バイクを反対されている男性必見!円満に納得してもらう方法とは

ヤマハの調査によると500人のうち150人はバイクに乗りたい、憧れていると判明していますが家庭の事情などで反対され乗れない人も多いのが現実です。

 

もし、あなたが今誰かから反対されているのであれば、ケンカをせず相手に納得してもらいバイクに乗れるようになりたいですよね。

今回の記事ではバイクを反対している人を説得する方法を中心に解説をしていきます。

 

バイク反対派を説得するには

話し合い

バイクを反対されている人はなにも今から乗りはじめようとしている人だけでなく、すでに乗っているけれど周囲に反対されているというケースも少なくありません。

 

後者の場合、普段からバイクに乗ることに不満を持っていたけれどなかなか言い出す機会がなく時間が経ってから伝えてくるため、問題は根深いこともあるのです。

反対派とケンカをせずに説得するには、相手の立場によっても説得方法が変わるため今回はふたつのパターンに分けて解説いたします。

 

妻(彼女)に反対されている場合

カップル

あなたが結婚をしてから乗りたいと言い出した場合、バイクは邪魔になるから反対と考えられてしまうことがあげられます。

ホンダのモンキーなどの原付であればコンパクトなのでそこまでスペースを取りませんが、中型や大型バイクになると四輪車一台分の駐車スペースがないとぶつかる危険もあり、妻としては移動の度にストレスになります。

 

もしバイクは邪魔だからイヤと言われているのであれば、自宅の敷地内ではなくお住まいの近くにある駐車場を借りるといいでしょう。

自宅内の駐車場でなければ妻の邪魔にもなりませんし、妻の視界からバイクの存在を消せるので文句を言われるリスクも減らせます。

 

ただ、駐車場を借りるにしても月額費用がかかりますが、このとき家計費から駐車場代をねだるのは逆効果になりますので月々の駐車料金はすべてあなたのお小遣いから捻出するようにしましょう。

 

親に反対されている場合

親のイメージ

あなたがもし学生であれば親と同居していることが大半でしょうし、バイクが欲しいといっても親の多くは反対します。

親がなぜ反対するのかというと、やはりさまざまな費用面がネックになっているためでしょう。

 

バイクに乗るにしても車両購入費用は大きいですし、免許取得のためにも費用がかかるためバイクに理解がないととてもじゃないですが全面的に出資してくれる可能性はありません。

 

もし「お金がかかるからダメ」と反対されているならば、親を頼らずに自分のお小遣いだけですべてまかなうと言うのがベストです。

このとき、お小遣いの前借りやお小遣いアップを交渉するのは「ほらやっぱり結局足りないんじゃん」と言われてしまうのでお小遣い関係を交渉するのは避けるべきでしょう。

 

なぜバイクを反対されているのかが重要

悩む

相手の心情を理解しておかないとバイク反対派を円満に説得することは難しいです。

パターンごとに説得方法を掲載しましたがあくまで一例に過ぎず、反対している理由は人によって異なるため、その人がどうしてバイクを反対しているのか根本的な理由を理解したうえで説得しなければ意味がありません。

 

バイクに反対する人の多くは以下のような理由が根底にあって反対していることが多いのです。

 

危ないから

事故したバイク

バイクは危ない乗り物であるというイメージがあり、バイク反対派はあなたにわざわざ危険な乗り物に乗って欲しくないと思っているでしょう。

現役ライダーですら危ない乗り物だと感じることが度々あり、危険な乗り物のイメージを払拭することは困難です。

 

歩いていても突然暴走車両が突っ込んできて事故に遭う時代だと言えば納得する人も多少はいらっしゃるでしょうが、それでもバイクに危険性はないと説得することは難しいでしょう。

 

もしあなたが気持ちが許すのであれば、より安全性の高い三輪バイク(トライク)を提案してみて危険性を下げられることを説明してみるのがおすすめです。

トライクは見た目こそバイクに近いですが、ハンドル操作で運転するため転倒やスピンのリスクが少ないため反対派の気持ちにも配慮することができます。

 

音がうるさいから

耳をふさぐ女性

バイクに関心がない人からするとあなたが思っている以上にバイクが発する音はうるさく感じています。

バイク好きの中には「このエンジン音がいいんだよね」と思っている人もいらっしゃるくらいですが、素人からするとただの爆音にしか聞こえず不快に感じていることが多いのです。

 

さらに集合住宅や住宅地にお住まいですと近隣とのお付き合いもあり、騒音の苦情が妻や親にもいくのでストレスに感じバイクを余計に悪者にみてしまいます。

 

音が出ないバイクなんてないだろ!と思われるかもしれませんが、近年では電動バイクという静音性の高いバイクも開発・販売がスタートしていますから、ハーレーのライブワイヤーなどの電動バイクを反対派に提案して説得してみるのもいいでしょう。

 

まとめ

バイクを反対する人の大半はお金や置き場所、また危険性があることから反対しています。

しかし反対する人の気持ちもわからなくないですが、それでもバイクに乗りたいと思ってしまうのがバイクの魅力でもあります。

 

反対を押し切ってバイクに乗りはじめるといざこざの原因にもなりますから、今回ご紹介したテクニックや説得方法をもとにしっかりと話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

参考-画像AC