験が増えて来ると興味が湧いてくる事柄ってありますよね。

 

バイク雑誌やスペック表などを見ていると目にする「空冷」や「水冷」と言った用語。

これらは爆発して動力を生み、同時に熱を発生するエンジンの性能を維持する為には無くてはならないシステムの一つなのですが、なんとなく分かっているつもりでも、メリット・デメリット、仕組みなどについては正直イマイチ…… と言う人も多いのでは?

 

今回は「冷却システム」と言う、バイクについて一歩踏み込んだパーソナルな部分の知識を深めて頂き、バイクと接する楽しみを一つ増やしていただければと思います!

 

もっとも長く採用されて来た空冷エンジン

空冷エンジンはバイクの歴史の中で最も長く採用されて来ました。ルックス面での最大の特徴は、シリンダー周りを囲む冷却フィンです。無骨な雰囲気を纏いながらもシンプルな佇まい、空冷特有の「荒く乾いた排気音」は未だに多くのファンを抱えている所以ですね。

 

しかし、今現在空冷エンジンを搭載しているモデルは数える程しかなく絶滅危惧種になっています。

と言うのも、空冷エンジンは基本的に「走行風と自然放熱」で解熱しているので、冷却効率はあまり高くありません。

 

それ故に、オーバーヒートを防ぐ為に燃調が濃く設定(※)されるので、昨今の厳しい排気ガス規制に対応するのが難しくなり、現在は水冷エンジンにバトンを渡す時代になっていきました。因みに、四輪ではすでに空冷のモデルは生産されていません。

※燃料の蒸発熱を利用してエンジンを冷却する狙い。燃料が薄いとオーバーヒートしやすくなる。

 

現在の主流である水冷エンジン

水冷エンジンは読んで字の如く、エンジンを「冷却水(クーラント液)」を使って冷やす方式です。ルックス面は上の画像の様に、フラットな印象な物が多いので、すぐに見分けが付くと思います。

 

ウォータージャケットと言う、エンジン部を囲む水路の様な物を持ち、ここを流れる冷却水が熱を奪って行くので多気筒エンジンでも満遍なく冷却出来る強みがあります。

 

必然的に、温度の上がった冷却水を冷やす為のラジエーターと言うパーツが必要になってくる点や、冷却水の交換などメンテナンス性やコストの面では空冷に劣りますが、安定したエンジン出力を保てると同時に、冷却水が防音材になって落ち着いたエンジン音を実現しています。また、空冷と比べるとエンジンオイルが長持ちしやすい等のメリットもあります。

 

現在は主流となりましたが、歴史の浅い頃は「LIQUID COOLED」の文字を誇らしげに刻む車体もありました。

 

空冷と水冷の間の様な特性を持つ油冷

油冷方式を採用するモデルは主にSUZUKIが展開していました。SACS(Suzuki Advanced Cooling System)と名付けられたこの機構は通常、潤滑油としての役割を持つエンジンオイルを使って冷却も兼任させようと言う物です。空冷エンジンの派生系といったところでしょうか。

 

エンジンオイルをエンジン内部のピストン裏やシリンダヘッドに高圧で大量に噴射することで冷却を計っています。冷却効率としては、比熱の関係で水冷には劣りますが部品構成が少なく、空冷エンジンと同等に軽量に出来る事が強みでした。

 

こちらも空冷同様に迫りくる排ガス規制の波に淘汰されていってしまいましたが、インドで2019年5月に発売された「ジクサーSF250」は新開発の油冷エンジンが搭載されていて話題になりました。

 

【平成の名車を振り返る】スズキ油冷エンジンには平成を生き抜いて欲しかったが……この秋復活するかも!?

油冷について過去記事でも触れていますので、ご覧になってみてください。

 

悩ましい冷却システム

自分のバイクがどの冷却システムなのかご存知でしたか?

どの冷却システムも一長一短で一概にどれがオススメとは言えません。空冷バイクならではの独特なフィーリングを取るもよし、水冷エンジンの安定した走行性能や環境性能などを取るもよし。はたまたスズキ愛を根底に、油冷への拘りを持ってマシンを選ぶのもよし。

 

見た目や排気量以外にも愛車を選ぶ要素が増えて、スペック表と睨めっこ…… なんて事になるかも知れませんね。

知識も持ったからこそ生まれる目移りですが、あーだこーだと頭を悩ませている時が一番楽しいのかな、とも思います。

参考-Unsplash