スーパーチャージドエンジンが公道へ!カワサキ「Ninja H2 SX / SE」のディテールに迫る!

カワサキが誇るフラッグシップモデルとして君臨しているのは、言わずと知れた「Ninja H2」シリーズ。スーパーチャージドエンジンを搭載、驚異的な高性能が魅力ではありましたが……

2017年までは日本国内ではクローズドコース専用車「Ninja H2R」などが販売されているのみでした。

ところが2018年より「Ninja H2 SX / SE」の国内販売が開始され、遂にスーパーチャージドエンジン搭載モデルでの公道走行が可能になったのです。

 

「Ninja H2 SX / SE」とは?

今更ながらという感じもしますが……2018年3月1日、遂に国内販売が開始されたのが、この「Ninja H2 SX SE」と、スタンダードグレードの「Ninja H2 SX」。

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーです。特有の強烈な加速力と扱いやすさを両立したこのモデルは、これまでのツーリングの概念を覆す程のパフォーマンスと魅力に溢れています。

 

コチラがスタンダードグレードの「Ninja H2 SX」。両車は基本的には同一構造です。

パワーユニットは究極の性能と日常での用途を目的に造りこまれたバランス型スーパーチャージドエンジン。常用域となる低中速回転域では「Ninja H2」をも凌ぐパワーを発揮する一方、優れた燃費性能をも実現しています。

新設計のトレリスフレームはタンデムライディングとパニアケースの装着に対応。加えてエレクトロニッククルーズコントロールや数々の電子制御技術が長距離走行をサポートします。

 

公道走行を前提としたスポーツツアラーという位置付けの「Ninja H2 SX / SE」。そのために設定されたリラックスしつつもスポーティなライディングポジションは、ワインディングから高速走行まで幅広く対応。快適性の高いシートとともにライダーとタンデムライダーに上質な走りを提供します。

灯火類はヘッドライトからナンバー灯にいたるまですべてにLEDを採用。新たなフラッグシップモデルに相応しい機能を備えつつ、ツアラーモデルに求められる条件を満たしています。

 

上級グレードである「Ninja H2 SX SE」には、フルカラーTFT液晶メーターパネルやLEDコーナリングライトなどのさらなる機能や装備を追加。

「Ninja H2 SX SE」のカラーは、ご覧の”エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック”。所有欲を刺激する特別な1台とされています。

 

注目はスーパーチャージドエンジン!

さて、ここからは両車のディテールをご紹介して行きます。

 

最大の注目ポイントは、誰が何と言おうと、パワーユニットにあります。

強力な加速と扱いやすさ、優れた燃費性能を兼ね備えたバランス型スーパーチャージドエンジンは、ブレードの形状や角度を最適化した自社開発の新形状インペラを採用。また、エンジンの優れた熱効率により実現した軽量なエキゾーストシステムを装備しています。

また、

  • 耐久性向上に貢献するトランスミッション用オイルジェット
  • 最適な混合気をエンジンに供給する電子制御スロットルバルブ
  • 優れた吸気効率を実現する為、内部形状を最適化したアルミ製インテークチャンバー
  • スピーディなシフトチェンジを可能にするドッグリングトランスミッション
  • 軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ

など、駆動系からトランスミッションまで、最新装備が満載されています。

 

美しいトレリスフレームを採用!

そのパワートレインを搭載するのは、剛性と柔軟性を高次元で両立した新設計の軽量トレリスフレーム。アルミ製でないところが好感度高いですね!

 

軽量化と安定性向上のため、スイングアームマウンティングプレートを装備しています。

 

高速ツアラーに相応しい機能パーツ群!

機能パーツも充実の一言!フロントフォークには、快適性とスポーツ性能を両立した専用セッティングのフルアジャスタブルφ43mm倒立タイプを装備。

 

それに合わせてリヤには良好な安定性を実現するKYB製フルアジャスタブルモノショックを装備しています。その他……

  • 優れたブレーキ性能とフィーリングを実現するラジアルマウントフロントブレーキ
  • 高速走行時の安定したパフォーマンスに貢献する専用アルミホイール
  • スポーツライディングにも対応し、快適性も兼ね備えたライディングポジション
  • パニアケースを装備した高速走行でも良好な安定性を発揮する為、最適に設定されたホイールベース

と、「ZZR」の時代から優れた高速ツアラーを生み出し続けたカワサキに相応しい、新たなフラッグシップモデルに仕上げられています。

 

お値段も決して高過ぎない!

いかがでしたでしょうか?3月1日より発売が開始された「Ninja H2 SX」&「Ninja H2 SX SE」。

その車両本体価格(消費税込み)は………「Ninja H2 SX」が199万8,000円、「Ninja H2 SX SE」は237万6,000円。スーパーチャージドエンジン搭載モデルであり充実の機能パーツ群を考慮すれば、妥当というよりむしろ、お値打ち価格だと思います。

欲しい人は迷わず買いでしょう!

 

「Ninja H2 SX」&「Ninja H2 SX SE」のスペック

< >内は「Ninja H2 SX SE」。

  • 全長×全幅×全高:2,135×775×1,205<1,260>mm
  • ホイールベース:1,480mm
  • シート高:820mm
  • 車両重量:256<260>kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列4気筒  /  DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 内径×行程:76.0×55.0mm
  • 圧縮比:11.2
  • 最高出力:147kW(200PS)/ 11,000rpm
  • 最大トルク:137N・m(14.0kgf・m)/ 9,500rpm

 

参考-カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。