fbpx

このオシャレなレーサー風バイクはどこの!? ベースはホンダ「CX500」…え、聞いたことないぞ!

みなさんはホンダの「CX500」と言う車両はご存知でしょうか?ホンダ好きや勘のいい方ならすぐ気づくかと思いますが、海外向けの輸出仕様車で、日本で言うところのGL500になります。これならご存知の方も多いかもしれません。

そして、CX500を劇的に変化させたバイクショップは、本サイトで何度か紹介している海外の「Sur Les Chapeaux De Roues」になります。

 

HONDA CX500(GL500)

Sur Les Chapeaux De RouesのビルダーManuel氏が手がけたカスタムマシンを見る前に、まずはベースとなっているCX500の説明から足速に参りましょう!

 

HONDA「GL500」日本国内仕様

遠乗りとスポーティ走行の2つの性格を併せ持つバイクとして1977年に登場し、日本では「ホンダ ウイング(GL500)」と言う名前で発売された、水冷4ストロークV型2気筒エンジンのモデルです。

発売当時よりマニアックなファンからの人気が高く、現在はヨーロッパを中心にカスタムベース車として再び注目を集めています。

 

カスタムレーサースタイルへと昇華

みな様お待ちかね!こちらがSur Les Chapeaux De Rouesが制作した、カスタムレーサースタイルのCX500になります。元のノーマル画像と比べると、まったくもって別のバイクと言えましょう。

野暮ったい純正パーツを取っ払い、スタイリッシュかつ今風なカスタムが落とし込まれていて、非常にカッコいいですね!

ショックをリジッドに換装することで車体が低くなっていますが、お察しの通り、見た目は良いですが乗り心地は言わずもがなで……。

 

カスタムポイント

この写真では分かりにくいですが、ハンドルは下向きに取り付けることで、ボードトラックレーサー的なポジショニングとなっています。ちなみに、マスタシリンダーはスパーモトなどでお馴染みのBeringerに換装。

また、レーシーなバランスを保つためフォークを8cm短くし、バランス良くまとめ上げられています。

 

タンクにデカデカと書かれている「SLCDR」の文字は、ショップ名”Sur Les Chapeaux De Roues”の頭文字を象ったもの。

 

また、タンクのあちらこちらには、ショップのロゴやアイコンなどが落とし込まれており、ビンテージタトゥーフラッシュのようなポップな雰囲気に仕上がっています。

マシンカスタムの方向性とペイントのアートワークが絶妙にマッチしているのは、ビルダーManuel氏の類稀なるバランス感覚によるものと言えます。

 

この手のカスタムでは珍しいショートタイプのワンオフマフラーは、歯切れの良いサウンドを響かせ、行き交う人々を魅了してくれることでしょう。

エンドの形状やボルトがあることから、サイレンサーがきちんと入っていることが伺えます。

 

キーシリンダーはキャブレター上の目立たない位置に移設してあります。ありきたりかもしれませんが、個人的にエアクリーナーはスポンジではなく、ファンネルかパワーフィルターあたりの方が見栄えが良い気がしますが、これも個性ということで……。

 

街中でも映えるデザイン

エンジン周りに全てを集約することで、シート下をすっきりと見せつつ、全体的にバランスがとれた見事な1台ですね。色の使い方やデザインが今流行りのビンテージスケート風となっており、街乗りで映えること間違いなし!

いつかこんなバイクで海岸沿いをまったりクルージングしたいものですね!

Sur Les Chapeaux De Roues

公式サイト

GEORGI

10年間バイク業界に携わっています。ビンテージバイク好きで、ナックル2台、パンヘッド1台、ショベルを3台所有。辛口な記事を書いていきたいと思います!