自賠責保険と任意保険って結局なに?違いと特徴を解説してみた

バイクは速さを追求したり、デザインや見た目をこだわり安い乗り物です。

しかし乗りはじめようとバイクを購入するとバイクショップの受付で自賠責保険の手続きを一緒にさせられますが、自賠責保険っていまいちわからない、と頭を傾げている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではバイクに乗り出すと必ず加入しなければいけない自賠責保険と、混同されやすい任意保険の特徴やメリットについて解説していきます。

 

自賠責保険とはそもそもなに?

疑問

バイクだけでなく自動車を購入する際にもかならず加入の手続きをしなければいけない自賠責保険をしっかり理解していらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。

 

自賠責保険に加入する場合、バイクや自動車を購入する際には必ず加入し保険料を車両代金とは別に支払わなければいけないので、はじめて車両を購入する人は強制的にお金を保険料を払わされるので不満に思う人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし自賠責保険はバイクや車に乗る人は必ず加入しないといけない、いわゆる強制保険と呼ばれ加入をしないと法令により罰せられる拘束力の強い保険なのです。

強制的に加入させられる保険ですので車両購入がはじめての人は不満を持ちがちですが、自賠責保険には次のような特徴があります。

 

自賠責保険の目的

救急車

自賠責保険はなぜ強制的に加入させられるのかというと、そもそもバイクや自動車は早い速度で走る乗り物ですので利便性が高い反面、操作を誤れば甚大な被害が発生します。

 

たとえば万が一ガードレールにぶつかる程度であればまた作りなおせばいいですが、これが人にぶつかってしまったらどうでしょうか。

高速で走ってきた自動車に人がぶつかれば骨折などの重症になるほか、最悪の場合お亡くなりになることもあるのです。

 

もしなんの関係もない歩行者が車両にはねられたら、命に別状はなくても少なからずケガをしますから治療をしないといけません。

そして交通事故の治療にももちろんお金がかかりますが高額になりがちで、被害者によっては経済的に余裕がなく治療費が払えない人も必然と出てくる恐れがあります。

 

そのような被害者を救済するために国が法令として車両を運転する人に加入を義務付けて、万が一人身事故を起こした場合の相手への治療費が支給できるように定めたのが自賠責保険なのです。

 

任意保険のメリット

メリット

自賠責保険は車両を購入する際に必ず加入しないといけない強制保険であるとお伝えしましたが、バイクショップやカーショップによっては自賠責保険のほかに別の保険を提案されたことはありませんか?

 

バイクや自動車に乗る際に加入する保険は自賠責保険だけでなく、ライダー自らが加入を希望する任意保険と呼ばれる保険があります。

任意保険は自賠責保険とは違い、必ず加入しないといけない保険ではなくあくまでもライダーが自発的に加入する保険ですので加入をしなくても法令で罰せられることはありません。

 

それではなぜ自賠責保険以外にも任意保険のようなものがあるのでしょうか。解説していきます。

 

事故があっても安心

安心

自賠責保険では万が一人身事故を起こしてしまった場合、相手がケガをしてしまった場合は最高120万円、後遺障害が発生してしまった場合は最高4,000万円、死亡事故を起こしてしまった場合は最高3,000万円の保険金額が相手に支払われます。

 

交通事故が起きて相手が軽症であれば自賠責保険の保険金内でなんとかできますが、現実の交通事故はそんな生易しいものではなく自賠責保険の保険金だけでは足りないことがよくあります

 

たとえば相手が複数の箇所を骨折したとして、完治するまで年単位必要と想定するとケガの保険金120万円だけでは到底足りなくなりますが、自賠責保険の保険金を治療費が上回ってしまったらどうなるのでしょうか。

 

この場合、超えてしまった部分の治療費はすべて加害者側のライダーが支払わなければならず、貯金を切り崩して相手に支払っていかなければいけません。

もし手元にお金がない場合は裁判を経て加害者ライダーの財産を差し押さえになることだってあり、今後の生活がどんどん苦しくなってしまうのです。

 

任意保険はそんな自賠責保険だけではカバーしきれない部分を補うためにあり、特に不安定な乗り物で事故を起こしてしまう恐れがあるバイクは任意保険に加入しておかないと大変なことになってしまうのです。

 

ロードサービスなど付加サービスがある

ロードサービス

任意保険は単に自賠責保険で補いきれなかった部分の補充するだけでなく、近年の任意保険は保険金の支払い以外にも加入することでさまざまな特典を受けられるようになっています。

 

たとえば大手保険会社の任意保険の特典の中にはロードサービスを無料で対応してくれているところがあり、ドライブ中に万が一バイクが動かなくなってしまった場合は指定箇所までバイクを牽引してくれます。

 

バイクが動かなくなってしまった場合は押して歩くという方法もありますが、重量のあるバイクですと短距離を移動するだけでも一苦労ですから現実的ではありません。

このようなトラブルが起きても保険会社のロードサービスを利用すれば想定外のトラブルが起きても安心できるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

自賠責保険は強制的に加入させられるものなので、車両購入がはじめてですとどうしても不満に思いがちですが自分が運転するバイクで人をケガさせてしまったときの救済手段にもなりますし、ライダー自身の経済的負担を軽く済ませられます

 

また自賠責保険だけではどうしてもカバーできないこともありますので、ぜひ任意保険に加入して有事に対応できるように備えておいてはいかがでしょうか?

 

参考-写真AC