バイク好きに多い?バイカーがハマりがちな趣味をまとめてみた

バイカーは基本的に多趣味な傾向にあります。車の免許とは違って、バイクの免許は必要に迫られて取るわけではないので、つまりはバイカーは好奇心が旺盛な人種と言えます!

 

また、バイカーが好むバイク以外の趣味は、ある程度の傾向があり、ハマりがちなカテゴリーが似通っていることも特徴です。

 

ということで、バイクにプラスアルファして遊べる趣味、そしてバイクとは全く異なる趣味など、バイカーがハマりがちな他の趣味をまとめてみました。

 

バイカーは写真を撮るのが無条件で大好き「カメラ」

自分の愛車のカッコイイ写真を撮影する、ツーリング先の絶景を撮影する、インスタ映え用の写真を撮影する…… など、バイカーはとにかく写真を撮ることが大好きです!

 

最初は手持ちのスマホカメラで撮影するものの、もっと良い写真を撮るために一眼レフカメラを購入、終いにはレンズを集め始める…… という「カメラ沼」にドップリとハマるバイカーは多いです。

 

また、ここまで来ると写真撮影だけではなく、動画撮影にもハマるのは時間の問題で、一眼レフカメラの次はアクションカメラやドローンにも手を出し始めます。

 

ツーリングならぬ釣ーリング?「釣り」

バイカーはバイクで海沿い走るのが大好きなので、その流れで釣りにハマってしまうことは、実は自然な流れなのかもしれません。

 

もちろん、バイカーは山にバイクで走りに行くのも大好きなので、そのまま湖や渓流釣りにハマり出し、結果としては週末「釣ーリング」を始めるようになります。

 

また、釣りはキャンプツーリングとも相性がとても良いので、その日のキャンプ飯のメインディッシュを現地調達するツワモノバイカーもいます!

 

バイクと同じライディングという響き「サーフィン」

サーフィンで波乗りをすることを、バイクに乗ることと同じく「ライディング」と呼ぶので、もはやバイカーのための趣味と言っても過言ではないのがサーフィンです!

 

夏に湘南や房総半島をバイクで走っていると、サーフボードを器用に積んだバイクを沢山見かけるので、やはりバイカーサーファーは多いと言えます。

 

バイクもサーフィンも、体全体を使ってライディングすることが何よりも大切な遊びなので、運転が上手いバイカーはサーフィンも上手い傾向にあるとか?

 

バイクで走る吟遊詩人?「ギター」

バイクにギターを積んで走って、夜はキャンプ場で得意な曲を披露する…… こんなバイカーは以外と多いです。

 

特に日本一周中などの長旅をしているバイカーはその傾向が強く、恐らくバイクは自由の象徴的な乗り物なので、旅先で曲を披露する「吟遊詩人」的なイメージがマッチしているのでしょう!

 

また、ギターはかなりの練習が必要な楽器で、誰でもすぐに演奏できる代物ではないので、その点でも運転に練習が必要なバイクに通じるものがあります。

 

バイカーにとって二輪車は皆兄弟「自転車」

ツーリング先でバイカーを見かけた場合はもちろん、チャリダー(自転車)を見かけた場合もピースサイン(ヤエー)を出すのがバイカーです。

 

両者はエンジン付きか人力かの違いはありますが、基本はバイカーにとって「二輪車は皆兄弟」なので、チャリダーはバイカーの仲間のような存在です。

 

バイクのスピードでは絶対に目に入らない、スローな自転車だからこそ見える景色を求めて、自転車にどっぷりとハマり出すバイカーは多いです。また、最近は高性能な電動自転車(e-Bike)が増えているので、バイクとの境界線も曖昧になりつつあります。

 

今回のまとめ

バイカーはとにかく人生を楽しむのが、誰よりも上手い人種です!

好奇心が旺盛で、バイク以外の趣味も沢山持っていて、週末はいつも大忙しなので、休む暇がないことが唯一の悩みかもしれません。