【夜ツーのすすめ!】壮大なパノラマを堪能できる都内のおすすめ夜景スポット4選

これからの季節、夜にフラッとバイクを走らせたくなる事ありませんか?ソロで気ままに出かけるもよし、バイク仲間に声をかけるもよし、彼女を誘ってタンデムで出かけるもよし!

 

ただ走るよりも、目的地があった方が何となく気分もUP!目的地で缶コーヒーを飲んで帰るだけでも立派なツーリングです。

今回は、そんな夜ツーにおすすめしたい都内の夜景スポットを紹介!彼女と行けば距離も縮まるかも?

 

東京ゲートブリッジを見よう「暁埠頭公園」

実は、東京ゲートブリッジがキレイに見えるスポットとして人気があった「若洲海浜公園」が一部のマナーの悪いライダーによって夜間、二輪車が駐車場に入れなくなってしまいました。

最近、東京のベイエリアでは夜間の二輪車の立ち入りが禁止になってしまった場所が多くなった気がします。フラッと走りに行って、静かに海を眺めながらコーヒーを飲むのが楽しみだったりするライダーにとっては悲しすぎる現状です。

 

ですので、今回紹介する東京ゲートブリッジが見えるスポットはかなり穴場スポットです。夜ツーで訪れる際は、マナーを守って下さいね!公園内には無料の駐車場(20台ほど)、公衆トイレ自動販売機などの設備がありバイクを停めて海を眺めに行くのには最高のスポットです。

 

若洲海浜公園のように、東京ゲートブリッジがとてもキレイに見える訳ではありませんが、ちょっと遠くに主張せずに見える所がまた魅力的です。

とても静かで素敵な場所なので、彼女を誘って行くのも良いかもしれません。ちょっと仕事に疲れた時なんかにもフラッと走りがてらに行くのもおすすめです。

 

夢の国が見える「葛西臨海公園」

湾岸線を走っていると目に入ってくる大きな観覧車。東京湾のランドマークと呼ばれている大観覧車があるのが葛西臨海公園です。公園内には観覧車をはじめ、水族館やパークトレインなどもあり休日は家族連れで賑わっています。

 

駐車場が24時間利用できますので、夜ツーにおすすめ。湾岸線を走り、葛西臨海公園で海を眺めながらコーヒーでもいかがでしょうか。葛西臨海公園から東の方向には夢の国が見えます。ここは夢の国が見える穴場スポットです。彼女となら喜んでもらえそうですね!

 

飛行機を近くで見よう「羽田空港」

羽田空港までの直線道路は、とっても気持ちよく走れるポイント。しかし、スピードの出しすぎなどには気を付けてくださいね!くれぐれも夜ツーは安全運転で楽しんでください。羽田空港には駐車場があり、自動二輪車は30分以内無料、入場から30分毎50円、24時間以内最大500円と安いのも嬉しいポイント。

 

第1ターミナルと第2ターミナルの展望デッキは22時までですが、国際線のターミナルの展望デッキは24時間開放しています。世界各国の飛行機が離着陸する姿が近くで見られるのも楽しいですよ!東京タワーやスカイツリーなど東京都内の夜景も見る事ができ、時間を忘れて夜景を楽しめると思います。彼女とではなくても、バイク仲間との夜ツーや1人夜ツーにもおすすめ!

 

遠くに見える空港が美しい「京浜島つばさ公園」

羽田空港からほど近い場所にある「京浜島つばさ公園」は羽田空港の飛行機やターミナルが眺められる公園として、飛行機マニアの人にも有名なスポットです。

 

日中はバーベキューをしている人たちも多くいるのですが、夜景観賞に訪れる人は多くないので、とても静かな場所です。海沿いを散歩しながら夜景を楽しむのもよし。ベンチに座ってボーッっとするのもよし。街灯もあり、駐車場もあるので夜ツーにはおすすめです。

 

最後に

都内の夜ツーおすすめスポットを紹介しました。夜間走行は眠気や不意の接近など様々なライダーの天敵が多いので、十分注意と準備をして挑みましょう。

仲間と彼女と。そしてソロで夜ツーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

以上、都内のオススメ夜ツースポットご紹介でした!