fbpx

海外モデル「GSX750ES」がカウルを脱ぎ捨ててスッキリしたネオカフェスタイルにモディファイ!

スズキの名車”GSX1100S KATANA”の存在もあり、GSXと言えば日本だけではなく、世界的に名の知れた車両でしょう。そして、今回はハーフカウルを装着したGSX750シリーズの最終モデル「GSX750ES」をベースに、現代風のレーサースタイルにモディファイされた車両のご紹介になります。

それでは、スペインにファクトリーを構える「Nitrocycles」が手がけた、アグレッシブな作品をご覧ください!

 

当時、スズキのテクノロジーが詰め込まれたバイク

※写真は日本発売モデルの「GSX750E」

GSX750ESは1983年に海外で発売されたハーフカウルモデル(日本ではGSX750Eとして発売※)、TSCC(2渦流燃焼室)を採用した、軽量でコンパクトな空冷4サイクル直列4気筒 エンジンを搭載。当時のレースシーンで培われた経験をもとに、ダブルクレードルフレームやフルフローターサスペンション、16インチフロントホイールが採用されています。

また、GPマシンの「RGB500(ワークスマシン)」からフィードバックした、世界初となるANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ機構式フロントフォーク)を取り入れるなど、スズキのアドバンステクノロジーが注ぎ込まれた渾身の一台になります。

※海外で発売された”ネイキッド”モデルは「GSX750E」。日本では未発売

 

シンプルなネオカフェスタイルへとアップデート

軽量化に注力したとされるGSX750ESですが、フロントハーフカウルをはじめ、シート下のスカチューンやリアカウル一体型のシート等を取り外し、さらなる軽量化が図られています。エンジン自体も軽量設計なので、取り回しも楽々行えそうですね!

タンクから一直線に伸びる、疾走感のあるホリゾンタルラインがたまらなく格好いいですね!ちなみに、レザーシートはワンオフによるもので、カラーテーマのブラック×レッドに沿って、こちらも赤いステッチでダイヤモンドパターンがあしらわれています。ドリルド加工が施されたステーによって、延長取り付けされたナンバープレートの造りもユニークですね。

 

純正のアップハンドルからセパハンに交換し、バーエンドミラーを配置。メーターも小ぶりなタイプに換装することで、ハンドル周りがシンプルに仕上がっています。

 

純正キャブレターに付いていたエアクリーナーボックスを取り除き、空気流量アップや性能向上が期待できるコニカルフィルターが取り付けられています。少し分かりにくいかもしれませんが、キャブレター下部にキーシリンダーが移設されています。カスタムでは定番の手法ですが見事にハマっていますね。

 

前後のホイールはホンダ・CBX750の純正ホイールを流用し、無骨なNGブレーキディスク製のディスクローターと、”バッテンキャリパー”によってビンテージルックをとどめています。そして、ひょっこりと顔をのぞかせているサイレンサーは、4-1エキゾーストパイプを介してmivvのダブルガンを装着したもの。コニカルフィルターも相まって、スポーティーなサウンドを響かせることでしょう。

 

GSX750Eはカスタムベースに最適!

今でこそ、なかなかお目にかかる機会のないGSX750ES(日本ではGSX750E)ですが、現在の中古相場だと100万円前後で購入することができます。約40年前のバイクなので、もしも不動車状態からフルレストアするとなると大枚を叩きそうですね…ここは思い切って、今風のカスタムにトライしてみても良いのではないでしょうか?

Nitrocycles

公式サイト

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。

Check the 中古車相場!

GSX750Eの中古車相場

GSX750Eの中古車相場をみる

GooBike GSX750Eの現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る
BBB GSX750Eの現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る
バイク王ダイレクト GSX750Eの現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る