fbpx

イギリス人がヤマハ「XSR700」をイジリ倒したらビンテージモトクロッサーが完成した!

日本ではベテランライダーにこそ高く評価されているものの、主流とは言い難いヤマハ「XSR700」。ですがヨーロッパにおいては、定評のある689ccパラツインエンジンと軽量な車体、それにリーズナブルなお値段も相まって、大人気モデルとなっております。

 

念のため「XSR700」を載せておきますが……ごくごく今風味なネオレトロのネイキッドバイクでございます。こちらをイギリスのカスタムビルダーがイジリ倒した結果が、これまたとんでもないんです!

 

XSR700がかつての名オフローダーに

それがコチラ!もはや「XSR700」の面影はどこにもなく、ビンテージなオフローダーに変身してしまっているのであります。

 

制作者は、イギリスの首都ロンドンから西へ60kmほどの街ニュートンに本拠地を置くlamb Engineering。二輪に留まらず四輪もカスタムしてしまう凄腕ビルダーですが、彼らの特徴は、クラシカルなテイストを必ず盛り込むこと。今回のカスタムバイクからも見て取れますね。

ちなみに今回モチーフとされたのは、知る人ぞ知るヤマハの名車「XT500」。後に「SR」を生むことになった単気筒のオフロードモデルです。

 

前後足回りがカスタムのハイライト!

なんと驚くことに、これほどの変身を遂げているにも関わらず、エンジンとフレーム本体はノーマルのままなのであります。

ということで、ちょっとヨーロッパ方面のヤマハカスタムに詳しい方なら想像できるように、これはYardBuilt作品なのです。

 

本車両のハイライトの一つは足回りにあります。スイングアームは一品モノで制作したもの。そこにオーリンズ製リアショック(もちろんビンテージ感のあるツイン!)が奢られています。

 

純正のフロントフォークは、自社にて設計&機械加工したカスタムメイドのトリプルクラムが保持しています。フォークそのものは「エンデューロフォークに変更した!」と語っているのですが、エンデューロフォークってなんでしょうね?

細かいことは置いといて……。、前後足回りの交換によりビンテージモトクロッサー風の出で立ちが完成しています。付け加えておきますと、ハブも1970~1980年代のヤマハ製品に変更されておりまして、ブレーキに至ってはドラムブレーキ化されています。

 

ここまで手を加える技術があるのですから、タンク&シート、前後フェンダーといった外装類のカスタムはお手のモノだったことでしょう。

 

こんなニューモデルが欲しい!

ということで今回はササっとイギリスのカスタムビルダーLamb Engineeringが制作したカスタムバイクを紹介してきました。ご覧のように、ガワをチョイチョイっと変更しただけでなく、こんな感じで実際にオフロードを楽しめてしまうのも素晴らしい!こんなニューモデルが登場しないかなぁ……なんて思ってしまった筆者です。

Lamb Engineering

Facebook

Yamaha Motor Europe

公式サイト

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。