fbpx

仕事も遊びもこれ一台!ヤマハ「シグナスX」が叶える自分色のバイクライフ

バイクは昨今、密を避けた移動手段として見直されていますが、そもそも非常に趣向性の高いモビリティであり、仕事も遊びも大切にするビジネスマンにとって、うってつけの移動手段と言えます。さらに、フロアボードがフラットなタイプの125cc(原付二種)スクーターこそが、あらゆるシチュエーションにも耐えうるポテンシャルを秘めています。

そこで今回は、フラットフロアタイプ125ccの中でも特に評価の高いスクーター、ヤマハ・シグナスXに乗る会社員のリアルな一日をストーリー形式でご紹介します。

 

7:00 – 少し早めの出発

朝7時。パソコンや仕事道具をカバンに詰め込み、いつもより少し早めの出発。

こんなとき、静粛性に優れたシグナスXならエンジン音によるご近所迷惑の心配がいらないのも気に入っているポイントです。

 

7:40 – 会社に到着

毎日の通勤時間は50分程度ですが、いつもより少し早く家を出たため、渋滞に巻き込まれることもなくスムーズに会社へ到着。

それにしても、ゴーグルとヘルメットの隙間から入ってくる風が冷たく感じる季節になりました。

 

7:45 – 荷物の出し入れもラクラク

会社のバイク駐輪場にシグナスXを停めたら、シート下トランクに入れておいた仕事道具を取り出しグローブを収納。残念ながらオフロードタイプのヘルメットはシート下トランクに入らないため、シート前側のヘルメットホルダーに引っ掛けています。

 

11:30 – ちょっと早めのランチ

本日の業務タスクが思いのほか捗り、少し早めの昼食へ。この日は会社からバイクで10分の距離にある原宿のバイカーズカフェ「LUSSO CAFE」に思いつきで出向きました。

電車+徒歩移動だったら片道でも30分以上かかりますが、機動力の高いシグナスXであれば、往復でも昼休憩の1時間以内におさまります。

 

16:00 – 仕事を切り上げ趣味の時間に充てる

フレックスの利点を最大限活かし、早めに出社したぶん早めの退社。日々のストレスから解放されるため、リフレッシュ目的でスケートボードパークへと向かいました。

 

16:20 – 職場近くにあるミヤシタパークへ

職場近くにあるミヤシタパークには十分な収容台数のバイク駐輪場があるので安心してバイクが停められます。

 

16:25 – スケートボードで仕事の疲れをリフレッシュ

スケートボードパークに到着したら、小一時間スケートボードを堪能。

仕事帰りに趣味であるスケートボードを楽しめるのは、フラットフロア&積載能力に優れたシグナスXだからこそ実現できることです。

 

17:30 – 滑り終えたらプチショッピング

スケートボードを滑り終えた後、新しいスニーカーが欲しくなり、プチショッピング。

 

18:30 – 帰路に着く

なんだか今日は気の向くままに移動しましたが、そんな衝動的な行動にも応えてくれるシティーコミューター、それがシグナスXなのです。

少し余談ですが、この日の移動にかかった費用はおそらく100円程度。こんなにコスパの良い移動手段は他にないでしょう!

 

わがままを叶えてくれる、便利でクールなスクーター

ヤマハカラーであるディープパープリッシュブルーメタリックを基調色とし、差し色のグレーのグラブバーとグラフィックがスポーティーな印象のシグナスX。

仕事も遊びもアクティブに楽しむ方におすすめのカラーリングです。

 

精悍な雰囲気のフロントフェイスと、レースマシンを思わせるテールランプのデザインも気分を上げてくれます。

 

フロントポケットには12VのDCジャックが付いているのでスマホの充電もバッチリ。また、一般的なスクーターはシート下に給油口があるケースが多いですが、このシグナスXはフロントポケット左部に給油口があります。セルフのガソリンスタンドではヘルメットやグローブをシート上に置いて給油するため、ここに給油口があるのは非常に嬉しい!

また、コンビニで買ったお弁当など、ちょっとした買い物の際に活躍するのが、中央に配されたコンビニフック

 

シート下トランクは29Lの大容量ですので、シューボックスも楽々収納できます。今回はVANSを買いましたが、例えハイカットスニーカーのシューボックスであっても余裕で入ります。

また、ショッパーもキレイに保管したい方にとってコンビニフックも重宝します。

 

125ccスクーターだからといって侮ることなかれ!

意外にも……と言ったら開発者さんに怒られるかもしれませんが、スムースかつバランスのとれたエンジンと、優れた制動力を持ち合わせるシグナスXであれば、車通りの多い都内の幹線道路でも一切ビビることはありません。

 

デザイン性の高さとカスタムの楽しさも!

もっと速い、もっと大容量、もっと安い、といったように、他のモデルと比較する際に具体的な数値で選ぶことも多いでしょうが、シグナスXが他より秀でているのは間違いなくデザイン性の高さとカスタムの可能性です。

例えば、ヘッドライトカウルのカラーをブラックにペイントし、汎用のナックルガードを付けるだけでも、”アーバンオフロードスクーター”的なグッと引き締まった印象に!

これでもハードルが高いという方には、ステッカーチューンのようなプチカスタムでも十分に個性あるカスタムが楽しめます。

デザイン性の高いシグナスXだからこそ、このように少しカスタムするだけでオリジナリティ溢れる一台に変身できる可能性を秘めているのです。

 

乗れば乗るほど楽しめる高い走行性能と、乗ったら最後、二度と手放したくないほど高い利便性を兼ね備えたシグナスXの新車販売価格は33万5,500円(税込)

シグナスXは、初めてのバイクとしてもセカンドバイクとしても本当にオススメの一台ですが、もはや、衝動買いしても後悔しないと言っても過言ではないくらいヤマハの隠れた名作なのです。

 

シグナスX

エンジン:空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

排気量:124cc

サイズ:全長1,890mm / 全幅690mm / 全高1,120mm

シート高:775mm

車両重量:119kg

燃料タンク容量:6.5L

燃費:2名乗車時43.3km/L(60km/h)

税込33万5,500円(本体価格 30万5,000円)

ヤマハ発動機 シグナスX製品ページ

公式サイト

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。