ヘルメット伝導スピーカーってなに?驚くべき特徴を解説

バイク乗りには必要不可欠のアイテムであるヘルメットは、見た目やデザインが豊富なので好みに合わせてチョイスできますよね。

しかし「見た目だけでなく実用性も欲しい!」「もっとヘルメットをカスタマイズしたい!」という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなヘルメットをより便利に、そして音楽も聞けるようになるヘルメット伝導スピーカーについて解説いたしますので、お気になられたらぜひチェックしてみてくださいね。

 

ヘルメット伝導スピーカーってどんなもの?

ヘルメット電動スピーカー

ヘルメット伝導スピーカーは近年開発されはじめて商品化がスタートしたばかりなので、あまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。

ヘルメット伝導スピーカーは、コンパクトな筐体(端末)をヘルメットに装着して音楽や音声を流す(出力)ことが可能な電子機器端末です。

今までもヘルメットを被った状態で音声を聞き、話ができるインカムなどが販売されてきましたが、インカムは耳に直接ヘッドセットを装着するので物理的にも耳を塞ぎ、どうしても外からの音が聞こえにくくなります。

 

しかしヘルメット伝導スピーカーは、耳に直接ヘッドセットを当てる必要がなく、ヘルメットの上部やヘルメットの外部に端末を取り付けることでヘルメットを伝って音声を聞き取れるという代物です。

 

ヘルメット伝導スピーカーから発せられる音声はヘルメットを伝って、ヘルメット内部に音声がいきわたるように設計されているのでヘルメットの外には音が漏れることがありません。

 

ヘルメット伝導スピーカーにはこのような特徴があることを踏まえ、ヘルメット伝導スピーカーではどのようなことができるのかご紹介していきます。

ヘルメット内で音楽が聞ける

スマートフォンの音楽

従来のインカムは主にほかのライダーたちと意思疎通を図るために通話をすることがメインでしたが、ヘルメット伝導スピーカーを使用すれば音楽を聞きながら走行することが可能になります。

 

ヘルメット伝導スピーカーは機体こそコンパクトなものの、近代らしいネットワークを使用することでスマートフォンなどのスマートデバイスなどで接続することが可能です。

ヘルメット伝導スピーカーとスマートフォンが接続できれば、基本的な操作のほかにスマートフォンに保存している音楽を再生して走行できるので、お気に入りの曲を聞きながらドライブを楽しめられます。

 

今まではバイクに乗りながら音楽を聞く場合はイヤホンをしないと聞けませんでしたが、イヤホンをしたままバイクを運転すると警察に捕まるリスクや、安全運転ができないおそれもありました。

 

ヘルメット伝導スピーカーであれば直接耳をふさぐことがないので外からの音も拾いやすく、安全運転に努められるのでリスクも低くできるといえます。

マイク併用で通話が簡単に

マイク

バイクを走行中にほかのライダーとコミュニケーションをとりたい場合はインカムを使用するか、もしくはアナログでスマートフォンをスピーカーにして会話をするしかありませんでした。

 

インカムであればまだしも、スマートフォンをスピーカーモードにすると風切り音やエンジン音が入ってしまい、相手へ音声が伝わりにくく、かえってコミュニケーションが取れないこともあります。

 

しかしヘルメット伝導スピーカーを使用すれば、音声はヘルメット内部にだけ伝わるので聞き逃しが少なくなり、音質もクリアになるのでコミュニケーションも円滑に進めることが可能です。

 

またインカムの場合は機体とコードを直接繋ぐ必要があり、ヘルメットに取り付けるにしてもある程度知識やテクニックが必要でした。

ヘルメット伝導スピーカーに対応したワイヤレスマイクを使用すれば、そのような煩雑な知識も必要なく、コード類を使わずスッキリと会話ができるので機械に詳しくない初心者でも走行中のコミュニケーションができるようになります。

 

まとめ

ヘルメット伝導スピーカーは従来のコミュニケーションツールであったインカムのような、煩雑なコード類が不要なため身の回りもスッキリして、スマートに他ライダーとの会話を可能にさせるツールです。

 

会話だけでなくスマートフォンに保存してる音楽を再生できるので、より楽しい走行やドライブが可能になります。

クルマと違って音声を楽しみにくいバイクにとって、ヘルメット伝導スピーカーはバイクの可能性を広げてくれるツールですので、バイクライダーであればぜひ取り入れてみたいですね。