バイク教習の一本橋は難しい?クリアするためのコツとポイント

バイクの難関教習としてよくあげられる一本橋はバイクに乗ったことがないとなおさら難しく感じてしまいます。

今回の記事ではバイク教習の中でもくじけそうになる一本橋をうまく突破するコツとポイントを解説しますので、教習中の方はぜひ参考にして挑戦してみてください。

 

一本橋の基本知識

知識のイメージ

バイクの教習を受けている人のために一本橋ってそもそもなんなのかを解説していきます。

一本橋とはバイク教習の第一段階の中盤から終盤にかけて登場する教習科目のひとつで、長さ15m、幅30cmの縁石のような段差に乗り上げて一定時間走行し続ける教習です。

 

幅30cmのイメージですが箱ティッシュを横の長さが30cm程度ですので、この幅をバイクで走行していくことになりますが、実際にバイクで一本橋を走行すると想像以上に狭く感じ縁石から落ちてしまうことがよくあります。

 

また一本橋は単に走破するだけでなく、一定の時間をかけて走行しなければいけない制約がありますので、一本橋から落ちないこと、時間をかけて走行することの二点を注意しなければいけません。

 

採点基準

チェックシート

一本橋は卒業試験(みきわめ)にも登場する科目ですので、教習中にできなかったけどいいよねでは済まない科目です。

教習中に一本橋をうまく走破できなければ卒業試験の際の減点になるだけでなく、場合によっては不合格になる要素になり得ますのでしっかりと練習しておかなければいけません。

 

卒業試験における一本橋ですが、主に着目されるのは何秒で一本橋を走破したかがあげられます。

たとえば取得しようとしているバイクの免許が小型二輪であれば5秒以上、普通二輪であれば7秒以上、大型二輪であれば10秒以上の時間をかけて走行しないといけません。

特に工夫せずに一本橋を走行すると数秒で突破できてしまうので、低速で小刻みに舵を切りながら走行することになります。

 

一本橋をうまく走行するコツはないの?

コツ

一本橋をうまく走行するコツは教官からいくつか教えてもらえますが、いずれもあなたにとってはしっくりこないものもありますし実践できずに失敗してしまうことがあります。

ここでは誰でもできる一本橋をクリアするためのコツとポイントを具体的に解説していきますので、参考にしてみてください。

 

目線はゴール地点をみる

ゴールのイメージ

一本橋を走行中についやってしまうのが目線を手元を凝視したり、メーター周りをみてしまう人が多いです。

自分の手元だけをみていると残りの距離がどれくらいか判断できませんし、また目線が定まっていないと体感でのバランスが崩れやすくなって一本橋から落ちてしまうことがあります。

 

そのため一本橋に乗り上げたらすぐに目線はゴールである15m先に固定してしまい、よそ見もせずひたすら落ちないようにゆっくりと進んでいきましょう。

 

リラックスしておく

リラックスのイメージ

一本橋だけではありませんがバイクを運転する場合の基本はリラックスしておくことが重要です。ガチガチのままバイクを運転すると変なところに力が入ってしまい、バランスを崩しやすくなります。

バイクの運転は基本はバイクと一体化するニーグリップで十分で、上半身の力は抜いておいて問題はない乗り物です。

 

「一本橋だ!怖い!」と緊張するのではなく、「あ、一本橋か。ふーん。」くらいの軽い気持ちで力を抜いておけば一本橋から落ちるおそれも少なくなりますので、生真面目にクリアしようと考えるのはやめてしまいましょう。

 

開きなおって走破する

OKサイン

一本橋はバランス感覚がものをいう科目ですので、人によってはどうしても一定の時間以上をかけて走破することが難しい人は少なからずいらっしゃいます。

そのような人の場合、究極の方法ですが時間を気にせず開きなおってそのまま一本橋を走破してしまいましょう。

 

卒業試験における一本橋ですが、一定の時間をかけずに走破してもら実は卒業試験がただちに失格になることはなく1秒足りないごとに5点減点されるだけで済みます。

つまり、失格にならないのであればほかで補えばよく、苦手なものを無理に克服せずにあなたのできる範囲で一本橋を走破してしまえばよいのです。

ただし一本橋を走行中に一本橋から落ちたり途中でエンストすると失格になりますので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

一本橋はバイクの教習科目の中では難しく、また練習を重ねても完璧に走破できないことがよくあります。

今回ご紹介したようなコツやポイントを実践すれば多少は一本橋への苦手意識を減らすことができますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 

参考-写真AC