ヘルメットの選び方はどうすればいい?正しい選び方と知識を解説

ちょっとしたお出かけや長距離の移動に便利なバイクは若者だけでなく大人からも人気があり、ある程度年齢を重ねてからバイクの免許を取得しにくる方も多いです。

そんな人気のバイクですがはじめてバイクに乗ろうと考えている人の中には、実際に使うヘルメットがどれがいいのかわからないとお困りの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では初心者ライダーのためにヘルメットはどのようにして選べばいいか選び方を解説していきますので、ぜひご参考のうえ素敵なヘルメット選びのお役に立ててください。

 

ヘルメットの形で選ぶ

バイクのヘルメットは一口にいっても形状がいくつか分かれており、形状によって性能やバイク走行時の乗り心地にも影響をするため選んだヘルメットによって「なにか違う」と思ってしまうこともあります。

 

まずはヘルメット選びのうえで一番オーソドックスな方法にヘルメットの形で選択するやり方がありますので、ヘルメットの形ごとの特徴をお伝えしていきます。

 

ジェット

ジェットヘルメット

ジェットヘルメットとは頭から後頭部までをすっぽりと多い、顔全体は透明なシールドがほどこされたヘルメットです。

ジェットヘルメットのシールドは他のヘルメットとは違い頭上に持ち上げることでシールドを動かすことができるので、気分によってシールドを頭上にキープさせたまま走行することができます

 

シールドをつけていてもヘルメット内部にはある程度の空間がありますので、メガネをかけている人でも窮屈に感じることもないので使い勝手がいいヘルメットです。

ただし、ジェットヘルメットはシールドの都合上あごが保護されていないので、もし万が一走行中にこけたりスリップして落車すると怪我をするリスクがありますので注意が必要です。

 

フルフェイス

フルフェイスヘルメット

フルフェイスヘルメットとは文字どおり頭部全体(フル)をカバーするヘルメットで、街で見かけるライダーが着用している大半はフルフェイスヘルメットです。

フルフェイスヘルメットの特徴は目元は透明なシールド、そしてジェットヘルメットにはなかった口元からあごまでをしっかりと保護されているため有事の際にも顔周りをしっかりと保護してくれます。

 

フルフェイスヘルメットは数ある種類のヘルメットの中でも頭部を保護してくれる能力に長けているヘルメットですので、スピードの出るバイクに乗っているライダーの大半が着用していますので安全性はダントツといえるでしょう。

 

ただしフルフェイスヘルメットは頭部をぴったりと密着するような構造ですので夏場などの暑い季節ですと、ヘルメット内部が蒸して汗が止まらなくなることがありますので、汗をかきやすい人ですと辛く感じることもあります。

 

ハーフ

ハーフヘルメット

ハーフヘルメット、または半ヘルメットとは頭部だけを保護しているヘルメットです。ハーフヘルメットは高校生や若いバイク乗りがよく着用している傾向にあり街中でも頻繁によく見かけます。

ハーフヘルメットは頭部だけをカバーしていますのでバイク走行時に風を顔全体で感じることができるので気持ちいいのですが、ハーフヘルメットは頭部以外を保護していないので他のヘルメットと比べると安全面に劣っています

 

ハーフヘルメットは他の種類のヘルメットに比べると値段も安いので入手しやすいのですが、バイクで走行するとなると安全面もしっかりと検討しておかなければいけないので、安全面にウェイトを置くか、安さにウェイトを置くかで判断か分かれますが可能で安全面を重視していただき、ジェットヘルメットやフルフェイスヘルメットがおすすめです。

 

メーカーで選ぶ

ヘルメット

販売されているヘルメットはさまざまなメーカーが手がけていますが、その中でも特にヘルメットのクオリティや性能に定評のあるメーカーが数社あります。

日本国内だけでなく海外でも人気のメーカーですので、ヘルメットはどれがいいかわからないとお困りの場合は人気メーカーのヘルメットで選んでしまうのもいいでしょう。

 

SHOEI

SHOEIは安全性はもちろんのことデザイン面でもしっかりと力を入れているヘルメットメーカーです。

SHOEIのヘルメットの大半はフルフェイスヘルメットで展開されており、顔全体をしっかりとガードしてくれているので有事の際にも顔を守ってくれます

 

SHOEIのヘルメットはよくあるヘルメットとは違いゴテゴテとしたデザインではなくシンプルなデザインが多く乗っているバイクを選ばない特徴があります。

 

安全性、デザイン面の両方とも譲れないとお考えの方にはおすすめできるのですがヘルメットの種類によってはスピーカーを取りつけられるものもあるので、より快適に走行したい先進的なユーザーにぴったりのヘルメットメーカーといえるでしょう。

 

OGK KABUTO

OGK KABUTOはフルフェイス、ジェットヘルメットの両方を中心に展開しているヘルメットメーカーです。

OGK KABUTOもデザイン面では優れているのですがSHOEIと比べるとスタイリッシュさにウェイトを置いたデザインで、ネイキッドバイクやバイクの外観もしっかりとこだわる、こだわり派のライダーにおすすめできるメーカーといえます。

 

またOGK KABUTOのヘルメットは内装を取り外せるので夏場などの暑い季節に着用するとヘルメット内部が蒸して不衛生になりがちですが、清掃もしやすくクリーンに保つことができます

 

ARAI

ARAIは高速道路を走る機会が多い人におすすめできるヘルメットメーカーです。

ARAIのヘルメットは高速道路などでの高速走行する際にヘルメットの通気性が向上し、また風であおられやすくグラグラする危険を抑え安定性を向上させてくれるエアロフィンが搭載されています。

 

バイクの高速走行は体全身で気持ち良さが感じられていいのですが、どうしても危険性もグンとあがってしまうので走行が安定するARAIのヘルメットはマストバイともいえます。

 

まとめ

いかがでしたか?

ヘルメットは形状ごとで装着感や安全性の向上、またメーカーによって強みが違うのでヘルメット選びも奥が深いのでヘルメットをはじめて選ぶ人ですと余計に混乱してしまいます。

 

今回お伝えした選び方は一例に過ぎませんが、もしすでにヘルメット選びで迷っているのであれば今回ご紹介した選び方でヘルメットを絞り込んでみてはいかがでしょうか。

 

参考 – 写真AC unsplash