fbpx
【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

軽量かつコンパクトで運転しやすく 燃費・経済性に優れており、 通勤・通学の足としても需要の高い原付二種 (125ccクラス) は、昨今のバイクブームでも特に熱を帯びているカテゴリーでもあります。

原付二種モデルというと、どうしても小排気量ラインアップの豊富な国内メーカーのモデルに目が行きがちですが、海外メーカーからも魅力溢れるニューモデルが発売されているのはご存知でしょうか?

そこで今回は、いま新車で買える原付二種(125ccクラス)の海外メーカー新車モデルを一部厳選してご紹介いたします!

 

KYMCO(キムコ)「X-Town CT125(エックスタウンシティ125)」

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

欧州で展開されている「X-Town CT300」と共通ボディということもあり、125ccとは思えないほどの大柄の車格と洗練されたスポーティーなフォルムが魅力的な「X-Town CT125」。

最高出力9.5KW/9,000rpm、最大トルク11Nm/6,500rpmを誇る排気量124ccのSOHC水冷エンジンは、市街地走行から峠道のワインディングまで様々なシーンでの快適なライディングを実現します。

デジタルとアナログを併用することでシンプルにまとめ上げられたメーターパネルや、程良く風を逃してくれるウィンドスクリーンなど、優れたデザイン性を維持しながらも機能性を欠くことのない魅力溢れるスクーターです。

エンジン型式 水冷4ストローク 単気筒 SOHC
排気量 124cc
最高出力 9.5kw/9,000rpm
最大トルク 11Nm/6,500rpm
車両重量 179kg
全長×全幅×全高(mm) 2,200×810×1,185
シート高(mm) 790
変速機 AT
燃料タンク容量 10.5L
タイヤサイズ 前:120/70-13、後:150/70-13
価格(税込) 47万3,000円

 

X-Town CT125の足つき性

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

モデル身長:170cm

安定感のある大柄な車格が魅力であるX-TOWN CT125のシート高は、国内125ccスクーターモデルの平均シート高約750mmと比較するとやや高めの790mm。

シート後ろ気味に座ると幅広であるため少しシートが高く感じるものの、シート前方はシャープになっているので足付き性は良好。バックレストが高くホールド感は抜群で、スポーティーなデザインとは裏腹にコンフォータブルな座り心地には惹かれるものがあります。

 

X-Town CT125のディテール

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

ハンドルの中央部にはUSB電源ソケットを搭載。スマホホルダーなどを利用することで充電しながらナビや音楽を楽しむことができます。

そして、最大5kgをサポートできるコンビニフックがハンドル下部中央に備わっており、レジ袋やバックなどの荷物を掛けることが可能となっています。左側フロントインナーボックスにはグローブや小物を入れるのに最適な収納も用意されています。

さらに、スポーティーなフォルムでありながらフラットフロアなので乗り降りもスムーズ!

 

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

forRide編集部がX-TOWN CT125の機能性で最も惹かれた部分は、大容量のシート下ラゲッジスペース。

EX-ZEROのような大きめのフルフェイスにバイザーが付いたままでも収納することができました(125ccクラスでバイザーを外すことなく収納できるほどの大容量はなかなかない)。

また、油圧ダンパーを採用しているためシートが急に閉まってしまうこともなく、さらには贅沢なことに光センサー対応のLEDライトやDC12Vの電源ソケットまで完備されています。

 

X-TownCT125を試乗した感想

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

スポーティーなルックス通りスロットルレスポンスが良く、スムーズな加速力や力強いトルクは原付二種とは思えないほどの安心感がありました。

ただのシティークルザーではなく、ツーリングや様々なシーンにおいても250ccクラスに引けを取らないバイクではないでしょうか。

また、ディスク(前:260/後:240mm)とCBSシステムの組み合わせによって高い制動力と同時に安心感がじられました。

 

Benelli(ベネリ)「125S」

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

ベネリが培ってきたビッグバイクの経験と知識を注ぎ込んで開発された125ccクラスのネイキッドスポーツモデル。

250ccモデルと遜色無い大柄な体格や、SOHC4バルブ 水冷4ストローク単気筒から排出されるダイナミックなエキゾーストノート、流麗なシルエットは「美しきストリートファイター」と呼ぶに相応しい一台です。

エンジン型式 水冷 4ストローク 単気筒 SOHC
排気量 125cc
最高出力 9.4kw/9,500rpm
最大トルク 10.0Nm/8,500rpm
車両重量 147kg
全長×全幅×全高(mm) 2,030×780×1,070
最低地上高(mm) 170
シート高(mm) 800
変速機 常時噛合6速リターン
燃料タンク容量 10L
タイヤサイズ 前:100/80-17・後:130/70R17
価格(税込) 39万4,900円

 

125Sの足つき性

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

モデル身長:170cm

スペック上のシート高は800mmですがライディングポジションのバランスが非常に良いため、またがった印象としては快適そのもの。ネイキッドスポーツモデル(特にストリートファイター系)といえば足つきを犠牲にしてスポーツ性能を高める印象でしたが、125Sの場合は非常に足付き性が良く、立ちごけとは無縁だと感じました。(170cm筆者談)

 

125Sのディテール

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

125Sを印象付ける先鋭的なデイランニングライトを搭載したLEDヘッドライト。ヘッドライトの頭上にはデジタルディスプレイが配されており、直感的に情報を視認することができます。

搭載された水冷4ストローク単気筒エンジンは、燃焼効率に優れた3スパークシステムを採用。WMTCモードで45.5 km/Lという高い燃費性能を実現。

しっかりとヒップをホールドしてくれるシートは、長時間乗っていても負担がかかりにくくなるよう、やや肉厚なフォームを採用しているほか、タンデムライダーのためのシートスペースも充分な広さが確保されています。

 

125Sを試乗した感想

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

スタイリッシュな見た目から想像できないほど、とてもパワフル!エキゾーストノートが小気味よく響き、アクセルを捻るたびに吹け上がりも良好でレスポンスの良さが感じられました。

また、ガソリンタンクの形状は絶妙にニーグリップが効くフォルムとなっておりフィット感の高さと共に安定して走行でき、前後17インチのタイヤサイズも相まって、コーナリングやUターンなどの旋回も楽に行うことができました。

重量は147kgとやや重いものの、重心が低くハンドリングも軽快なので体力に自身の無い方でも楽々扱えるのではないでしょうか。

 

Benelli(ベネリ)「TNT125」

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

スチールチューブのトレリスフレームや最新のコンポーネント、疾走感漂うグラフィックから、やる気みなぎるアグレッシブなストリートマシン「TNT125」。

ベネリのラインアップの中でもずば抜けてコンパクトなモデルとなっており、ベネリの伝統的なスタイリングを凝縮したモダンなデザインが人気の秘訣です。

また、41mmの倒立フロントフォークが安定した走行性能を与え、クイックかつバランスの良いハンドリングを実現。

エンジン型式 油冷 4ストローク 単気筒 SOHC
排気量 125cc
最高出力 8.2kw/9,500rpm
最大トルク 10.0Nm/7,000rpm
車両重量 124kg
全長×全幅×全高(mm) 1,770×760×1,025
最低地上高(mm) 160
シート高(mm) 780
変速機 常時噛合5速リターン
燃料タンク容量 7.2L
タイヤサイズ 前:120/70-12・後:130/70-12
価格(税込) 35万900円

 

TNT125の足つき性

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

モデル身長:170cm

TNT125のシート高780mmは数字上ではズバ抜けて低いというわけではありませんが、シートを含むスリムな車体によって足付き性は非常に良好だと感じました。

 

TNT125のディテール

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

モダンデザインのヘッドライト上部にはアナログタコ&デジスピ混在のメーターパネルをマウント。

ライトウエイト設計の高強度トレリスフレームには、シングルカムに縦型シリンダーを搭載した125cc 4ストロークSOHCエンジンがセットされ、パワフルな加速とパワーバンドを実現。スラッシュカットされた2本出しサイレンサーが実に印象的です。

 

TNT125を試乗した感想

【海外メーカー】大人気の原付二種(125cc)モデルを厳選比較してみた!

ハイスペックエンジンを搭載しつつも124kgという軽量さによって、あらゆるライダーにとって扱いやすいモデルに仕上がっているのではないでしょうか。

また、41mm倒立フロントフォークと調整機構付きリアサスペンションにより、快適な乗り心地はもちろんのこと高い走行安定性も感じました。

 

以上、forRide編集部が特に気にり試乗してみた「いま新車で買える海外メーカーの原付二種(125cc)モデル」でした。

これ以外にも海外メーカーの原付二種(125cc)モデルはありますので、またの機会にご紹介したいと思います。

海外メーカーの原付二種モデルで、あなた好みのバイクライフをエンジョイしてみませんか?

Writer: 上中達也

Information

KYMCO
公式サイト
Benelli
公式サイト

Keyword

Pickup

注目の記事