ベトナムのカスタムショップ、バンディット9のカスタム「ボンネビル」はブラックビューティー!

以前、for Rideでも紹介したベトナムのカスタムショップ「バンディット9」。

ホンダ「ベンリィ」のハイクオリティなカスタムなどを手掛ける、ホーチミンに拠点を持つ同店が、次なる作品を発表! トライアンフ「ボンネビルT100」をベースに、オリジナルパーツで身を纏った「PANTHER」がそれだ。

ビンテージモデルをよりシンプルで戦闘的に

7_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER

ベースとなったのは、2012年モデルの「ボンネビルT100」。「ボンネビル」は、ご存じの通り、1950年代からイギリスのトライアンフ社が生産しているバイクだ。今回カスタムされた「T100」は、往年の名車を復刻したようなビンテージ感満点のスタイリングに、パワフルな865cc空冷パラレルツインを搭載したモダンクラシックモデルだ。

バンディット9が製作した「PANTHER」は、それをよりシンプルかつ戦闘的なイメージにリフレッシュ。ビンテージスタイルから、あえてスクランブラー的なフォルムに変身させている。

ヘッドライトやエンジンなど全身をマットブラックに

4_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER

細部のカスタムポイントを紹介しよう。

まず、ヘッドライトは、ステーやケースなどをマットブラックにペイント。加えて、レンズもブラックアウト化を施している。薄いスモークやキャンディブラックなどをレンズにペイントすることで、点灯時にはちゃんとバルブ光を透過させる手法で、クルマのドレスアップなどでは一般的なものだ。ライトが点灯していない時は、まるで獣が目を閉じているような不気味な雰囲気に。そして、点灯時はかっと目を見開いた魔物のような印象へと代わり、フェイス周りに独特のワイルド感を醸し出している。

6_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER

オリジナルのフレームにマウントされたエンジンも、元々クロームだったクランクケースカバーなどをマットブラックに。

5_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER

砲弾タイプのマフラーもバンディット9製で、サイレンサーカバーやヒートガードなども、もちろんブラックアウト。タンクやサイドカバーなども同様で、細部に渡る徹底したカラーチェンジが、全体的なフォルムをよりスパルタンなものに導いている。

シートやフェンダーの変更でシンプルなリヤビューに

3_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER

ブラックレザーに張り替えられたシートもオリジナル。メッキのグラブバーは取り除かれ、代わりにスリムなステンレス製リヤフェンダーを装備。小型のLEDウインカーやテールランプなども装備することで、リヤ周りは非常にスッキリした印象に。よりシンプルなリヤビューを生み出している。

装着パーツはわずか9点

1_BANDIT9_BIKEPAGE_PANTHER_MAIN

装着したパーツは、これらの他にアルミ製ハンドガードなどで、総点数わずか9点。たったそれだけのパーツで、モダンクラシックバイクである「ボンネビルT100」のイメージを、ここまで変えたのはなかなかだ。

黒くて俊敏な、ネコ科の野性動物を彷彿とさせるそのスタイルは、まさにブラックビューティー! かなりハイセンスなカスタムだと言えるだろう。

東南アジアのカスタムバイクシーンを牽引するバンディット9に、今後も目が離せない。

参考 – BANDIT9

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。