バイク乗りの世界はこんな感じ!バイクの免許をとると、こんな会話も楽しめる!

バイクに乗りたいと思っていても、なかなか免許をとる行動までにはいかない……そんな人も多いのではないでしょうか。実際、バイク離れが浸透している昨今ですが、この記事を通して少しでもバイクに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

意外とソロツーリングでも楽しめるバイク生活

つい先日、休憩スポットとして利用しているコンビニで話しかけられたときのこと。駐車場に車で入ってくるなり、男性の方が笑顔で近づいてきたと思ったら。

「バイク、いいよね。じつは免許とりたかったんだよね。」

と筆者のバイクをみながら話しかけてきました。そして、バイクの良さについて語り始めたのでした。

「バイクはさ、カッコいいし、どこでも行けるし。」

「いいよね。風をきって走るみたいなのが憧れだった。」

バイクの免許もってないですよね。なのに、こんなに共感できるのは何故でしょう。まるで、バイクの免許を持っているかのような話しぶりに、楽しくなりました。なので、つい口から出た言葉は、「今からでも、とれますよ!」でした。

でも、かなり年上の方。少なからず車よりは危険?な乗り物と個人的には認識しているので、転倒したときのことを考えてしまい、あまり積極的にはおすすめできませんでした。それでも、バイクに乗る楽しさを共感していただき、それが筆者には嬉しかったのです。

 

バイクの免許を持っていなくても、運転したことがなくてもバイクに乗りたいと思う気持ちで共感できるって、結構、楽しいと思いませんか?バイクに乗る楽しさは、本当にいろいろあるのですが、これはほんの一つの出来事です。だからといって、積極的におすすめできない理由もあります。

きちんとルールを守らないと、転倒したときに車よりはリスクがあるからです。

 

質問の返事に困った!カフェの店員さんとの会話

そして、最近こんな話も聞きました。よく一人でいろんな場所に出没している筆者ですが。バイクでとあるカフェに立ち寄ったときのこと。

お会計のときに店員さんから、話しかけられました。

「最近、友達が免許をとったんですけど、2回も事故を起こして。」

この話が出たときに、まずケガの程度について心配になりました。でもさいわい、大きなケガをしたような話にはならなかったので、ホッとしたのでした。そしてこの店員さんにとってみれば、バイクは危険な乗りものとしか思えない、のかもしれない。と、少し寂しくもなってしまいました……

バイクには、バイク乗りにしかわからない楽しさがあるのですが、油断をすると、事故を起こしてしまうのも事実。安全に楽しく、スピードを出すことを心がけましょう。

 

そして、店員さんからの面白い質問、筆者にとってはかなりの驚きな言葉でした。

「いつになったら、一人で走りに行くことができますか?」

あたり障りのなり返事ですが「乗る頻度によると思います。」と答えました。

免許をとってから、基本的に誰かと一緒に走るというより、一人で気ままに走ることの方が多かったのでこの質問に少しとまどってしまいました。

友達が事故をおこしたというわりには、何故か店員さんは、バイクに対してなんとなく好意的な印象。少しでも、楽しい乗り物と思ってもらえたなら、嬉しい限りですね。

 

ときには、ツーリングのお誘いに行くこともありますが。どちらかというと、ソロツーリングが多くなってしまいます。自由気ままなバイク生活。今年は、少しでもバイクの友達を増やしてみようと思っています。

 

初心者におすすめのバイクはコレ!

“乗りやすくてカッコイイ”をテーマに、初心者におすすめのバイクをご紹介したいと思います。

それは「XJR400R」または「CB400SF」です。ネイキッドのバイクなら、一度は乗ってみたい1台、乗ったことのある1台なのではないでしょうか。「CB400SFは」教習所でも活躍しているバイクなので、乗りやすさにかけてはダントツかもしれませんね。

 

ネイキッドの乗りやすさの秘密は、そのポジションにもあります。

  • ツーリングには最適。
  • 長距離でも疲れにくい
  • キャンプなどの荷物を積みやすい

 

ただもっとスピードがでるバイクやカウル付きのカッコよさを求める人にとっては、物足りない1台かもしないですね。女性にとっては、車高の高さも重要なバイク選びのポイントです。車高が低い方が足つきがよく、信号待ちなどで停まっているときにバランスを保ちやすいのでおすすめ。

この2台は、どちらも走りやすく初心者の方でも楽しんでいただけると思います。

残念ながら「XJR400R」は、中古でしか手に入らなくなっている車種。「XJR1300」も生産終了モデルなので、新車での購入は難しくなりそうですね。

 

ホンダ「CB400SF」は25周年

2018年モデルとして、ハーフカウル仕様の「CB400SB」が登場しました。このモデル、最近少しずつ見かけるようになってきましたね、結構カッコいいです。最高出力が53psから56psになり、排ガス規制に対応しているのだそう。

パーツをつければ、なんてことない部分ではありますが、個人的にはヘルメットホルダーが羨ましいと思ってしまいました。

 

王道のカワサキ「ZEPHYR」

やや盗難が心配ですが、いまでも人気の一台です。

人気の秘密はカッコいいだけではなく、積載力もあるのでいろんなシーンで活躍してくれるところでしょうか。

 

参考までに車高だけ一覧

・CB400SF:755mm

・XJR400R :780mm

・ZEPHYR-X400:775mm

 

中古のバイクを購入するときには、バイクに詳しい人を連れていくと良いアドバイスをもらえるかもしれないですね。年式やバイクの程度によっても価格がことなり、購入後のメンテナンスの費用も考えておく必要がありそうです。バイクを新車で購入するのもいいですが、中古で購入してあまり手に入らないパーツを探しメンテナンスをするのも楽しいかもしれません。

 

スポーツタイプでおすすめはカワサキ「Ninja400」

筆者が最初に乗ったバイクはネイキッドタイプだったので、ポジションについては購入のときに心配な要素の一つ。まず、長距離走っても疲れないかどうか。なので運転のポジションについては、かなり気になるところなのです。

 

最新のモデルは、よりスタイリッシュなデザインに。前回のモデルと比べると、最高出力は44psから45psに向上しています。

以前レンタルで乗ったことがあるのですが、想像していた以上にポジションは安定していて楽でした。ネイキッドタイプのバイクを比べると前傾の姿勢にはなりますが、運転しやすいです。そして、高速道路でも活躍。

 

100㎞まで出るのにストレスなく、快適な走行が楽しめます。一つ難点があるとすれば、カウル付きのタイプはポジションが前傾になってしまうので、長距離でのツーリングには不向きなのかもしれません。

 

バイクを選ぶときの一つの考え方として

バイクの重さや大きさなども乗りやすさに影響するとは思いますが、教習所で使用されるバイクの車高を目安にするというのも一つの方法です。いくつかおすすめの車両を紹介しましたが、結局のところは自分の気に入ったバイクになるのでしょう。

様々な車種やタイプがあるので、あれもこれも乗ってみたくなりますが、自分のライフスタイルに合わせてバイクを選んでみて下さいね。

 

もうすぐバイクのベストシーズン到来!

千葉県の房総はもう、こんな状態でしたよ。今からバイクの免許をとって夏にツーリング、というのも楽しいかもしれないですね。

少しでも、バイク選びの参考になると嬉しいです。

smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。