fbpx
【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

映画『oo7』でお馴染みの「アストン・マーチン」といえばイギリスを代表するプレミアムスポーツカーメーカーですね。

そして、ブラフ・シューペリアといえば現在はフランス人実業家が所有していますが、そのオリジンはイギリス。両社のコラボレーションとなる「AMB 001」を発表したのは、2019年のミラノショーでした。公道走行不可、しかしレーシングマシンでもない、そして価格は当時の為替で1,300万円という超高額モデルでした。そんな「AMB 001」の上級バージョン「AMB 001 Pro」が、ミラノショー2022で発表されました!

世界限定100台!アストン・マーチン×ブラフ・シューペリアのド変態バイクを復習だ

 

「AMB 001 Pro」は最高出力が大幅アップ!

【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

こちらが今回発表された「AMB 001 Pro」です。完売した「AMB 001」の後継モデルであり、アストン・マーティンのハイパーカー「 Valkyrie AMR Pro」にインスパイアされています。

サーキットにおけるパフォーマンスを極限まで引き上げ、前モデルに比べて25%のパワーアップを果たしており、最高出力は167.78kWに到達。パワーウェイトレシオはF1カー並みの1.28hp/kgを達成しています。

 

【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

搭載されたエンジンは総排気量997ccのV型2気筒DOHCです。挟角は88度、ボア×ストロークは94×71.8mmとショートストローク仕様です。

このきらびやかなクランクケースは鋳造品ではなく、高品質のアルミニウム(マグネシウム含有量の高い5000シリーズ合金)ブロックから削り出されており、シリンダーライナーにはセラミックコーティングが施されています。

 

【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

 

この特徴的なエクステリアは空力を追求した結果であり、フロントスポイラーとサイドウィングによりダウンフォースを増加させています。フレームはCNC加工により削り出されたアルミニウム製。エンジンを剛性メンバーとして活用しています。外装類は当然のようにカーボンファイバー製。その結果、車両重量(乾燥)は175kgと、圧倒的な軽量化を実現しています。

また、極薄のシートは前作と同様の形状をしています。見た限りでは長距離運転はなかなか厳しい仕様ですね。

 

【驚愕の2,000万円超】アストンマーチン×ブラフシューペリアの合作「AMB 001 Pro」はレースマシン並みのスペック!

この「AMB 001 Pro」もまた前作と同じく、公道走行不可な仕様を踏襲しています。そして面白いことに、特定のカテゴリーのレースに向けたマシンでもなく、純粋にサーキット走行を楽しむためのモデルとして市販されます。まさに“究極の嗜好品”ということなのでしょう。

そして、価格は148,900ユーロ…日本円で約2,159万円です。円安も相まって前作よりもググっと価格がアップしています。販売は世界限定88台ということで、どなたか買われましたら是非、当サイトまでご連絡ください。取材に駆けつけます!

 

「AMB 001 Pro」のスペック

エンジン型式 水冷4ストロークDOHC V型2気筒
排気量 997cc
最高出力 167.78kW
最大トルク 225HP
車両重量 175kg
全長×全幅(mm) 2,119×645
ホイールベース(mm) 1,461
シート高(mm) 851
変速機 6速
タイヤサイズ 前:120/70 ZR17、後:200/55 ZR17
カラー Photon Lime
価格(税込) 約2,159万円

 

Writer: Reggy

Information

ブラフ・シューペリア
公式サイト
ミラノショー2022
公式サイト

Keyword

Pickup

注目の記事