レザーが正義のバイカー必見。ブーツや革ジャン好きに向けた本格レザーケアブランドが始動

株式会社R&Dが、バイカーに向けた本格レザーケアブランド「SADLLE UP(サドルアップ)」を2020年10月19日(月)より展開開始。7つのアイテムを発売しています。

「SADLLE UP」誕生の背景

Saddle up の直訳は「鞍を上げろ」。アメリカ映画などでは「さあ、出発だ」という意味でも使われます。Saddle(サドル)とは馬の鞍を意味しますが、Leather(レザー・革)をイメージさせる言葉でもあります。バイクの世界では、シートをサドルとも呼び、バイカーにとって革は革ジャン、レザーブーツなど趣味性の高い、楽しむアイテムです。

様々なものが洗練され、システマティックになった現代社会では、趣味性の感度が薄れていています。趣味性の高いレザーグッズのお手入れをしながら、愛着のあるものに育てていく楽しみ。Saddle up という言葉がもつ強靭でタフなイメージをブランドのコンセプトと重ね合わせ、「ダメージを負って色褪せた革が瞬く間に蘇る」そんな非日常的な体験を演出するとしています。

 

SADLLE UP レザーお手入れ
​レザーミルク 価格:2,200円(税込)

  • 天然成分配合、皮革製品用栄養&ツヤだしローション
  • カルナバワックス、蜜蝋、ラノリン、ホホバオイル、シアバターなど天然オイルを使用した浸透性、保湿性、ツヤの効力が高いローションです。
  • 面積の大きいブーツ、ジャケットなどに最適です。伸びもいいので少量でも効果が得られます。

 

SADLLE UP レザーお手入れ

レザーオイル 価格:2,530円(税込)

  • 天然成分配合、皮革製品用栄養リキッド
  • ミンクオイルと酸化しにくいキャスターオイルを使用し保湿力が高い保革オイルです。
  • 固形タイプとは違い、仕上がりがサラッとしています。
  • 少量を全体に薄く塗りこみ、乾拭きすることで高い栄養効果が得られます。

 

SADLLE UP レザーお手入れ
レザークリーナー 価格:2,420円(税込)

  • 天然成分配合、皮革製品用クリーナー
  • オレンジオイルとキャスターオイルを配合した皮革用クリーナーです。
  • リキッドタイプのクリーナーは革の表面だけではなく、革の中まで浸透して汚れを浮き上がらせます。

 

SADLLE UP レザーお手入れ

レザーコンディションスプレー 価格:1650円(税込)

  • 皮革製品用栄養防水
  • ラノリン配合により、革に潤いを与え、乾燥やひび割れを防ぎます。
  • 防水効果を高めるため、水ジミや汚れから革製品を守ります。

 

SADLLE UP レザーお手入れ
ホースブラシ M 価格:1,650円(税込)/ホースブラシ L 価格:3,300円(税込)

  • ホコリ落とし&仕上げ用ブラシ。ホースブラシ Mはブーツ、短靴、財布などの小物に、ホースブラシ Lはレザージャケット、バッグなどの大きい革製品に最適です
  • 毛先の柔らかいブラシですのでブーツ、バッグ、レザージャケットのホコリ落としに最適です。
  • クリームの塗布後にブラッシングするとツヤを出しサラッとした仕上がりになります。

 

SADLLE UP レザーお手入れ

ポリッシュレザーグローブ 価格:3,080円(税込)

  • 仕上げ用グローブ。
  • 表面はクリームを拭き取りやすいポリエステル製のボアタイプ、裏面はよりツヤを出しやすい「山羊革」を使用したスエードタイプ
  • クリームを塗り、ブラッシングをした後の拭き取り最適です。
  • クリームを塗り、ブラッシングをした後の乾拭きに最適です。
  • 表面でクリームを拭き取り裏面で仕上げをすることでよりツヤを出すことができます。

 

SADLLE UP レザーお手入れ

ウォッシャーキット 価格:2750円(税込)

  • 皮革製品用ソープ
  • ラノリン、ホホバオイルを配合しており、洗い流したあとの保湿力もある洗剤です。
  • 革に浸透した古い油やクリームは革本来の通気性を損ない、カビの原因にもなりますので、古くなったレザー製品は一度洗う事をお勧めします。

 

株式会社R&Dについて

現代人にとって靴は欠かすことのできない存在です。しかし、欧米に比べその歴史が浅い日本ではその良さや重要性が語られることが少なく、シューケアやフットケアという部分においてもまだまだ未熟です。「シューケア・フットケアを通じて日本に新しい靴文化を創造する」この、R&Dスタッフの純粋な気持ちが企業理念となっています。

株式会社R&D

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!