手巻きレザーのハンドルがチャーミングなMOTO GUZZIカフェレーサー!

モト・グッチのルマンシリーズのバイクとして知られるLe Mans、これをベース車両として、カスタムバイクショップのTaverne Motorcycleが独自のカスタムバイクを製作しました。カフェレーサー仕様のこのバイク、詳しく見ていきましょう。

 

これぞカフェレーサーと言わんばかりのカラーリング

これがTaverne Motorcycleによって製作されたLe Mansのカスタムバイクです。バイクのフォルムと全体の色具合を見ただけでわかる通り、カフェレーサーらしさ満載のカスタムバイクとなっています。

 

後方側面から見るとこの通り。リアテール部分がショート化され、極限まで無駄をなくしているようにも見えれば剥き出しのタイヤで存在感をたっぷりと出しているようにも見えます。

フロントフォークステムのトップから始まり、燃料タンク・サドル・リアタイヤというように段階的に下がっていくような市販車バイクになかなか見られないフォルムは、カスタムバイク特有のものと言って良いでしょう。

 

真後ろから見るとこのようなデザインとなっています。左側サスペンションにナンバープレートとテールランプを装着するような形式が取られ、オフセットで非対称的なところがカスタムバイクらしいです。

 

バランスの良い形をしたアルミタンク

燃料タンクは側面中央部分が膨らんだ縦長の形状です。直感に訴えるバランスの良い形をしています。アルミタンク特有の少し粗めな感じが、イイ感じにラフでストリートな雰囲気を醸し出しています。この写真はサドルに座っている状態に近い写真で、アルミタンク下方に湧き出るかの如く顔を覗かしているV型エンジンと燃料タンクのコントラストが印象的です。

 

サドルにはTaverne Motorcycleが製作したオリジナルのサドルを採用しています。ブラウンカラーでレザーらしさ満載、渋い感じが魅力的です。

 

ブレーキディスクにはGSX-Rのものを採用

このカスタムバイク、ブレーキディスクにはスズキ GSX-Rのものを、フロントフォークには倒立式が採用されています。

 

フロントフェンダーのブラケット部分の写真。さりげないところに溶接痕のあるこの感じ、カスタムバイクらしさ全開です。

 

フロントフェンダーは純正フェンダーよりも短いものが取り付けられています。

 

ここでカスタムバイク製作中の写真をいくつかピックアップ。フロントフォークやホイールなどが取り外された状態はなかなか目にすることがないので、興味深い写真ではないでしょうか。加えて、背景に写っている棚には各種パーツなどが整理・整頓されているところは、2Sが徹底されていて好印象です。

 

精巧に製作されたハンドルまわり

ハンドル周りは精巧具合がさらによく目立っています。メーター類はスピードメーター1つのみの採用です。ステムナットなどとの配置関係も対称的で、絶妙な均衡が取られています。

 

 

ブレーキレバーとシフトレバーはどちらもアコサット製のものを採用、イタリアの国旗カラーのロゴが入っているところがさりげなくオシャレです。レザー巻きハンドルグリップ先端にはバーエンドタイプのサイドミラーが取り付けられています。

 

そうだ、モトグッチに乗ろう

世界中のカスタムバイクショップから人気の高いメーカーであるモトグッチ、バイクの中では立派な高級メーカーのひとつということもあり日本ではなかなか手をつけにくいと思ってしまうかもしれませんが、少しでも乗ってみたいと感じたのであれば候補車のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

Taverne Motorcycle 

Chateauneuf-les-Martigues, France

公式ページ

Facebook

Instagram