【カスタム】カフェレーサーとオフロードを融合させてみた結果が面白すぎる

ASK.motorcycle Half250

昔から、オンロードとオフロードを組み合わせた「デュアルパーパス」というスタイルがありますが、ではカフェレーサーとオフロードをミックスしたらどうなるでしょう?

そんな発想から生まれたのがここで紹介する「THE half250」。オフロード車のワイルドさとカフェレーサー特有のスタイリッシュさがミックスした、新感覚のカスタムバイクです。

 

ASK.motorcycle Half250

 

自衛隊も採用したオフ車がベース

ASK.motorcycle Half250

製作したのは、神奈川県藤沢市を拠点とする「ASK.MOTORCYCLE(アスクモーターサイクル)」。国産バイクはもちろん、ハーレーや英国車など、幅広い車種のカスタムを独自の感性で手掛け、国内だけでなく海外にもファンが多い新進気鋭のカスタムバイクショップです。

 

ホンダ XLR250R

ホンダ「XLR250R」(1986)

ベースとなったバイクは、ホンダが1986年に発売した「XLR250R」。当時、ホンダが世界中のラリーで培った技術を活かして製作したオフロードモデルで、最高出力28psを発揮する空冷4サイクル単気筒を搭載。
車体には、軽量・高剛性のセミダブルクレードルフレームやスリムな形状の燃料タンクなどを採用。徹底した軽量化により乾燥重量111Kg(車両重量121Kg)を達成するなどで、優れたオフロード走行性能を持つバイクでした。

実は、筆者もこのバイクを所有していたことがあるのですが、とにかく低・中速トルクがとても太かったのが印象的。そのため、街乗りの信号ダッシュなどでも加速が鋭く、高回転域も気持ち良く伸びるため、ストリートでもストレスなく乗れるモデルでした。

さらに、このバイクはオフロードでラフな走りをして転倒してもビクともしない、極めて頑丈な車体を持っていたのもポイント。その信頼性の高さから、当時は陸上自衛隊の偵察用バイクにも使われていたほどです。

 

車名の由来は「カフェとオフの半分」

そんなホンダの古いオフロード車「XLR250R」をベースに、前述の通り、カフェレーサー風のスタイルにしたのが「THE half250」。車名「half(ハーフ)」の由来は、製作したASK.MOTORCYCLEによると「カフェとオフの半分」という意味だとか。

 

その由来の通り、サスペンションやスイングアームなどの足まわりはXLR用をそのまま使用することで、このバイクの下半分はオフロード風味が満点です。ブロックパターンのタイヤが、それをさらに強調します。

一方、車体の上半分は、オリジナルのフロントカウルやセパレート式のハンドル、レーシーなシングルシートなどにより、カフェレーサー的なフォルムに変更。これらにより、全く新しいスタイルを表現しています。

 

ASK.motorcycle Half250

ツヤ消しシルバーのカウルはアルミ製で、メタルが持つ無機質なワイルドさとレトロな雰囲気を演出。元々は、角目1灯式だったヘッドライトを古いオンロードバイクに多い丸目タイプに変更したことで、ビンテージバイクのような雰囲気も醸し出しています。

なお、カウルは簡単に脱着が可能で、好みによってカウルレス仕様にすることもできます。カウルを取っても、メーターとヘッドライトの間にアルミ製カバーがあるため、配線類が見えないだけでなく、カフェレーサーっぽさが犠牲になることがないのも注目点です。

 

ASK.motorcycle Half250

 

エンジンにはレーサー用を搭載

ちょっとマニアックな話ですが、エンジンには、ベースとなったXLRとほぼ同時期に作られたXR250Rというエンデューロ競技(オフロードの長距離レース)向けレーシングマシン用を搭載。キャブレターも含め当時の純正部品を使い、フルレストアをしているそうで、オフロードバイク好きには垂涎の仕様になっているそうです。

 

ASK.motorcycle Half250

また、エンジン前方には、オリジナルのガード類なども装備することで、外観のインパクトをアップ。サスペンションなどは前述の通りXLR用のままですが、セッティングをロード寄りに変更し、オンロードでの快適な走りを実現。リヤショックのコイルスプリングにはパウダーコートも施すなどで、高級感も演出しています。

 

ASK.motorcycle Half250

ほかにも、このバイクにはメーターやウインカーなど灯火系を全てLED製に変更。後方がせり上がり、ストップランプ一体型になったオリジナルシートや、近未来的な形状の燃料タンクなどにより、現代的なアレンジも投入されています。

 

ASK.motorcycle Half250

そして、なにより驚かされるのは、これら各部品がとてもスムーズに組み合わされていること。それが、このバイクの「カフェとオフの融合」というコンセプトを分かりやすくすると共に、独創的で美しいフォルムを生み出しているのです。

ASK.MOTORCYCLE

公式サイト

平塚直樹

平塚直樹

クルマやバイクの新車やお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジー、カスタム車など幅広く記事を執筆中。バイクやクルマ系雑誌の編集者を経て、フリーライターに。愛車はCBR650R、猫好き。