「ユニクロVSワークマン」防寒対策グッズを徹底比較してみた

冬の寒さをしのぐ防寒対策グッズのインナーアイテムとして、昔から老若男女に愛されるユニクロのヒートテック。防寒対策として便利なのに、お値段もお手頃なので、バイカーにも愛用者が多いアイテムです。

 

同じくバイカーから熱い支持を集めているのが、ワークマン。私も先日、最強防寒アイテム「イージス360°リフレクト透湿防水防寒STRONGジャケット」と、「4D防風ウォームパンツstretch」を購入したばかりです。

今回はそれぞれを着用してみて、結局どちらが防寒アイテムとして選ぶといいのか?実際に検証してみたいと思います!

 

シンプルで身に着けやすいユニクロの最強インナーアイテム

今回購入したユニクロの商品は

  • ヒートテックウルトラウォームクルーネックT 長袖・超極暖
  • ヒートテックウルトラウォームレギンス 10分丈・超極暖

の2点で合計は4378円(税込)です。

 

ヒートテックは、メンズ用品・レディース用品とカテゴリー分けされているので、男女の体型にあったサイズが販売されています!シンプルなカラーで、身につけやすいデザインが展開されているのが特徴です。

 

 

コスパよくオシャレなワークマンの最強防寒ウェア

ワークマンからは、先日別記事でご紹介した商品の

  • イージス360°リフレクト透湿防水防寒STRONGジャケット カモフラ
  • 4D防風ウォームパンツstretch BLUE ヒッコリー

の2点を購入してみました。

 

従来のワークマンのイメージである「男性向け」「作業着」といったイメージではなく、オシャレで男女ともに手に取りやすいデザインが展開されています。バイカーの防寒アイテムとしては驚きの、上下1万円以内で購入できてしまうんです!

 

比較してみると……

商品を確認したところで、早速レビューに入っていきたいと思います。まずユニクロはというと……

 

ユニクロインナーはウェアを選ぶ楽しみもある

超極暖ヒートテックといえば、「暑すぎる」なんて口コミもしばしば。実際、部屋の中で着てみるとその口コミの通り、すぐにポカポカになりました。高い保温性の確かな証拠です。

 

体にフィットするインナーアイテムなので、着膨れすることなくお気に入りの服やパンツのコーディネートができるので、冬のライディングもお洒落して楽しめそう!

ただし、いくらインナーで暖かくできてもその上に着るアイテムも大切。インナー+普段着+ライディングギアの3点セットにしておくと安心ですよ。

 

ワークマンはバイクギアとしても機能性バツグン

バイカー向けの防寒機能に優れた商品も多く展開されていて、今大注目のワークマン。今年は有名モーターサイクルジャーナリストのアンバサダーと商品開発を進めた「最強防寒」ウェアが発売されています。ユニセックス商品なので、特に女性は試着をしてサイズ感を見てみて!

 

商品の性能としては、上に着ている「イージス360°リフレクト」においては、もう完璧。風や寒さを全く感じない上に軽量で動きやすいんです。また、透湿素材でムレにくいのもサイコーです。

下に着ている「4D防風ウォームパンツstretch」は、地肌で着ると少し寒い印象がありました。なので、先に紹介したインナーパンツを着用したり、普段から履いているパンツを履いておくとちょうどいいと思います。

 

 

長所を活かせばどちらもイイ!

どちらの商品も「最強」と言われるだけあって、その防寒性は間違いないモノでした。正直、両方合わせれば最オブ高ってくらいの暖かさが体を包んでくれます。

寒さに負けず、冬でもツーリングをどんどん楽しみましょ!

ユニクロ

公式サイト

ワークマン

公式サイト

ELIS

バイク免許歴は3年と浅いが、持ち前のパワフルさで世界各地を旅する超アクティブなバイク女子。愛車はシャドウスラッシャー400とクロスカブ110。