【初心者向け】ガソリンスタンドでの給油って何をどうするの?

バイクの免許を取得して、はじめて愛車に乗り始めた頃は、誰もが右も左も分からないものです。特にはじめての給油は戸惑いやすく、初心者にとっては緊張の瞬間となります。

 

ということで、ガソリンスタンドでどうやって愛車に給油すれば良いのか?と不安に陥る前に、あらかじめガソリンスタンドの給油方法を説明していきます。

 

セルフスタンドとフルサービススタンドの違いについて

実際の給油方法を説明する前に、まずはガソリンスタンドの種類について説明していきます。ガソリンスタンドは大きく分けると「セルフスタンド・フルサービススタンド」の2種類があり、現在はセルフスタンドの割合が多い状態です。

 

セルフスタンドはその名の通り「ライダーが自分で愛車に給油をするスタンド」で、フルサービススタンドは「店員さんがライダーの愛車に給油してくれるスタンド」です。

 

前者は基本的にフルサービスタンドよりガソリン単価が安く、大型の店舗が多いという特徴があります。後者はガソリン単価は若干上がりますが、店員さんが全てやってくれるので安心・安全というメリットがあります。

 

幹線道路や国道沿いにはセルフスタンド・フルサービススタンド共にあるので、ライダーが好きな方を選ぶことが出来ますが、ツーリングで行くような山奥や田舎町にはフルサービススタンドしかないこともあるので、出来れば両方の給油を経験しておくのがベターです!

 

給油手順1:給油するガソリンの種類と量を選択する

愛車をガソリンスタンドの所定の位置に停車させたら、セルフスタンドの場合はタッチパネルで給油するガソリンの種類を選択、フルサービスの場合はそれを店員さんに口頭で伝えましょう。

 

バイクに入れるガソリンの種類は、原則「レギュラー・ハイオク」の2種類で、愛車にどちらのガソリンを給油すべきなのかは、あらかじめ調べておきましょう(バイク屋に聞く、ググる、サービスマニュアルを見るなど)なお、間違っても軽油や灯油などを給油しないように注意しましょう、愛車を故障させる原因となってしまいます。

 

給油するガソリンの種類を決めたら、次はセルフスタンド場合はタッチパネルで給油量を選択、フルサービスの場合は店員さんに口頭で伝えましょう。基本は「満タン」で問題がありませんが、5Lや10Lなどの給油量指定、1,000円分や2,000円分(その日のガソリン単価で給油量が決まる)などの金額指定が出来るスタンドもあります。

 

給油手順2:支払い方法を選択する

給油するガソリンの種類と給油量を決めたら、次は支払い方法を選択しましょう。これはガソリンスタンドにより異なりますが、ほとんどの場合は現金とクレジットカードは問題なく使用可能で、セルフスタンドでは電子マネーを使える場所も増えています。

 

セルフスタンドの場合はタッチパネルで支払い方法を選びますが、ガソリンの種類と給油量を選択する前に支払い方法を選択する場合もあります。

 

フルサービススタンドの場合は店員さんに口頭で支払い方法を伝えますが、実際にはガソリンの種類と給油量と一緒に「レギュラーを満タンで、支払いはクレジットカードでお願いします!」と最初にまとめて店員さんに伝えます。

 

給油手順3:給油ガンで給油をする(セルフの場合)

フルサービススタンドの場合は、必要な情報を伝えると、あとは店員さんがライダーの愛車に給油をしてくれます。この時、あらかじめ自分で愛車の給油口を開けておくとスマートです。

 

セルフスタンドの場合は「給油を開始して下さい」とアナウンスが流れた後に、自分で給油ガンを手に取って愛車に給油を開始します。選択したガソリンの種類によって給油ガンが異なりますので、くれぐれも間違わないようにしましょう(赤の給油ガン:レギュラー、黄色の給油ガン:ハイオク)

 

また、給油を始める前に「静電気除去シート」に必ず一度手を触れてから給油を開始するようにしましょう。これは静電気によるガソリン引火防止のための重要な安全対策です。

 

給油手順4:給油キャップを閉めて精算をする

セルフスタンドの場合は、無事に給油ガンで給油を完了させたら、まずは給油ガンを元の場所に戻しましょう。

 

その際に愛車の給油口の締め忘れにはくれぐれも注意しましょう。フルサービススタンドの場合は、店員さんの給油が終わった際に給油口を閉めましょう(閉めてくれる場合もあります)

 

最後は現金の場合は表示されている金額を払って精算、クレジットカードの場合は自動的に精算が完了するので(フルサービスの場合はレシートにサインを書く)これにてガソリンスタンドでの給油は完了となります、お疲れ様でした!

 

最終手段は「店員さんに聞く」

ガソリンスタンドで給油方法が分からなかったり、何か困ったことがある場合は、遠慮なく店員さんに質問しましょう!フルサービススタンドはもちろん、セルフスタンドでも店員さんに質問するのは全く問題ありません。

 

質問するのが恥ずかしいからと言って、愛車に間違ったガソリンを給油してしまったり、給油方法を間違ってしまっては元も子もありません。

 

そもそもガソリンスタンドからすれば、給油するライダーは大切なお客さんなので、質問すれば親切・丁寧に教えてくれるのでご安心を!

 

今回のまとめ

愛車のはじめての給油は緊張するかもしれませんが、ポイントを抑えて挑めばそんなに難しいことではありません。最終手段「店員さんに聞く」のカードさえ持っていれば、何も恐れることはありません。

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。