ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

皆さんは「バンディット9」をご存知だろうか。バンディットと言っても、シンプソンのヘルメット「スーパーバンディット」ではない。ここで紹介するのは、ベトナムはホーチミンに構えるカスタムショップ「バンディット9」だ。

ホンダ「ベンリィSS125」が究極進化!

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

ベンリィといえば、今でもたまに走っているのを見かけるほど人気の大衆車である。海外、特に東南アジア市場においても、ベンリィは今でも活躍している。そんな大衆車ベンリィをベースに、芸術作品へと進化させてしまうカスタムショップがベトナムにあるのだ。その名も「バンディット9」。

ベトナムはホーチミンに構える同ショップが手がけるベンリィの完成度は、日本人ビルダーも舌をまくほどのクオリティーだ。それでは、次で3台の車両を紹介する。

EVE

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

まずはこちらの斬新な形状の車両から。「EVE」と名付けられた車両の特筆すべき点は、何と言っても一直線に伸びるスチールメッキ製のタンク&シートである。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

エンド部分は、気持ちの良い丸みを帯びた尖り方をしており、ミッドセンチュリーモダンのそれを思わせる。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

スリムであって華奢に見えないリアビューからも、同ショップのこだわりがうかがえる。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

マフラーエンドにブラス製のチップをつけるあたりも、アメリカ・ユーロ・日本のカスタムトレンドをよく捉えている。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

顔からはヨーロピアンの上品さを感じる。

BISHOP

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

次に紹介するのも、やはりベンリィSS125をベース車両に用いた「BISHOP」だ。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

タービン風のエンジンカバーが実に面白い。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

ハンドルの形状も、プルバックのティラーバーを逆につけたような斬新な形状。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

こちらの車両のライディングスタイルが気になる。

L・CONCEPT

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

最後もやはりベンリィSS125ベース。こちらの車両もタンクとシートが一体型になっており、前2台の車両よりややライトなカスタムだ。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

テールライトは埋め込み式だ。

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

タンクキャップの形状にも、細やかな工夫がされている。

いかがだっただろうか。

今、ベトナムはもとより、タイやフィリピンなど東南アジア各国で、カスタムバイクシーンが熱を帯びてきている。日本のカスタムショーやコンテストなどで、東南アジアのビルダーが招呼される日もそう遠くはなさそうだ。

【関連記事】

乗り物好きがどんなライフハックよりも心に響く名言「枠にはまるな。」

Amazonで買える!おもしろバイクグッズ7個

オッサンが懐かしむバイクヒーローは「ワイルドセブン」だ!

バイクを船に積みたいの!さて成功するのでしょうか?

1960年にすでに英国で誕生していた水陸両用バイク!

参考 – BANDIT9

画像 – Flickr : Steve Glover

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。