起きたらアウト!バイクで高速道路を走る前に知っておきたいバースト対策

タイヤのトラブルと言ってまず思いつくのがパンクではないでしょうか。しかしそれだけではなく、走行中に突然タイヤが破裂する「バースト」が起こる事もあるのです。

 

ひとたびタイヤがバーストすれば、タイヤの空気が一気に抜けるため、タイヤ自体がバラバラになってしまう事もあります。しかも厄介なことに、バーストは高速道路を走行している時に起こりやすく、しっかりと対策をしておかなければいけません。

 

そこで今回は高速道路でバーストに見舞われないよう、事前に知っておきたい対策をご紹介していきます!

 

なぜバーストは起きるのか

そもそもバーストはなぜ起こるのかご存知でしょうか?もちろんタイヤ自体が古くなり、ひび割れから一気にバーストする事もありますが、それ以外にも以下の理由があるからなのです。

  • 走行中に突起物を踏む
  • 路面の熱によってタイヤが膨張する
  • スタンディングウェーブ現象が起きる

この条件は、高速走行中の方が起きた時のリスクが大きくなるため、特に気をつけなければいけません。順に詳しくご紹介しますね!

 

走行中に突起物を踏む

走行中に突起物を踏むと、通常ならばタイヤのゴム部分が変形して衝撃を吸収してくれますが、高速回転すると衝撃を吸収しきれず、ゴム部分が裂けてバーストが起きます。

 

大きな突起物を乗り越えた時の方がバーストするリスクが大きいのですが、高速走行中だと、数センチほどの小さなものを踏んでも起こりえます。

 

路面の熱によってタイヤが膨張する

日差しの影響や気温が高く、路面温度が上昇していると、アスファルトから放出する熱をタイヤが吸収してしまいます。熱を吸収したタイヤは内部の空気圧が急上昇してしまうため、タイヤが耐えきれずにバーストが起こります。

 

スタンディングウェーブ現象が起きる

前項でもご紹介したように、タイヤの空気圧が高まるとバーストが起こるリスクがありますが、反対に空気圧が低すぎてもバーストしてしまう可能性があります。なぜなら「スタンディングウェーブ現象」が起こるから。

 

空気圧が低いタイヤが地面に接すると、タイヤの変形量が大きくなります。通常ならタイヤは元の形に戻ろうとしますが、高速多回転すると元に戻るのが間に合わず、歪んだ状態で回転してしまいます。

 

これが「スタンディングウェーブ現象」で、そのまま走行を続けると変形に耐えられずにバーストしてしまう可能性があるのです。

 

高速道路でタイヤがバーストしたら命取り

バースト=タイヤの破裂」という事ですので、高速道路でタイヤがバーストするとどうなるのかは、お察しがつくと思います。高速走行中にタイヤがバーストすると、まっすぐ走るのもままならない状態となりかなり危険。

 

さらにリアタイヤがバーストすれば、まだフロントでハンドル操作ができるから良いものの、もしフロントタイヤでバーストすれば、ほとんどの確率で転倒してしまいます。

 

そして高速道路でのバーストしようものなら後続車に轢かれるリスクも高まるので、命取りにもなります。そのためタイヤがバーストしないようにするための方法をご紹介していきます!

 

バイクのタイヤがバーストしないようにするには

タイヤのバーストを防ぐには、「走行前にタイヤの状態をきちんと確認する」これに尽きます。まずはタイヤをぐるっと一周見て突起物が刺さっていないかや、ひび割れがないか確認しましょう。

 

また、タイヤ全体を見て変形がないかも確認しましょう。もし一部分がぽこっと飛び出ていると、「セパレーション」という異常変形が起こっていて、とても危険な状態なのです。そんな時はすぐにタイヤ交換をしましょう!

 

そしてタイヤの空気圧も指定通りになっているかの確認も忘れずに行います。さらに高速道路では必要以上に飛ばしてタイヤに熱を持たせないようにする事も大事。タイヤは高速回転すると地面との摩擦が大きくなるため、内圧が高くなりやすいのです。

 

もしもタイヤがバーストしてしまったら?

タイヤがバーストすると大きな破裂音がするため、いくらベテランライダーでもパニックに陥ってしまうと思います。しかし焦ってハンドルを急に切ったりブレーキをかけると転倒なんて事にもなりかねません。

 

バイクで高速道路を走行中にタイヤがバースト!どうすればいいのか徹底解説!

そこで、もしもタイヤがバーストしたらできるだけ惰性のままハンドルをまっすぐにすることを意識し、徐々に路側帯に持っていきましょう。そして後続車に減速を知らせるために、ブレーキランプが点灯するレベルのブレーキをかけておきます。

 

あくまでランプを点灯させる目的ですので、がっつりかけないように注意しましょう。そのあとはハザードランプを点滅させ安全なところに非難し、高速道路の管理会社であるNEXCO(#9910)とロードサービスに連絡しましょう。

 

まとめ:走行前の確認で未然にバーストを防ぎましょう!

高速道路でのバーストは非常に危険で、命に関わる重大な事故につながる可能性も高いため、できれば未然に対策しておきたいところです。また、対処方法がわからず万が一バーストに見舞われるとパニックになることも考えられます。

 

そのため今回ご紹介した対策をきちんと頭に入れておき、普段の対策はもちろんですが、万が一が起きた時も冷静に対処できるように準備しておきましょう!

参考Unsplash,写真AC