fbpx

コレは見逃せない!トライアンフから普通自動二輪免許で乗れる200ccモデルの生産が間近か!?

トライアンフといえば、クラシカルな外観ながらも、最新鋭のテクノロジーを搭載した大排気量モデルが世界中で人気を博しているわけですが……なんと、普通自動二輪免許でも運転できる200cc前後の小排気量モデル(軽二輪区分)の生産が近付いているとの情報をキャッチしました。

 

現行のトライアンフは大排気量モデルが中心

現在のトライアンフのラインアップは「ボンネビル」や「スピードツイン」などのモダンクラシックセグメントに属する大排気量モデルが中心となっています。

ロードスターセグメントでは「トライデント660」や「スピードトリプル」のように現代的なモデルもありますが、それでもやはりクラシカルなイメージを連想する方も多いことでしょう。そんなトライアンフですが、実は2017年にインドの当時世界第3位のメーカー「Bajaj(バジャジ)」との協業し、小〜中排気量モデルを生産するという内容でしたね。

【速報!】トライアンフとバジャージが協業!トライアンフ中排気量モデル生産へ

 

バジャジとの協業が本格化するトライアンフ!

しかし、イギリス・インド両国ともに新型コロナウイルスによる打撃は相当大きく、協業の話題もすっかり薄れてしまいましたが、ついに200ccモデルの概要が解禁間近であるとの情報が入ってきました。

そうなると、どのようなモデルが発表されるのかが非常に気になります。BMWモトラッドは、TVS製モデルをベースとした「G310R」シリーズのセールスも堅調ですが、トライアンフも同様にバジャジ製モデルをベースに開発が進むと考えられます。

Bajaj(バジャジ)・Dominar400(ドミナール400)

そこでバジャジの公式サイトを確認したところ、400ccクラスだとこのようなモデルがラインアップされていますので、こちらをベースに「タイガー」シリーズの末弟としてアドベンチャーモデルが追加される可能性も考えられます。

Bajaj(バジャジ)・PULSAR RS200(パルサーRS200)

また、バジャジの200ccクラスではこのようなフルカウルスポーツモデルや、ストリートファイターモデルもあり、ロードスターセグメントへの投入も考えられます。これ以外にもバジャジは豊富な中〜小排気量モデルをラインアップしておりますので、何らかのバジャジが持つアセットを活用した効率的な開発となることは間違いないでしょう。

ネーミングとしては「タイガー200」や「デイトナ200」のような現行に近いモデル名が現実的かもしれませんが、モダンクラシックセグメントへの投入であれば、排気量200ccクラスのビンテージトライアンフ「T20 タイガーカブ」のオマージュとして、「CUB(カブ)」または「T20」になる可能性も捨てきれません!

はたしてトライアンフが狙う小排気量モデルは、どのセグメントへ投入されるのでしょうか。遠からぬうちにディテールが発表されるようですので、続報が入りましたらご紹介いたします!

トライアンフジャパン

公式サイト

BAJAJ

公式サイト

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。