部屋にバイクを飾りたい!必要な設備と処理とは

大好きなバイクを部屋の中でも楽しみたいな~んてバイク好きなら一度は思ったことがあるハズ。もちろん部屋の中で走ろうという訳ではなく観賞用、インテリアとしてです。

 

とはいえ、そんな贅沢な時間を過ごす為にはさまざまな注意が必要なのも事実。そこで必要な設備や処理など、バイクを部屋に持ち込む為にしておかなければいけないことをまとめてみました。お気に入りのあのバイクを部屋に飾って、素敵な時間を過ごしてみませんか?

 

どんな設備が必要なのか?

大切なバイクをいつも近くで眺められる幸せを実現できる一番の選択肢はガレージハウスを建てることです。最近では賃貸のガレージハウスも多くなってきています。

 

メゾネットタイプの造りなら、1階部分がバイクを飾れるスペース、2階部分が居住スペースとなっているので、いつでもバイクを眺めながら生活ができちゃいます。この他にも、ワンフロアで居住スペースにバイクを飾っておけるような間取りもあり、様々なタイプから選べるのもうれしいところ。

 

でも賃貸でも普通の部屋に比べたら割高なのも事実。お金をかけずに部屋にバイクを飾りたいというのが本音ですよね。

 

お金をかけずに部屋にバイクを飾るには?

なら今の持ち家か賃貸を使っちゃえ!となりますが、いろいろと注意が必要です。特に賃貸の場合は大家さんや管理会社に確認をしなければなりません。何かしらトラブルになった時に、大家さんが知らぬ存ぜぬなんて事になったら困っちゃいますからね。

 

そして、部屋にバイクを運び込む際にしておかないといけない処置があります。まずは、ガソリンを抜く事。キャブ車の場合はキャブの中のガソリンを抜く事も忘れないでくださいね。引火して火事になんて事になったら大惨事ですから。

 

また、オイル類も抜いてバッテリーも外しておきましょう。忘れがちなのがチェーンオイル。時間がたってチェーンオイルが垂れてきて壁や服についちゃった!なんて事が無いようにしたいですね。チェーンオイルってなかなか落ちないから困りものです。きれいにふき取ってあげるのを忘れないようにしましょう。

 

そして、大事なのは車体をきれいに掃除する事。生活空間である部屋にバイクを飾るのですから、きれいに掃除をしないと部屋が汚れてしまいます。はじめのうちは匂いもあるので、こまめに換気をする事をおすすめします。

 

万が一オイル類が垂れてしまった時の事を考えてバイクの下にシートをひいておくと安心です。フローリングに直置きだとキズもついてしまう事もあると思うので念には念を入れて。

 

どうやって運び込む?

バイクを部屋に飾れる手筈は整った!処理もした!となれば、いよいよ部屋にバイクを運び込みましょう。バイクの大きさにもよりますが、1階の部屋で段差があまりないような部屋であればラダーレールなどを使って部屋まで押して行ったりできます。

 

2階以上だと少々難しく、エレベーターが設置されている住宅で、かつエレベーターにバイクが入ることが条件になってきます。エレベーターへは台車を駆使して運び込む事も可能です。

 

それから忘れてはいけないのが玄関の幅です。ここで入らなかったら残念!という事になってしまいますので、事前にチェックしておきましょう。バイクをある程度バラして部屋で組み立てるというやり方もありますが、これはかなりの技術と知識が必要なのであまりオススメできません。

 

いつでも愛車を眺めていられる贅沢を手に入れよう

バイクを部屋に飾るというのは少々ハードルが高いですが、事前のチェックと手配をしっかりしていれば理想のインテリアとして楽しむ事ができます。

 

筆者はインテリア目的ではなかったものの、RGV250γ(ガンマ)を自宅のダイニングキッチンスペースに置いていた事があります。1階部屋で2ストクォーターバイクだったという事もあり、比較的簡単に運び込む事ができました。

外出を自粛している今、時間を忘れ愛車を眺めているのもいい時間の過ごし方かもしれないですね。