初心者にもオススメ!中古で手に入る直4気筒250ccネイキッド4車種!

「250ccクラス」と言われると、お手軽でライトな印象を抱く人が多いですよね。しかしライトなクラスとはいえ、スクーターからオフロード、スポーツモデル等、ほぼ全てのジャンルで様々な車種が展開されている選択肢の多さが魅力なのがこの250ccクラスです。

 

大型免許を持っていても、利便性や経済性の天秤に掛けてこのクラスを選択している人も多いハズ。セカンドバイクで乗る人も多いですね!

 

長きに渡って粘り強いこのクラスに、今後更なる可能性を感じての近年の各メーカーの熱の入れ方には目を見張るものがあります。

 

特にスポーツ・ネイキッドのジャンルに置いては、ホンダはCB250R / RR、YAMAHAはMT-25、KAWASAKIからはZ250等、同クラスでのフラッグシップマシンといってもいいようなモデルを市場に投入しています。

どれも公道では使い切れないようなポテンシャルを秘めていて、お手軽マシンなんて呼ぶのには程遠いラインナップです。

 

筆者もスペックが気になって見ていたのですが、これらのマシンに共通していることは「単気筒or二気筒エンジン」だと言う事。

 

スポーティーなルックスにはどうしても4発エンジンをイメージしてしまいがちですが、排ガス規制や騒音規制、燃費などの要素の上で現在はこれらのエンジン構造が最適でトレンドだと言うことが伺えました。

 

さてここからが本題なのですが、現在4発エンジンの250ccマシンは現在ほぼ市場に投入されなくなりました。一昔はよく見た250ccながらもあの4発エンジンらしい、ファーーン!と響く「繋がる排気音」を聞くと、どこか懐かしささえ感じてしまいます……。

 

そこで今回は過去に人気を博し、現在のスポーツモデルよりもレーシーなサウンドを奏でていた、現在絶滅危惧種である国産250ccで「直列4気筒エンジン」を搭載している各メーカーの代表的なネイキッドマシンを4車種紹介しようと思います!

 

キャラクターのたった車種ばかりですので、初心者の人は相棒の候補に、玄人の方には懐かしんだり、セカンドバイクの候補にしていただけたらなと思います。

 

KAWASAKI BALIUS

まずはこちら。Kawasakiがギリシア神話に登場する不老不死の神馬「バリオス」の名を冠した1991年に発売した一台です。ZXR250系(レーサーレプリカ)のエンジンを搭載し最高回転数は19,000回転を誇ります。

 

規制前の車種ならではの強心臓が特徴で、15,000回転で45馬力を出力します。

かなりの高回転型ですが、現在の車種では考えられないパワーですね!

 

走れるマシンですが、シート高が低くハンドルも高めなマシンなので初心者や女性にもオススメの一台です。

 

1997年には2本ショック式リアサスペンションを採用したバリオスII へフルモデルチェンジを果たしました。そして10年後、2007年に厳しくなる排ガス規制に対応しきれなくなり、惜しまれながらも生産終了になりました。

 

HONDA HORNET

お次は1996年発売、異色なサウンドが持ち味の HONDA HORNET

180サイズ(大型車と同等)の太いリアタイヤとアップタイプのマフラーがチャームポイントですね。

最大の特徴は「※カムギアトレーン」と言う機構で、この機構が起因して一聞きすればホーネットと判るほど「キュイーーン!」 と言う独特なメカサウンドを聴かせてくれます。このサウンドに惹かれて購入した人も多数いるほどです。

 

※カムシャフトというパーツを一般的にはチェーンで駆動するが、この部分をギアの連結で駆動する機構

DXモデルの発売なども経て、2007年に生産終了となりました。

カラーリングもかなり多く用意されているので、気に入る配色を探してみてくださいね!

 

SUZUKI BANDIT

スズキからは1989年発売のこの一台。4発250ccネイキッドとして早く世に出た草分け的な存在です。

鋼管フレームを強調したボディとモノサスによる欧州デザインが特徴的。

 

車名の由来は「山賊」や「無頼漢」等。純正仕様でセパレートハンドルとバーハンドルをユーザーの好みで選ぶことができるのもセールスポイントでした。

 

そして、1995年に可変バルブ機構(回転数によって燃料のバランスを変える)をもつ「バンディットV」を発表。上の写真の様に、エンジンのヘッド部を赤く塗装してあるので直ぐに判ります。どうせ買うならこちらの後期モデルに気が向いてしまいそうですね。

 

YAMAHA ZEAL

ヤマハの出走馬は1991年発売のこの一台。筆者の勝手な見解ですが、この中では一番見かけるのがレアなマシンだった気がします。

「熱意」を意味するジールのペットネームで1991年にデビューし、「飛び跳ねるイルカ」をモチーフにしたと言うデザインが特長です。どの辺がイルカなのかちょっと良くわかりませんが(笑)

 

この中では唯一の二本出しマフラーが目を引きますね!タンクのシルエットもメリハリがあって筆者は好みです。

 

1999年に生産終了し、このマシンを最後にヤマハは250cc4発を現在まで生産していません。

生産終了後の方が注目されている気がする、画家みたいな経歴を持つ一台です。

 

中古で狙える面白い車種達!

以上、各メーカーから一台ずつ紹介させて頂きました。思わず「単車」と呼びたくなる様なルックスのマシンばかりですね。250ccと言うこともあり、軽量なモデルが多いので最初の一台を悩んでいる人も是非視野に入れてみてください。

 

これからこのタイプのマシンがリリースされる事はほぼ無いでしょうし「古き良き時代のマシン」と呼ばれる様になるのも近いのかもしれません。(もう言ってる人もいるのかも)

 

中古市場でも根強い人気があるので、まだまだ値段もそれなりに張りますが、今後価値ある一台になる事請け合いですので今が狙い目かも知れませんね!

参考-Youtube.チャンネル-TECHAAN
HONDA

東京都港区南青山2-1-1
TEL. 03-3423-1111(代表)

公式ホームページ

 

YAMAHA

静岡県磐田市新貝2500
TEL 0538-32-1115

公式ホームページ

 

Kawasaki

兵庫県明石市川崎町1番1号

公式ホームページ

 

SUZUKI

静岡県浜松市南区高塚町300

公式ホームページ