fbpx
おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!

ぱっと見は、カワサキの旧車。往年の名車「KZ1000」に似ている。が、エンジンをよく見てみると…ショ、ショベル!

 

その名も「Shovelhead KZ(ショベルヘッドKZ)」

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!

 

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!

そう、実はこのバイク、ハーレーダビッドソンがかつて採用していたエンジン、ショベルヘッドを搭載した1979年式FLなのだ。その名もずばり「Shovelhead KZ(ショベルヘッドKZ)」。アメリカ・カリフォルニアのビルダーNoise Cycles(ノイズ・サイクル)が製作したこのバイクは、アメリカンモーターサイクルの代名詞ハーレーを、日本が誇るスポーツバイクにカスタムしちゃったわけ。

ご存じの方も多いと思うが、ショベルヘッドは、ハーレーOHVの第三世代となるエンジンで、1957年から1984年のエボリューション投入まで使われたものだ。その美しい造形は未だに人気で、搭載されたモデルは世界中に多くのファンがいる。

 

各部に日本車用パーツを投入

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!
それをKZ風にカスタム…でも、けっこう似合っているのが意外だ。搭載しているパーツには、各部に日本車用を投入している。ヤマハRD350用フューエルタンク、カワサキ製ヘッドライト、オリジナルのリヤカウル内に装備したテールライトはホンダ製、フロント18インチホイールはホンダ・ゴールドウイング用を流用などなど。ちなみに、リヤのディッシュホイールは、ハーレー用だ。

 

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!
それ以外のカスタムは、マフラーがNoise cyclesオリジナル。Billtwell製スロットルやワンオフのハンドルなども装着。ボディやタンクのカラーは、カスタムペインターのMatt Ross Customが担当。飽きが来ない、ブラック&ゴールドの色合いも、このバイクに絶妙にマッチしている。

 

おっ!カワサキKZ1000?いえ、実はハーレー・ショベルヘッドなんです!

ショベルヘッドの意外なカスタム手法でありながら、やりきっているためか、かなりカッコイイ1台。

さすが、自由な発想が得意なアメリカのビルダー。目からウロコだ。

 

参考 – Noise Cycles’ Harley Shovelhead Drips With 70s Style(BIKEEXIF)

Writer: 平塚直樹

Keyword

Pickup

注目の記事