こっそり復習!日産「セレナ e-POWER」搭載のパワートレイン「e-POWER」って何だっけ?

昨秋に開催された東京モーターショーで世界初公開された日産「セレナ e-POWER」。「楽しい思い出をつくり続ける“家族”のミニバン」として1991年の初代発売以来、常に時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、進化を続けているミニバン「セレナ」に追加されたニューモデルです。

そこに搭載されるパワートレインが注目!日産が猛プッシュするパワートレイン「e-POWER」なのです。2016年にノートに初搭載され、その力強い走行性能や高い静粛性、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままに行うことができる「e-POWER Drive」が高く評価され、圧倒的な人気を博しています。

 

セレナ「e-POWER」の概要

パワートレインの前に、まずは「セレナ e-POWER」からご紹介しましょう。

「セレナ e-POWER」はガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行します。「セレナ」が誇る室内の広さや使い勝手の良さ、快適性はそのままに、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速を実現。車速に応じたエンジン回転制御とボディの随所に防音対策を施すことにより、クラスを超えた高い静粛性を実現しています。

 


燃費性能では、発電用エンジンでの効率的な発電や優れた空力性能により、26.2km / L(JC08モード)の低燃費を達成しています。

デザイン面では、フロントグリルをはじめ、エクステリアおよびインテリアの随所にe-POWERの先進性を象徴する、ブルーアクセントが施されています。

エクステリアでは、専用の15インチの切削アルミホイール、ルーフサイドスポイラーを新たにデザインし空力を向上しています。

 

インテリアは、シフトバイワイヤー機能のシフトノブや、ブルーアクセントのイルミネーションを大型のマルチセンターコンソールトレイにあしらい、より先進的なイメージのデザインとしました。

 

「e-POWER」って何?

さて、いよいよ本題。「e-POWER」とは何か、について復習です。

冒頭にも記しましたが、「e-POWER」は2016年発売の「ノート e-POWER」に初搭載されたパワートレインのこと。「ノート e-POWER」発売時には新しいEVだと宣伝していましたが……ガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する「e-POWER」、今回は”EV”と明言するのは止めています。

 

今回はパワートレイン画像が公開されていませんので、タイトル画像にも使用した「ノート e-POWER」のものをご覧いただきましょう。発電用のエンジンのほか、トランスミッション・モーターが組み合わされていることが分かります。

 

中央が「e-POWER」ですが、従来型ハイブリッド(「プリウス」などが採用)=スプリット式とは確かに違いますが、EVと呼ぶのは厳しいのが分かります。

コレ、「シリーズ式ハイブリッド」と言いまして、確かに電気自動車のように100%モーターで駆動しますが、発電のためにエンジンを搭載。EVのようですが充電は不要、代わりにガソリン車のように給油が必要となります。

EV化を積極的に推進する日産ですが、現在のバッテリー容量では売れ筋車種のEV化は困難。そこで編み出した苦肉の策が「e-POWER」と言えましょう。

「セレナe-POWER」の駆動用モーターは、最高出力100kW、最大トルク320Nmを発生させます。「ノートe-POWER」では最高出力 80kW、最大トルク 254Nmでしたから、かなりのパワーアップが図られています。

 

「e-POWER」には意味がある!

マーケティング上で”EV”を謳う必要が無いくらいに認知度を高め、もはや一つのステイタスともなりつつある「e-POWER」ですが、そのメリットは何かと言えば……

「セレナ e-POWER」に先進機能として搭載された、プロパイロット、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報やハイビームアシスト、踏み間違い衝突防止アシスト(メーカーオプション)、アクセルペダルのみで加減速の調整が行なえるワンペダルといった、未来のクルマに求められる”インテリジェント・ビークル”的要素との相性の良さにあります。

今後どんどん賢くなって行くに違いないクルマ達。その機能の一部を先んじて体験できることこそが、ユーザーにとってのメリットと言えます。

流行りもの好きの方、お一ついかがでしょうか?

 

参考-日産「セレナ e-POWER」
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。