レンタルバイクのメリットとデメリットって結局なに?

バイクに乗りたいけど、バイクを所有するのは何かとお金がかかる。バイクを購入するのにローンを組んで、保険料、税金、維持費などを考えると結構な額がかかってきます。

そこで注目されたのが「レンタルバイク」です。維持費や税金もかからず乗りたい時に乗れる。これは便利だけど、事故をした時の保証や、レンタルの料金など不安な面もありますよね。

今回は、レンタルバイク未経験のライダーにも分かりやすく、レンタルバイクのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

 

レンタルバイクを借りるまでの流れ

レンタカーを借りた事がある人なら分かると思いますが、要領はレンタカーとだいたい同じです。ネットから希望の車種と日時などを選択し、当日に店舗へ行き手続きをする。

レンタカー比べて圧倒的に店舗数は少ないですが、北海道などは空港の近くに店舗があったりしますので、旅行先などでもレンタルバイクを借りる事ができますね。

また、ネットから申し込む際は店舗によっても違いますが補償のプランやヘルメットのレンタルの有無なども申し込む事ができます。

 

レンタルバイクのメリットとは?

やはり、色々なバイクに乗れるという事。ずっと憧れていたあのバイク。最新式のバイク。今まではオフロードしか乗った事がなかったけど、オンロードにも乗ってみたいなど。

自分で所有するとなれば、最新式が発売されるたびに乗り換えるなんて事は現実的ではありませんよね。

また、このバイクを購入しようと思っているけど、自分に合っているのか乗ってみたいなんて時にもレンタルバイクは便利ですよね。試し乗りをしておけば、後で後悔もしないで済みます。

 

そしてメンテナンスなどを自分でしなくても良いというメリット。これに関しては、デメリットだと思うライダーもいるかと思いますが、ここはメンテナンスが苦手なライダーのメリットとして考えて下さい。

自分のバイクだと、メンテナンスは自分でするかショップやディーラーに任せるのが一般的。自分でやる技術や知識もないから、ショップに任せたいけど工賃もバカにならないな。と思うライダーにレンタルバイクはおすすめ。

難しいメンテナンスはしなくても返却できちゃいます。もちろん借りる時にはバッチリ整備済みなので安心して乗る事ができますね。

 

そして、北海道や沖縄などバイクの輸送が大変な旅行先でもレンタルバイクなら手軽にバイクを楽しむ事ができます。フェリーにバイクを搭載するのは、かなりのコストと時間がかかります。

レンタルバイクなら、飛行機で現地に行き、バイクを借りて手軽にツーリングを楽しむ事ができます。LCC航空で安く行って、お金と時間を有効に使っちゃいましょう。

夢の北海道ツーリングや沖縄ツーリングをお得に楽しめるかもしれません。

 

レンタルバイクのデメリットとは?

レンタルバイクのデメリットは、やはり料金が高いという事。250ccのバイクを24時間レンタルして1万円弱くらいです。大型バイクなどは、料金も高額になってきます。

そして、転倒すると修理代金を請求されます。もちろん立ちゴケもです。駐輪しておいて、第三者にぶつけられてバイクをキズつけてしまった場合も弁償という形になってしまいます。

もうひとつは、厳しい時間制限があるとう事。これはレンタカーでも同じですが、レンタルで借りているので時間内に返却するのは当たり前です。お店の方にも迷惑をかけてしまうので、これは絶対に守らないといけません。

 

最後に

ライダーひとりひとりが様々な形でバイクを楽しめるよう、選択肢が広がったのがレンタルバイクではないでしょうか。それぞれのライフワークに合ったバイクをの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。