fbpx
コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

“ファットバイク”という乗り物をご存知でしょうか?自転車好きの方ならご存知かと思いますが……

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

ここ数年人気を集めている、MTBシャシーに極太タイヤを装着した新しいタイプの自転車です。

そんなファットバイクに着想を得た面白い電動スクーターをご紹介いたしましょう!

 

「Phat Scooter」はブッ太いタイヤが特徴!

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

それが今回ご紹介する電動スクーター「Phat Scooter」。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

その最大の特徴は、ご覧のとおり、ブッ太い前後タイヤ!そのサイズは前後ともに18×9.5!久しぶりに見るバルーンタイヤ装着モデルです。

メーカーが自称するところ「プレミアムな油圧式フォーク」を装備しており、そのライディングはスムーズであります。

ブレーキは油圧ディスク(シングル)を装備しています。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

フレームはスチール製のアンダーボーン形式ですが、電装系は左右アンダーボーン間に隠すように収納されており、バッテリーは足を乗せる付近に搭載されています。

ちなみにバッテリーはリチウムイオンで、電圧72V、容量12AHと、まずまず。フル充電に掛かる時間は4~6時間です。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

1,200Wのインホイールモーターを後輪に搭載しています。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

ご覧のとおり、リアも油圧ディスクブレーキを装備しており、生意気にもABSすら標準装備しています!なかなかの充実振りと言えます。

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

電動スクーターでは良くありますが、本モデルも3モードからライディングモード選択が可能とされています。8mphのビーチモード、13mphのゴルフモード、そして20mphのバイクモードです。

ヘッドライトナセル上には、バッテリ容量のみでなく、このモードを示すインディケーターが搭載されています。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

ヘッドライトはもちろんLED。ハンドルバーはご覧の大アップハンドル!

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!
コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

このように、前後の極太タイヤ以外は、割と普通な電動スクーターである「Phat Scooter」ですが……

 

ラインアップも充実!

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

ここに掲載したようなベーシックカラーのみならず……

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

こうしたカスタムペイントが施された前後フェンダーも用意されており、なかなかに充実したラインアップを誇ります。

 

コレはアリなのか!? ファットタイヤの電動スクーター「Phat Scooter」が気になる!

いかがでしたでしょうか?前後バルーンタイヤを装備した電動スクーター「Phat Scooter」。

お値段ですが、なんと、わずか$1,699。日本円にして20万円弱!こんなお値段なら1台、なんて思ってしまいますね。

Writer: Reggy

Keyword

Pickup

注目の記事