恋人へのプレゼント!? カスタムされたKAWASAKI W650がリッチすぎる

一般的に自分が所有して乗るためにバイクを購入します、しかしUnikatが製造したこのバイクは、依頼主自身の愛するパートナーのために生み出されたカスタムです。パートナーへバイクをプレゼントすることだけでも十分かっこいいですが、さらにそれをカスタムバイクにしてしまおうというのがなおさら。そんなカスタムバイクを今回は見ていきましょう。

 

ベース車両はカワサキW650

このビッグプロジェクトにあたって選ばれたのが、カワサキW(ダブリュー)650。W650といえば50年以上の長い歴史を持つカワサキのラインアップの1つで、現行ですとW800というモデルが販売されています。

W650が選ばれた理由は曰く、「未来のオーナーを失望させることのないサウンドベース(要確認)」だったからです。

 

未来のオーナーのイメージを参考にバイクを製作

本来であればバイクのオーナーとビルダーが直接話し合って、どのようなデザイン・仕様にするのかといった方向性を決めていきます。しかしUnikat KAWASAKI W650 JOYではその方法を用いていません。依頼者のパートナーに関する様々な情報(好きなことや音楽・デザイン、仕事、生活環境etc)をビルダーが依頼者から教えてもらい、それを元に方向性を定めるというやりがいのある、また挑戦的でもある方法がとられました。

 

そのようなプロセスを経て、カフェレーサースタイルのカスタムに仕上げることとなったのです。

 

バイクをチェック

かくして製作されたUnikat KAWASAKI W650 JOY、まずパッとバイクを見て感じたのが丸みのあるカフェレーサーデザインになっているということです。カフェレーサータイプのバイクというと角ばっていたり攻めたデザインのものが多い中、Unikat KAWASAKI W650 JOYではそういったアグレッシブな雰囲気よりも柔和な雰囲気を受けます。全体のカラーリングの統一感も良い感じです。

 

丸っこいタンク形状、そしてグレードとブラックを用いたカラーリングでグレーカラーがほんのりと後方に向かって伸びているようなデザインがこの柔和なイメージに大きな影響を与えているのです。これでシートがフラットタイプだったらまた別の印象になったと思いますが、シートも丸っぽい形状をしていてタンクとの統一感も高くなっています。

 

なお、フレームは一から作り直されています。その他、タンク・シート・サスペンションに至るまで手が入っているなど、手の入れようはもちろん本格的です。それでも、、純正デザインはしっかりと残っています。

 

女子すぎない古典的なデザイン

古典的なカフェレーサースタイルを目指すと同時に、いかにも女子っぽい!というデザインにはしたくない、という考えも取り入れられています(オーナーは女性)。

 

オーナーにふさわしい良いものを存分に

随所に高級感のあるものが装着されている点も注目です。中でもハンドルグリップ周りが圧巻で、ハンドメイドのハンドルグリップメーターにスワロフスキーのクリスタルが埋め込まれている点は、見事の一言に尽きます。一瞥しただけでわかる高級感漂うスピードメーターも、存在感が強いです。

 

サイドパネルを見てみるとUnikatのロゴが彫られたオリジナルカスタムパーツが装着されています。このようにショップのオリジナルパーツが入っているところもカスタムバイクの魅力の1つと言えるでしょう。

 

全てがスペシャルなカスタムバイク

依頼主の恋人のために作られたUnikat KAWASAKI W650 JOY、依頼主やオーナーだけでなくUnikatにとっても特別な1台になることは間違いないでしょう。そのベースに日本のバイクが選ばれたところも、嬉しいところ。全てがスペシャルで唯一無二なバイクの紹介でした。