ピストン型ヘッドライトがクール!ほぼ原型を留めないヤマハTW125カスタム!

世紀末的ダークなイメージや、闇落ちバイクシリーズとも評しても合点のいくカスタムバイクを製作するカスタムバイクショップ「ATELIER MEDUSA」。

今回は、フランスのナンシーで魅力的なカスタムバイク製作に勤しむ彼らの作品のひとつであるヤマハTW 125をベースとしたカスタムバイクをご紹介いたします。純正パーツを探す方が難しいくらいバリバリに手の入った、メカニカルでありながら生き物のようなカスタムバイクです。

 

純正デザインの面影がほとんどないほどの超絶カスタム

この画像に写っているのが、ATELIER MEDUSAの製作したYAMAHA TW 125ベースのカスタムバイク。見ての通り、純正デザインの面影は全くありません。強いていうならエンジンとホイールくらいなものでしょうか。

 

TWシリーズ自体はその名称にもある通りTrail Way(トレール・ウェイ)つまりオフロード向けのアドベンチャーマシンをコンセプトとしたバイクです。125ccエンジンが搭載されたTW125は欧州をメインに販売されていた国外モデルに該当します。

 

今回のカスタムは、ダンロップの名作オフロードタイヤK100を採用するなどアドベンチャーオフロードの要素を薄ら踏襲しつつも、レーシーなポジションを与えるセパハンやシートカウルなど、独自のカスタムエッセンスが盛り込まれています。

また、エンジン周りはカウルによってカバーされています。純正ではノンカウルなのでメカ的な印象が打ち出される一方、カウリングすることでよりスタイリッシュに見えるようになりました。

 

オーリンズ製サスでダークなイメージにワンポイント

冒頭で述べたようにATELIER MEDUSAのカスタムといえば全体的にダークかつ無骨なカラーリングが特徴的です。本作のTW125でもそれが表現されていることは明らかですが、さらにこのバイクではタックロールの入ったレザーシートやガソリンタンクカバーに装着されている革製ニーパッドなど、生き物のようなエッセンスも盛り込まれています。

こういった”メカニカル甲虫類”的なデザインの中、オーリンズサスのゴールド&イエローの差し色が、妙にマッチしています。

 

ゴツくて存在感のあるガソリンタンクカバー上部

こちらは上からの画像です。パイプワークとデザインプレートのあしらわれたタンクカバーがゴツく存在感を放っています。シート後部のシートカウルは、三方向からのリブが集約し、スマートなでスッキリした印象を与えます。

 

オリジナルパーツにも注目

独特の取り回しを見せるワンオフマフラーや、スイングアームなど、純正パーツとしてはありえない形状のパーツもてんこ盛り! また、フレームまでガッツリとチョップ&ウェルドされているため、もはや純正の面影はありません。

 

ヘッドライトにはピストンを加工したワンオフのキセノンヘッドライトが採用されています。本来であればエンジン内部にあるはずのものが外装パーツを構成するものとして活用されているというアイデアが非常にクール!

 

カラーリングからパーツまで全てがイケてるカスタムバイクの象徴的存在

ヤマハTW125をベースとしたこのカスタムバイクは、ダーク系のカラーリングが特徴的なだけでなく、採用パーツや大幅に改造されたフレームなど、ATELIER MEDUSAのオリジナリティが積極的に表現された1台となっています。TW125のカスタムポテンシャルを感じさせてくれる1台と言えましょう。

ATELIER MEDUSA

NANCY, 54000, GRAND-EST, FRANCE

公式サイト

Facebook

Instagram

ジョン スミス

ジョン スミス

XLR 250 BAJAで腕磨いてます。デミオでラリーに参戦中、目指せフル参戦。好きなバイクメーカーはイタリアのMV AGUSTA。