漂うハードボイルド感。ドゥカティの名車がクラシカルなカフェレーサーに!

ドゥカティ GT1000というバイクをご存知でしょうか。2007年に発売され、快適性とスポーツ性の両方を兼ね備えたネオレトロの先駆けもといえるモデルです。現在でも中古車価格相場も高く、人気の高さがうかがえる車種となっています。

そんな快適性重視の GT1000を、オーストラリアのカスタムバイクショップ Purpose Built Motoがカスタム。デザインと性能を尖らせたカフェレーサーに仕上げました。カスタムの方向性やビルダーのセンスの良さがわかる1台となっています。

 

溢れ出る高級感とスポーツ性

ピカピカのフレームやメッキパーツが高級感・存在感を放っています。ブラックとシルバーを基調とする中にシートとグリップのワインレッドが差し色として入り、オシャレ度アップにも貢献していますね。

 

冒頭でも述べた様にベースのドゥカティ GT1000は快適性とスポーツ性の両方を兼ね備えたスポーツクラッシックでした。しかしこちらは前傾姿勢のシングルレーサー。GT1000のスポーツ性を高め、さらにスパルタンに仕上げています。

 

芸術品と言いたくなるリアの足回り

リアの足回りには大幅な変更が。GT1000のリアサスは本来ならクラシカルなイメージの強いツインショックでしたが、こちらはスポーツ志向の強いモノサスとなっているのです。軽量化と重量物のバイク中心へ集中させ、より性能重視なバイクへカスタムされていることがわかります。実際、車体全体で見ると、25kgもの軽量化にも成功しているほどです。

 

また、スイングアームも両側持ちから片側持ちにカスタムされています。車体右側から見た時にリアタイヤ周りがスッキリしていてスタイリッシュですね。片持ちスイングアームはドゥカティが過去に販売していた モンスター S4Rのものが使われています。しかしこのスイングアームの造形といったら……まさに芸術品ですね。

 

ハンドメイドパーツでハードな風合いを演出

ビジュアル面でも面白いカスタムが多数見られます。そのうちの1つがフロントに装着されているシュラウドと呼ばれる外装部品です。

 

シュラウドは主にラジエーターの転倒時の破損を防ぐために、オフロードやアドベンチャーモデルのバイクに装着されますが、このマシンではそうした機能性よりも、フロント周りのインパクトを重視して採用されています。

アルミ板叩き出しだからこそ出せる無骨さがフレームに施されたメッキの輝きと相まって、文句なしのカッコよさ。左右の先端にひとつずつ装着されたドゥカティのバッジがさらに個性を引き立てています。

 

極め付けはこちらのシート。幅広で余裕のあった純正と比べて、ショートかつコンパクトなシングルシートに変更されています。ボルドーのレザーをチョイスしたところもまたシブい。レトロ感がさらに増しています。

 

ノートンにも通じる美しさのネオレトロ

クラシカルな見た目を保ちながら、珠玉の美しさを誇るGT1000カスタム。イギリスの名門で高級バイクメーカーとして知られるノートンにどこか通じるところがありますね。ガレージにおいてあれば1日眺めて楽しむことができそうです。

PURPOSE BUILT MOTO

公式サイト

ジョン スミス

ジョン スミス

XLR 250 BAJAで腕磨いてます。デミオでラリーに参戦中、目指せフル参戦。好きなバイクメーカーはイタリアのMV AGUSTA。