「この先ネズミ捕り!」知っておくと役に立つネズミ捕りの予兆

本来であればもう少し速い流れでも良さそうな、郊外の登り基調の幹線路。

幹線路とはいえど黄色いセンターラインのブラインドコーナー続きで、ずっと制限速度に届かない大型車に蓋をされる格好でノロノロと登っていく。

 

そこに視界が開けるとともに、拡幅されて登坂車線を備えた直線路が現れ、前方オールクリア。

これ幸いとばかりに、登坂車線に移る大型車を躱しながらアクセルを開けようとしたところ、たまたますれ違った対向車がパシパシとパッシング。

 

さあ、どうする?

念のため蓋になっていた大型車のみを速やかにクリアして即、後続に譲るため登坂車線に移り制限速度キープ。

 

今まで相当フラストレーション溜まっていたのか、前方が詰んでいるのは明白にも関わらず煽り気味に追随していた後続車は、これみよがしの素ん晴らしい加速で走行車線をブッ飛んでいく……

 

昔はもっと多かった?

上は完全に適当な創作ですが、結構多いケースではないでしょうか。

その後、ブッ飛んでいった後続車は、ホイッスルの奏でるファンファーレとともに赤い旗で歓迎され、変に丁寧な物腰でサインを求められながら赤なら1枚青なら5枚とかの映画のチケットを買わされたりするわけです。

 

幼少のころは助手席に座るのが好きで、対向車がパッシングしてくるのをよく見かけていました。

それにパッシングを返して軽く片手をあげる親父。

何やってんだという問いに、もっと簡単な言葉だったはずながら、互助の精神のようなものを語っていたような覚えがあります。(それに加えてこんな嫌らしいところで、点数稼ぎのためだけに張りやがってという愚痴)

あらためて思い返してみると、最近の道路上ではあまり見かけなくなったやりとりかもしれません。

 

そういったものがめっきり減ってしまったのは、レーダー / 取締無線探知機や取締ポイント表示もできるナビの普及や、ホーンやパッシングを威嚇・威圧行為と受け取って突っかかってくるようなキ印が増えたせいもあっての、それぞれの自衛の重視とともに互助すべき範囲が狭まってきたからでしょうか。

 

具体的なサイン

具体的なサインとして、すれ違う前にパッシングを2~3度というのがよくあるパターンですが、対向車が二輪の場合はパッシングではなくハンドサインでということもあります。(昼間常時点灯の場合、パッシングしてもわかりにくいであろうことにまで配慮して!?)

運転中に手のひらを地面に向けて上下に振る…… サインを送られれば、よほど勘の悪い人でも一般的には「スローダウン!」「抑えて!」として解釈できるでしょう。

運転している最中にそういったサインを向けられて、漠然となんでドリブル?とかヒゲダンスか?(古!)としか連想できない人は、歌舞伎や日本舞踊をがっつり研究したり、自ら創作ダンスをやってみると良いかもしれません。

 

注意すべきなのは、これらのパッシングやサインは必ずしも「この先取締あり」だけを指しているわけではないということです。

様々な交通状況や路面状況を鑑みての「この先走行注意、速度落とせ」にまで拡大解釈して行動するのが賢明です。

 

なお、手のひらを上に向けて同じ動作をすると「速度を上げる、上げろ」という逆の意味となります。

対向車からのサインとしては使われることはないでしょうが、ツーリング中に後続への意思表示として使われたりします。

 

取締の妨害は違法?

ところで対向車に取締の存在を知らせて、検挙を妨害することは違法になるのでしょうか?

公務執行妨害罪(刑法95条1項)という法がありますが、あくまで「暴行又は脅迫」によっての妨害と定義されていますので、これにはあたりません

パッシングをあまりに濫用してしまうと、道路交通法のどれかに引っかかりそうな気もしますが、すれ違いにパシパシ程度で濫用とまではいえず、警察もこれを咎めてわざわざ追尾検挙することはないはずです。

 

ネズミ捕りする場所はあらかじめ公開される!?

そもそもネズミ捕り(速度違反取締り)そのものが、本来は違反の抑制効果を狙って行われるべきものであり、そのため基本的にはいつどこでやるかというのは、必ず該当地域管轄署のWebページ等で事前に公表されています。

対向車に対してのパッシングで取締があることを伝えるのは「交通違反に対する注意喚起」に民間協力として感謝されてもいいくらいです。

 

具体的な地点や隠れ方までは公表されず口コミに頼るしかない、白バイが物陰に隠れているのを見つけた方は、私にだけでも結構ですので是非パッシングお願いします。

 

ただし、「交通違反に対する注意喚起」として取締の有無に関わらず自分の判断で濫用してしまうと、そのうちに「狼がきたぞー!」のような結末になりかねませんので、くれぐれもおかしな正義感は発揮しないようにしましょう

あくまで互助の精神ですぞ。

 

参考ーflickr,Photo-AC, YouTube「危機一髪!かろうじで事故回避」