マンガ「特攻の拓」に登場する「ルシファーズ・ハンマー」には元ネタがあった!?

マンガ『特攻(ブッコミ)の拓』に出てくる、暴走族ではない異質のキャラクター、天羽セロニアス時貞の愛車「ルシファーズ・ハンマー(悪魔の鉄槌)」をご存知でしょうか。

特攻の拓 新装版 コミック 1-27巻セット (ヤングマガジンKC)

禍々しいネーミングとは裏腹に、ヤマハ「SR」をベースとしたカフェレーサーという、ブリティッシュ・ロッカーズ・スタイルなのです。

マンガ内でのルシファーズハンマーとは?

http://img-cdn.jg.jugem.jp/fff/1575109/20100321_1026472.jpg

天羽クンのSRは、ボアアップ+ピストンヘッド交換で高圧縮化されています。ただのエンジンチューンではなく、ハーレー用のピストン&シリンダーが組まれた、まさに悪魔のような仕様です。通称”天羽スペシャル”。
さらに、SRは通常5速ミッションですが、”伝説の6速”が存在します。これによって”スピードの向こう側”に行けるのです。

ロングストロークで高圧縮だと、キックの反動がさらに大きくなるので、”ケッチン”の恐怖は計り知れませんね。

ルシファーズ・ハンマーは実在する!?

http://www.badweatherbikers.com/buell/messages/6817/19333.jpg

実はルシファーズ・ハンマーというネーミングは、天羽くんが命名したものではなくアメリカで実在したバイクが元ネタです。

当時、「Battle of the Twins(BOTT)」という市販車二気筒限定のレースが開催されており、ドゥカティやBMW、モトグッツィなどのヨーロッパ勢が首位を独占していました。そこに対抗するため、ハーレー・ダビッドソンのワークスチームが自社のダートトラッカー「XR750」を改造して送り出したマシン、それがルシファーズ・ハンマーです。

XR750にスポーツスターのピストン&シリンダーを組み、1000ccまでボアアップされ、圧縮比は10.5:1の高圧縮に仕上げられています。また、出場規格を満たすために市販品のルシファーズ・ハンマーともいえるBuell「RR1000」が少量販売されました。

このルシファーズ・ハンマーは、後に1983年〜85年と3年連続でタイトルを手中に収めています。

XR750をボアアップして作り上げた本物のルシファーズハンマー、SR400をボアアップして作り上げたマンガのルシファーズハンマー。

共にスポーツスターのピストン&シリンダーを組んでいるという点。非常にリンクする点が多いので、おそらく意識して描かれていたのではないかと思われます。

こういった点からも、ルシファーズ・ハンマーにはロマンを感じずにはいられません。

【関連記事】

世界で1台!マンガ「ばくおん!!」公式の痛バイクが95万円で販売開始

両極端の究極バイクマンガはコレだ!

オッサンが懐かしむバイクヒーローは「ワイルドセブン」だ!

見ててワクワクがとまらない!漫画で学ぶHONDAの原点

リアル「スト2」のボーナスステージ!あぁキャデラックCTSが壊されてる…

画像 – badweatherbikersalfa156-sr500.img.jugem.jp

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。