なんという重厚感…。有名デザイナー「ローランド・サンズ」がBMWの新クルーザー「R18」をドラッグレーサー化

有名なカスタムバイクデザイナーのローランド・サンズがBMW R 18を象徴的な巨大なボクサーエンジンを備えたロー&ロングなドラッグレーサー「R18 Dragster」へと進化させました。彼と彼のチームは、印象的な2シリンダーのビッグボクサーを中心に構築されたユニークな傑作を生み出し、その過程で彼らの創造性を遺憾なく発揮しています。

ローランド・サンズの個人的な物語は、このバイクにおける彼のインスピレーションの源となったといいます。

「目を見張るほど中心的なエンジンがあるので、すぐにマッスルカーのことを考えました。私の家族はいつだってスピードに魅せられていて、私の父はドラッグレーサーだったこともあり、バイクを必要最低限​​のものまで細分化し、直線軌道で速く走るように形を作るのは理にかなっていると思いました」

 

 

歴史に根ざしたクルーザー BMW R 18

BMW Motorradは2020年4月にクルーザーセグメント向けのブランドの最初の量産バイク「R18」を発表しました。これまでの他のBMW製バイクとは異なり、このモデルはデザインとテクノロジーの両面で歴史的なBMWの伝統に則っています。

BMW R5などの有名なモデルに基づいており、純粋で飾り気のないテクノロジーとボクサーエンジンによるライディングの喜びを中心に据えるという、バイクの本質に焦点を戻しています。

 

「ビッグボクサー」は、BMWモトラッドが1923年に最初に生産を開始して以来、刺激的なライディングを提供してきた伝統的な空冷ボクサーエンジンのシリーズを引き継いでいます。

 

深くバイクを理解するローランドサンズの設計プロセス

 

ローランド・サンズは常に自分のアイデアを紙にスケッチすることから始めます。これにより、彼は形状の基本と、バイクのポジションとジオメトリがどのように見えるかを理解できます。「本当の魔法はスケッチを実現するときに起こります」とローランドは説明します。

 

 

新しいR18は、高度にカスタマイズ可能なデザインを提供しています。取り外しが簡単なリアフレームと、分解が簡単なパーツセットが特徴です。これにより、ユーザーは新しいR18のテールを自分の好みに合わせて簡単に交換できる、高い自由度が確保されています。また、好みに合わせて塗装を変えることもできます。

 

R18 Dragsterの場合、ローランド・サンズをはじめとするチームはR18のスタンダードなネック形状を維持し、バイクのテールを取り外してドラッグレーサーに作り替えました。さらに彼らは変更されたフレームに合うように、フロントとリアのフェンダーを変更しました。

カスタマイズプロセス全体に要した期間は約3か月半。その後、バイクはワークショップに向かい、最終組み立てとドラッグストリップでの1日を過ごしました。

 

「すべてのバイクには、ビルド、特別な材料、部品に応じて、さまざまなソースが必要です。新しいバイクのコンセプトはすべて、200を超えるバイクをビルドした後でも学びがあります。私たちは常に、手がけているバイクのジャンルを深く理解したいと思っています。それが、本物でありながら機能的なものを保つための鍵です」とローランド・サンズは説明します。

 

ローランド・サンズはR18 Dragsterとは別に、R 8クルーザーの発売に向けて、アルミ削り出しパーツの2つの異なるデザインコレクション「Machined」と「2-Tone-Black」を作成しました。「機械加工」および「2トーンブラック」の範囲には、標準サイズとは異なる寸法で利用可能な前輪と後輪が含まれます。さらに、これらの特別なフライス加工部品の範囲には、スピードメーターハウジング、ハンドルバークランプ、ハンドルポスト、ハンドルバーグリップ、レバーとミラー、エンジンハウジングのトリム要素、フィラーキャップ、インテークサイレンサーカバーなどが含まれます。

 

R18 Dragsterの場合、ローランド・サンズはミリングパーツデザインコレクション「2-Tone-Black」を使用して、レバー、ホイール、バルブカバー、ブレストプレート、ヘッドライト、ゲージをカスタマイズしました。フロントエンドはBMW R nineTから流用され、シートと排気系はゼロから作成されています。

 

ワンオフパーツと流用品をうまく組み合わせたR18 Dragster

フレームはドラッグレース用にリアサスペンションを完全に取り除いて変更されています。フロントとリアのフェンダーは、クラシックなR18シルエットを維持するために、ストックシートメタルパーツを利用してわずかに変更されています。

 

ヘッドライトはオリジナルのR18のもので、アルミ削り出し部品のデザインコレクションのヘッドライトベゼルでドレスアップされています。フォークはBMW R nineTから、フロントブレーキシステムはBMW S1000RRスーパーバイクから流用されたものです。

 

エギゾーストは、フライス加工されたアルミニウム部品の排気チップを利用した、ハンドメイドのステンレス鋼ツインメガホンシステムに置き換えられています。

 

油圧フロントブレーキとクラッチマスターシリンダーは、ローランド・サンズ・デザイン製です。

 

タンクはオリジナルのR18そのまま。塗装は2トーンのメタリックブルーで仕上げられており、ローランドに所属するペインターChris WoodによるクラシックなBMWピンストライプが使用されています。

 

シートはサドルメンによるRSDカスタムシートです。

 

バイクのDNAを持つ男「ローランド・サンズ」

彼自身の説明によると、ローランド・サンズはバイクとともに育ち、バイクに乗ることは彼の血の中に刻まれているといいます。彼の父親はカスタムバイクとパーツを作るほどの根っからのドラッグレーサーでした。その結果、ローランドはクールなバイクに囲まれて育ちました。

それゆえに、彼が父親と同様にダートバイクに乗って、それらを分解し、リビルドするようになるのに、それほど時間はかかりませんでした。彼は10年間にわたるレースのキャリアを積み上げました。

 

今日、ローランドはカスタムバイクやバイクアパレルの世界的に有名なデザイナーであり、世界中に顧客を持っています。

デザイナーは、スタイルを組み合わせ、その過程で新しいジャンルを生成するものです。「レースの美学と機能をカスタムスタイルと組み合わせる–これは、おそらく私たちを最もよく表している言葉です。ストックマシンのパフォーマンスを改善したいのです」とローランドは言います。

ローランド・サンズにとって、バイクは単なる仕事の道具ではありません。「簡単には説明できません。私にとってバイクに乗ることは、機械と一体になるようなものです。私のバイクは私の人生そのものです。それがすべてです。それが私がすべきことです。」

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!