大型でも華麗にUターンを決めたい!ポイントを徹底解説

大型バイクで一度も足を着かずに華麗にUターンを決める!バイカーなら誰でも夢見るスキルですが、実際には油断すると即転倒案件です。

なんせ車重とパワーが400ccまでのバイクとは桁違いなので、失敗した時のダメージも大きいのが辛いところ。そんなことにはならないように、うまく身につけるためのポイントを押さえておきましょう。

 

まずは足を着いて練習

初めから足を付かずに華麗にUターンを決めるだなんて、それはよほど腕に自信のあるバイカーに限っての話です。まずは両足でも片足でもいいので、足を着きながら確実にやってみましょう。

コツとしてはなるべく車体を垂直に保つことで、そうすれば万が一バランスを崩してもすぐに車体が傾くことはありません。

 

スロットルとクラッチを一定に保てるようにする

大型バイクでスムーズにUターンをするコツは、スロットルとクラッチをなるべく一定に保つことです。特にクラッチは繋がり始めで保てるようになると、万が一スロットルを大きく開けても挙動が乱れることがありません。

 

練習法としてはアイドリング状態でクラッチ操作のみで発進、そのままの状態でハンドルを最大限まで切るフルステアを維持してUターンに入る方法がおすすめです。この時、少しでもクラッチを繋ぎ過ぎていたり、スロットルを開け過ぎているとフルステアを維持することができません。

 

速度の微調整はリアブレーキを使う

Uターン中はとにかくスロットルとクラッチは固定、速度の微調整はリアブレーキを使います。大型バイクのフロントブレーキは強力なので、下手に使うとバランスを崩して転倒するリスクがあります。

フルステアを維持できない場合は速度が出過ぎているので、その時はリアブレーキを穏やかにかけて調整しましょう。なお、Uターン中は常に曲がる方向に視線を向けて、肩の力を抜いてバイクが自然に曲がる挙動を邪魔しないようにしましょう。

 

公道では路面の傾斜と幅に注意

実際に公道でUターンをする必要がある場合は、くれぐれも路面の傾斜と幅に注意しましょう。どんなにUターンに自信のあるバイカーでも、一定以上の傾斜があるとバランスを崩しますし、マシンの最小回転半径以下の幅では物理的にUターンができません。

そして何よりも大切なことは、無理だと思ったら潔く諦めましょう。その時点で足を着いたり、バイクを降りて押し歩きでUターンをすることです。

 

とにかく練習あるのみ

大型バイクでのUターンは、正直難しい部類に入るテクニックです。初めは無理をせず足を着きながら練習をして、徐々に徐々に半径を縮めていきましょう。

華麗にUターンができるその日が来ること信じて、とにかく練習あるのみです!

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。