fbpx

イギリスの名門、ノートン復活!650ccのスクランブラー 「アトラス」が受注間近

イギリスのモーターサイクルメーカーといえば、トライアンフが孤軍奮闘している現在ですが……もう一つの老舗「ノートン」も忘れてはいけません。かつてはトライアンフに劣らないどころか、ロードレースの世界では独自の地位を築いていたほどでした。

 

イギリスの老舗ノートンは魅力満載だったが……

多くの読者さんが知るノートンといえば、ご覧の「Commando 50th Anniversary Limited Edition」だったり……あるいは、その高額に過ぎた開発費が破産の原因を招いたともいわれる「V4RR」かもしれません。

 

そもそものノートンは1898年の創立。質実剛健なモノづくりに定評があり、単気筒レーサーの「マンクス」は世界GPを戦うプライベーターの伴侶であり続け、またハンドリングや防振効果の高いダブルクレイドルフレーム(フェザーベッドフレーム)にも定評がありました。

その後、1990年代に生産を中止してしまいましたが、イギリス人の実業家、スチュアート・ガーナー氏がブランドを購入。以降、上掲モデル等を発売あるいは開発して、老舗復活を印象付けていました。が、2020年初頭にあえなく倒産というのが、ここまでの流れでした。

 

ノートンは何度でも蘇る!アトラスの受注開始!!

そうして再び活動が停止してしまったノートンですが……なんと、いつの間にやら復活していました! 本国の公式ウェブサイトも再び動き出しておりまして、そこには……

 

「次の100年へ……」との力強いコピーが掲出されているではありませんか!公式ブログによりますと、ノートンはTVS Motorの一員として復活を遂げるそうです。「TVS Motorsってなに?」って方もいらっしゃると思いますが、世界第三位の生産台数を誇るインドメーカーです。

BMWモトラッドの310ccモデルをOEMで生産しているといえば、その実力のほどをご理解いただけることでしょう。

 

そして今般、同社フェイスブックページにて、ご覧の「アトラス」のオーダー受付が近いことと、「V4RR」を2021年に市販予定であることが、相次いで発表されたのであります!今度は裕福なインド人経営ですから、きっと大丈夫でしょう。コレは久し振りの朗報。期待して待ちましょう!

Norton Mortorcycles

公式サイト

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。