かゆいところに手が届く!KTCのフラッグシップツールセット2種が新発売

総合ハンドツールメーカー京都機械工具株式会社(KTC)が、ネプロス両開きツールセット2種を発売。2019年6月に限定発売されたネプロス25周年限定モデル「ネプロス 両開きツールセット2種」がユーザーからの支持を受け通常販売化した形です。

nepros初の両開きメタルケース採用

自動車整備における作業性にこだわった差込角9.5sq.のツールセット

 

コンパクトさと信頼性を両立する差込角6.3sq.のツールセット

 

専用色のダークチャコールパールで、天面に専用のエンブレムをセットした特別仕様

 

ネプロス専用色のダークチャコールパールで、天面に専用のエンブレムをセットした特別仕様

 

作業性にこだわったプロスペック&ベーシックモデル

「ネプロス 9.5sq.ツールセット[32点]」NTX632WZは自動車整備における作業性にこだわった差込角9.5sq.のツールセットです。ラチェットハンドルはスタンダードタイプに加え、狭小作業にも対応するコンパクトヘッドタイプもセット。また、ディープソケットは奥まった個所へのアプローチ時のはまりやすさを重視し、十二角を採用しています。

収納ケースはネプロスのセットでは初となる両開きタイプのメタルケースを採用。カラーはネプロス専用色のダークチャコールパールで、天面に専用のエンブレムをセットした特別仕様です。標準小売価格は「ネプロス 9.5sq.ツールセット[32点]」NTX632WZ 17万2,700円(税込)です。

ネプロス 9.5sq.ツールセット[32点]

ネプロス 9.5sq.ツールセット[32点]

6.3sq.にもneprosの精度と信頼性を凝縮

「ネプロス 6.3sq.ツールセット[41点]」NTX641WZはコンパクトさと信頼性を両立する差込角6.3sq.のツールセットです。狭所作業に適した6.3sq.の特長を最大限に活かす入組で、ラチェットハンドルとビット類はスタッビタイプもセット。ハンドル類はドライバタイプやT形ハンドルなど、早回しに最適なアイテムが追加されています。

収納ケースはネプロスのセットでは初となる両開きタイプのメタルケースを採用。カラーはネプロス専用色のダークチャコールパールで、天面に専用のエンブレムをセットした特別仕様です。標準小売価格は「ネプロス 6.3sq.ツールセット[41点]」NTX641WZ 17万7,100円(税込)です。

ネプロス 6.3sq.ツールセット[41点]

ネプロス 6.3sq.ツールセット[41点]

セット工具の特長

さらに奥へのアプローチを可能に

スタッビラチェットハンドルNBR290H スピンナハンドルNBS2

群を抜く極小サイズを活かして、不可能だった障害物の奥へも容易にアプローチ。奥へ届くだけでなく確実な作業を実現。

デザインアワード受賞の美しさ!

ラチェットハンドル (NBR290)

世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つ「iFデザインアワード2017」受賞のラチェットハンドルNBR290を採用。世界が認めた最高峰の美しさと機能をその手にお届け。
もちろん90枚ギア、送り角4°の精密機構! 美しさだけでなく、90枚ギアの緻密な操作感とネプロスならではの高剛性を実現。

 

ねじり剛性に優れ作業性UP!

スタッビヘキサゴンビットソケット (NBT2-03SS,NBT2-04SS,NBT2-05SS)

スタッビタイプのビットソケットは、ねじれにくく、かけた力をロスなく伝達。狭所作業だけでなく、固着したボルトの緩め作業にもおすすめ。

ダイレクトなアプローチで作業性UP!

ロングクロスドライバビットソケット (NBT2P-1L,NBT2P-2L)
ロングマイナスドライバビットソケット (NBT2M-06L)

エクステンションバーを使用することなく対象へアプローチ。ガタつきが少なく、ダイレクト感を実現。小さな径の深穴、上部に障害物がありドライバタイプではアプローチが難しい個所での作業に最適。

 

nepros(ネプロス)とは

New Professional Satisfaction(達人の新たなる満足)の名を冠したKTCのフラッグシップモデルです。「より強く、より使いよく、より美しい」をコンセプトに、世界一の工具を目指し5年の歳月をかけて生み出されました。高強度・高強靭性・高耐久性を携えた理想の素材開発。人間工学・力学など様々な観点から徹底的に追求した先進の設計思想。理想を具現化するため一新した製造技術。KTCのものづくりの粋を集め、工具の理想形を追求した工具ブランドです。

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!