21万円のレトロクルーザー。ロイヤルエンフィールド「Meteor350」に現地インドの反応は…

インドのクラシカルなバイクメーカー、ロイヤルエンフィールドがフレッシュなニューモデルをリリースしました!

その名も「Meteor 350」です。隕石という意味の名を冠したこのモデルは、ロイヤルエンフィールドの伝統の先へ行く多くの新機能を搭載。そして低価格なことで世界的に話題になっています。

 

それでは早速ロイヤルエンフィールド Meteor 350がどんなバイクなのか見ていきましょう。

 

クラシックかつスタイリッシュな外観

ティアドロップ型のタンク、シート下の逆三角形のツールボックスとパッと見はロイヤルエンフィールドらしいクラシカルなスタイリングを保っています。それでも、ビビッドなカラーリングが目を引くためか、かなり垢抜けた印象です。

 

さらに新形状のダブルクレードルフレームのおかげで全体的に無駄なスペースが少なく見えて、引き締まったイメージを醸し出しています。レトロなクルーザーというよりはタンデムシートがなければネイキッドとも見て取れるスポーティな外観です。

 

ロイヤルエンフィールド”らしくない”高性能さ

正式発表があるまで、Meteor 350は同社から先んじて発売されていたBullet 350と同型のエンジンの採用が予想されていましたが、実際に搭載されたのは新型の空油冷単気筒エンジン。パワーと扱いやすさを兼ね備えた新規の設計となっていることからも、ロイヤルエンフィールドがこのモデルにかける思いがうかがいしれるようです。

 

また、前後ディスクブレーキにはデュアルチャンネルABSを標準装備し、灯火類にはLEDを採用するなど、かなり近代化が図られています。

さらにロイヤルエンフィールド初となるGoogleマップ連動型ナビゲーションシステム「Royal Enfield Tripper」も搭載。現地のインド人にすら「ロイヤルエンフィールドらしさに欠けている」とまでいわせる、まさに”ニューモデル”です。

 

新車で約21万円~という破格さ

Meteor350の特筆すべき点として、その新車販売価格挙げられます。3つのグレードがラインアップされ、スタンダードなFireballは約21万円~、ツートーンモデルのStellerが約23万円~、上位モデルのSuperNovaは約37万円という設定で、日本の新車と比べると遥かに破格です。

国内のロイヤルエンフィールド代理店では定番モデルといえる「Bullet 500」の新車販売価格が約70万円という設定を考えると、低排気量であることを加味しても、新車で21万円のMeteor 350はやはり安いと感じてしまいます。

 

Meteor 350に対する現地人の反応は?

ところが、意外にもインド国内では低価格という感覚はあまりないようです。筆者が滞在する南インドで近所の知人にさりげなく「Meteor 350って安いよね〜」と話すと、口を揃えて「別に安くないよ」と答えるほど。

 

それもそのはず。実のところ、インドでは新車価格が10万円前後という激安バイクも少なくないんです。そういったバイクと比較してしまうと、むしろ高価に見えてしまいますね。「クラシックな雰囲気じゃないロイヤルエンフィールドには魅力を感じない」という意見もあり、インド国内では評価は分かれているところです。

 

とはいえ、日本向けとして登場するならMeteor 350の魅力は確かなもの。まだ国内導入は決まっていませんが、上陸の待たれる一台です。

 

Meteor 350主要諸元

全長×全幅×全高:2,170×810×1,120mm
最低地上高:170mm
シート高:765mm
車両重量:183kg
エンジン型式:空油冷4ストロークSOHC単気筒
総排気量:349cc
最高出力:20ps/6100rpm
最大トルク:27N・m/4000rpm
変速機:5速マニュアル
燃料タンク容量:15L
タイヤサイズ:チューブレス 前 100/90-19/ 後 140/70-17
価格:15万ルピー(約21万円)

 

カラーバリエーション

Fireball レッド

Fireball レッド

 

Fireball イエロー

Fireball イエロー

 

Steller ブラック

Steller ブラック

 

Steller メタリックブラウン

Steller メタリックレッド

 

Steller マリーン

Steller マリーン

 

SuperNova ブラウン

SuperNova ブラウン

 

 

SuperNova ブルー

SuperNova ブルー

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤルエンフィールド(IN)

公式サイト

カイ高野

カイ高野

バイクはロイヤルエンフィールド推しの家族で世界を旅する流れ者。好きな言葉は「とりあえず肉焼こうよ!」目のつけどころがシャープでしょ?