カワサキの”W”が復活!インドネシアでリリースされた「W175」は素敵なネオレトロモデル!

カワサキと言えば、ハイパフォーマンス&ライムグリーンを想像し勝ちではありますが、一方で”オートバイ”の雰囲気を全身に纏う「ゼファー」の生産を長年続けるなど、ベーシックなモデルをしっかり企画してくれるメーカーでもあります。

ところが……

2016年…今年で生産終了!カワサキ「W800」のファイナルエディションが発売

1960年代の「W1」シリーズを彷彿とさせる美しい並列2気筒エンジンを搭載する「W800」が、2016年をもって生産終了。世界中のファンが悲しみに暮れたのでした。

ところが……

インドネシアで”W”が復活していた!

なんと、その”W”シリーズがインドネシアで復活していました!

それがコチラの「W175」。空冷4ストローク単気筒エンジンを”W”シリーズと呼ぶに相応しい”オートバイ”と呼びたくなるスタンダードな車体に搭載。

シングルクレイドルのスチールフレームに正立フロントフォーク、リア2本ショックの車体構成です。

これ、日本人にとっては……

【またも悲報】カワサキ「エストレヤ」もファイナルエディションが発売されてしまった…

2017年に惜しまれつつもファイナルエディションが発売された「エストレヤ」と瓜二つに映りますね。

さて、「W175」に戻ります。エンジンは空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ。

総排気量177cc、ボア×ストロークは65.5×52.4mm、圧縮比はマイルドに9.1:1。最高出力9.6kW(13PS)/ 7,500rpm、最大トルクは13.2Nm(1.3kgm)/ 6,000rpm。

フロントフォークは正立タイプで、フォークブーツを装備しています。フェンダーの材質は不明ですが、スチールだと嬉しいなぁ。フロントブレーキは220mmのシングルディスク。リアはドラムブレーキ!ですがコレ、出力を考慮すれば充分でしょう。

ディテール写真が公開されていませんが、ヘッドライト周辺の処理は”W”シリーズに相応しいベーシックな出で立ちです。

タックロールの入れられたダブルシート、キャブトンマフラー、前後スポークホイール(17インチ)など、”クラシカル”な雰囲気を演出する車体構成も◎です!

車両重量126kg、ホイールベースは1,275mm。まずまず軽量、コンパクトな車体は、日本人的にはセカンドバイクにも最適です。

実は、ここまで掲載した3車は現地正式モデル名は「W175 SE」。ガソリンタンクの凝ったペイントやタックロール入りのダブルシートが、その違いのようです。

そしてコチラがベーシックな「W175」。

明るいカラーだとタイヤとフェンダーの異様な隙間に気付きます……。

が、カワサキが(遠いインドネシアであったとしても)”W”を復活させてくれたのは嬉しいニュースです。

「エストレヤ」&「W800」の後継車開発にも期待したいところ。是非、復活させて下さいね、カワサキさん、お願いしまっす!

「W175」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,930×765×1,030mm
  • 軸距:1,275mm
  • シート高:- mm
  • 車両重量:126kg
  • エンジン:空冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:177cc
  • ボア×ストローク:65.5×52.4mm
  • 圧縮比:9.1
  • 最高出力:9.6kW(13PS)/ 7,500rpm
  • 最大トルク:13.2Nm(1.3kgm)/ 6,000rpm

参考-カワサキ(インドネシア)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。