【やらかしあるある】バイクのコカしがちシチュエーション5選

バイクはタイヤが2つしかない乗り物なので、バランスを崩すと倒れてしまいます。

普段からそれに気を付けているつもりでも、日常のちょっとしたミスや不注意、またはライダー的なプライドで、愛車をコカしてしまう事は誰でもあります!

 

そこで、少しでも愛車をコカす確率を下げるために…… バイクをコカしがちなシチュエーションをまとめみました。この記事の内容を、大切な愛車をコカさない為の反面教師にしていただければ幸いです。

 

誰でも1度や2度は経験する「立ちゴケ」

バイクの免許を取得してから、今まで一度も「立ちゴケ」を経験したことがないライダーなんて、恐らくいないのではないでしょうか?それほど立ちゴケは、ライダーなら誰でも経験する苦い思い出として、バイク談義の定番ネタだったりします。

 

立ちゴケする主な原因としては、足つきの悪い場所に停車して立ちゴケ、ふとした瞬間にバランスを崩して立ちゴケ、エンストして立ちゴケ、ギアが入っているのにクラッチを離して立ちゴケ…… などが多く、ほとんどがライダーの不注意や操作ミスによるものです。

 

免許取り立ての初心者ライダーはもちろん、ベテランライダーでもバイク乗っている限りは、常に立ちゴケのリスクがある事を心得ておくことが最大の予防策です!

 

立ちゴケと並ぶ定番のコケるシチュエーション「Uターン」

バイクのUターンが得意ですか?と聞かれて「はい、超得意です!」と返すライダーは極々わずかです。バイクは駆動力が弱まれば弱まるほど、安定性が失われていくので、低速で行うUターンはコケるリスクが高い行為です。

 

Uターン中に足を着くのはかっこ悪い…… なんて変なプライドは捨てて、慣れないうちは足を着いたり、コンビニなどの広い駐車場まで走ってUターンするようにしましょう。

 

特に傾斜がある場所でのUターンは、自信がない限りは絶対に避けるようにしましょう!

 

中途半端なサイドスタンド「スタンド外れゴケ」

ちゃんとサイドスタンドをかけたつもりなのに、実際は中途半端にかかっていて…… バイクを降りた瞬間にガシャン…… 数あるコケ方の中でも、最も精神的ダメージが大きいのが「スタンド外れゴケ」です。

 

これを回避する為には、サイドスタンドをかけた後に、もう一度コツンとサイドスタンドを蹴る事です!これを普段から習慣付けておけば、仮に中途半端にサイドスタンドがかかっていても、蹴った瞬間に気が付くことが出来ます!

 

また、サイドスタンドをきちんとかけていても、坂道では僅かな車体の動きで外れしまうこともあるので、必ずローギアに入れて「完全に停車した状態で」スタンドをかけましょう(ローギアに入れただけでは若干車体が動きます)

 

引き返す勇気も大切「砂利道ゴケ」

山奥にある観光地に行く時、キャンプ場のサイトにバイクを移動する時、工事中の道路を走る時など、オンロードバイクで止むを得ず砂利道を走らないといけない場合があります。砂利の深さにもよりますが、

 

ちょっとでもヤバそうと感じたら、時には引き返す勇気も必要です!例えば、観光地まで歩いて行けそうな距離なら、砂利道の手前にバイクを置いて歩いていく、サイトまで砂利道のキャンプ場であれば、バイクは管理棟付近に置かせてもらって、サイトまで歩いて荷物を運ぶ、工事中の場所は迂回路を探してみるのも一つの手です。

 

どちらにしろ、自信がない場合は素直に諦める、引き返す勇気を持つことが、大切な愛車をコカさない一番の方法です!

 

乗りたい気持ちをグッとこられる「凍結ゴケ」

バイクで凍結路を走ったら、100パーセント滑って転ぶ…… そんなことは誰でも分かっているのですが、それでもライダーは走りたい気持ちを我慢出来ない時があります。冬はバイクに乗らないことが一番ですが、走る際は少なくても標高の高い場所は避け、極力日中に走行するようにしましょう。

 

特に道路の白線やマンホール、道路と橋の継ぎ目、カーブの日陰などは凍結している場合が多いので、慎重に見極めて走りましょう。

 

今回のまとめ

バイクに乗っている限り、恐らく1度もコケないということはありません。しかし、コケやすいシチュエーションを理解していれば、2回目をなくす事は出来るはずです。