バイクは型で乗り心地が違うのか?ライダーたちのリアルな本音を紹介

街の中や道を進んでいるとバイクをよく見かけますよね。ちょっとしたお出かけなどの移動手段としても便利ですので幅広い年齢層が利用しています。

そんなバイクをよくよく見るとバイクにも型や種類があるので、バイクの形状が違うのはよくあることですが型が違えば乗り心地も違ってくるのか一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

今回の記事ではバイクの型でよく疑問に思われがちな型ごとの乗り心地やメリット、デメリットについて解説していきますのでバイクを新しく購入しようとしている方もぜひ参考にしてみてください。

 

レーサーレプリカ

バイクといえば真っ先に連想されやすい型にレーサーレプリカというものがあります。

レーサーレプリカとはその名前のとおり元はレースで使用されていたバイクをモデルに開発されていますので、その他の型のバイクと比べるとぐんぐんと加速しますので「早く走りたい」や「車に負けない加速がほしい」という方に向いているバイクです。

レーサーレプリカのハンドルが低い位置にあることから実際に乗ってみるとかなり前のめりの姿勢になりますので体がバイクに沿うようにライディングするので、バイクで重要になりやすい体重移動がしやすくカーブなど曲がる際もスムーズに進めるのが特徴といえます。

高速道路などの一本道を高速で短時間から中時間を走る分にはいいのですが、レーサーレプリカは前のめりの姿勢で運行しますので長時間の運行や頻繁に曲がり角があるような街中での乗車は体に疲労感が発生しやすく、降車時に疲れがどっとおそってくることがあります。

 

ツアラー

ツアラーとはツーリングがしやすいように手がけられたバイクのことをいいます。

ツアラータイプのバイクはレーサーレプリカと比べるとハンドルが高い位置に設定されていますので、前のめりのような極端な姿勢にもならないので乗っていても疲れにくいです。

また、ツアラーにはデフォルトでカウル(走行風を防ぐパーツ)がついていますので、別途自分でカスタマイズしたり取り付ける必要がないため風が強い高速道路でも風を直接体で受けるリスクが減るので、長距離の運行も楽に感じられます。

走行性能も実はレーサーレプリカに近いためぐんぐん加速したいという方でもある程度ご納得いただけるので、高速道路を頻繁に走る型にもおすすめできるタイプといえます。

ツアラーは乗り心地もよし、性能もよしとデメリットが見当たらないように思われがちですがバイク本体に重みがありますので、出先で取り回したり女性ライダーにはあまり向いていないというデメリットがあります。

ツアラーしかバイクに興味がない、という方であれば健康促進も兼ねて筋トレもしておくと取り回しが楽になるので挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

 

ネイキッド

ネイキッドとはレーサーレプリカに次いで、バイクのイメージとして想像されやすいバイクです。

ネイキッドはその名のとおりバイクのエンジンや内部パーツなどが外装されておらずむき出しになっているタイプで、昔から現代まで多くのライダーが愛用しているほど定番中の定番の型といえます。

ネイキッドは見た目こそ派手さはないのですが昔ながらの伝統的な型のネイキッドにはバイク本体に美しさや造形美があり、またレーサーレプリカのように急加速やスピードを出しにくいのですが、それを差し置いても愛されているのです。

ネイキッドはツアラーのようにカウルがついていたり、レーサーレプリカのように急加速はできませんがハンドルが自然な位置にあるので姿勢を変えることなくグリップでき、ステップもシートの真下に位置しているので安定したライディングが可能となり長時間の走行も疲れにくくなっています。

ネイキッドは高速道路のようなスピードが必要とされるシーンでは力不足、遅いと揶揄されがちですが街中などの細い道や紆余曲折した道が続いてもへっちゃらというメリットもありますので、街乗りがメインの人にはネイキッドがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

バイクは型が違うだけで「早く走れて快適」や「疲れにくい」など乗り心地や性能がまったく違うことをお伝えいたしました。

もしバイクを購入しようとご検討されている場合は目的や使用頻度、ライディング時間がどれくらいになるのかを具体的にイメージしてからバイクの型を選ぶようにすると、実際に購入しても快適にバイクを楽しめますのでぜひあなたに合うバイクを見つけてくださいね。

 

参考-pixabay