バイクに乗らない人が「これだからバイクは…」と思ってしまう3つの瞬間

バイクに乗らない人達からは割と迷惑がられているバイク。それは、イメージというのがとても大きいと思うのですが、ある一部のライダーの姿や行いで、そのイメージがさらに悪くなっている事があります。

そのイメージダウンの行いとは?アナタは大丈夫?バイクに乗らない人から嫌われる行いを3つ紹介!

 

コミネマン

Promotion KOMINEより

コミネマンをご存知でしょうか。コミネマンを知らない人のために、コミネマンとは何かから説明をしましょう。東京の下町葛飾区に本社を構える老舗オートバイメーカー「コミネ」

その製品は安くて頑丈!安全!しかし少々ダサいのです。デザインさえ気にしなければ、安くて良い製品を安全に使えるというので、愛用者も多いのです。そのコミネ製品で全身を固めたライダーをコミネマンと呼びます。

 

バイクに乗らない人から見ると、それはもうダサいのです。そして暑苦しい。

バイクに乗らない人は、たぶん安全性についてはあまり理解できないと思うので、やはり見た目で判断してしまうでしょう。バイクに乗って走行している時にコミネマンでも特に何も思わないと思います。

 

バイクを降りた時に、お店やレストランなのでコミネマンの状態でいると、ちょっとイヤな顔をされてしまうかもしれません。バイク乗り以外の人が多くいる場所では、周りに少し気を使えるとバイクのイメージアップになるかもしれませんね。

しかし、走行中のコミネマンはバイク乗りからすると、とっても好印象です!安くて安全!これに勝るものなし!

 

低速や立ち上がりでの排気音アピ

バイク乗りっていう人種は、だいたいが自分の事(乗っているバイク)をカッコいいと思っていると思います。ですから、皆に見て欲しいと思う物。

見て見て!アピールと言えば、やはり音。サーキット走行のようにイイ音を出せば、きっとみんな振り向くよね。なんて信号待ちから、ローギアで引っ張ってアピールしてみたり。いまのオレカッコよくね?

 

いやいや。バイクに乗らない人からすると迷惑の他、何ものでもありません。ただただうるさいだけ。信号待ちをしている歩行者なんて、迷惑そうな顔しかしていないはずです。せっかく寝たベビーカーの赤ちゃんが、その排気音に驚き起きてしまったら。ママは怒り「これだからバイクは……」となってしまう訳です。

 

わかります。自分の自慢のバイクの立ち上がりの排気音、いいですよね。バイク乗りからすると、その排気音「悪くないね」なんて思ったりする事もあるんです。しかし、バイクに乗らない人からすると迷惑になってしまうので、サーキットなどで思い切り楽しむのが良いと思います。

 

団体ツーリングでの態度(気が大きくなり、ほかのライダーや車に対して横柄になる)

団体というだけで若干迷惑なのに、そこに1人あたり1台のバイクがついてくるのです。SAなどでは長時間居座り、少人数のライダーに対して横柄な態度を取ったり、駐輪場を占領したり。ひどい時には障害者用のパーキングスペースに平気で駐車したりするライダーの姿も。ソロツーリングだったら、きっとそんな事はしないのでは?と思うのですが、人数が多くて気が大きくなってしまうのか、意外にも存在しています。

 

コンビニなどで集合をしてから出発をしたりする団体も多く、コンビニの駐車場を占領。駐車場でタバコを吸ったり、コーヒーを飲んで談笑していたりする集団ライダーは、バイクに乗らない人からすると、あまりキレイには見えませんし、女性からするとやはり怖いイメージがありますよね。

また、走行中にも何故か全員を合流させたいのか、強引に車線を抑えたりするので車のドライバーからも迷惑がられる始末です。

 

集結するのはあくまで集会が認められている場所だけにしましょう。TPOさえ間違わなければみんな一緒に過ごすことは何の問題もないのですから。

 

最後に

一部のマナーが悪いバイク乗りにより、バイク乗り全体が「迷惑民族」のように捉えられてしまっている悲しい世の中になりつつあります。若者のバイク離れの要因にもなっているのかなという思いもあります。

コミネマンのような、マナーではどうしようもない事もありますが、ジェントルマンなバイク乗りの皆さん!今回の記事で取り上げたような横柄な事はしないでくださいね!