ヘルメットの曇り対策大全!これであなたも曇りバスター!

寒い日や雨の日にヘルメットをかぶると視界が曇って怖い思いをしたことがありませんか?特にフルフェイスのヘルメットで曇ると致命傷です!

そこで、ヘルメットのシールドが曇らないようにするための方法についてご紹介します!

 

ヘルメットは温度差で曇る

そもそもヘルメットのシールドはなぜ曇るのでしょう?シールドが曇るのは、シールドと外気との温度差によって結露が発生することが原因となります。

 

窓ガラスに息を吐きかけたり、お風呂から上がった洗面所の鏡が曇るのは、ガラスの方が温度が低く、息やお風呂の湯気が暖かいため、温度差で結露が発生していることになりますね。

 

これがヘルメットのシールドにも同じように発生しているのです。特にフルフェイスだとシールド内の温度がなかなか下がらないため、息がこもるとすぐに曇ってなかなか取れません。危ないのはもちろん、イライラするばかりでせっかくのツーリングも台無しですよね!

 

ヘルメットの曇り対策おすすめ5選!

ヘルメットのが曇らないようにするには次の5つの方法が考えられるでしょう。

  • エアーマスク
  • ピンロック
  • 曇り止めスプレー
  • 中性洗剤
  • シールドをチョイ開けする

この中から自分の合った方法を見つけてみましょう!もちろんいくつかの方法を組み合わせると、より効果がありますよ!

 

エアーマスク

ショウエイ(SHOEI) エアーマスク5 -

ヘルメットをかぶった際に口からの息でシールドが曇るのを防ぐためにエアーマスクを着用する方法があります。

エアーマスクは基本的に汎用ですが、メーカーによって形状が違いますが、使用しているヘルメットとメーカーが違っても装着することができますので、お気に入りのものを選んで装着するのをおすすめします!

 

ピンロックシート

オージーケーカブト(OGK KABUTO) CF-1W ピンロックシート クリア556327

シールドの内側に貼り付け、シールド自体に内部の暖かい空気が直接触れないようにして曇らないようにする方法があります。雨のレースでは必需品で、このシールドがなければ不安でサーキットを攻められません!

 

ほとんどのビンロックシートはメーカーによって形が決まっていますが、中には汎用できる形のシートも販売されています。UVカットやミラーシールドになっているものもあるため、お好みによってカスタムするように選ぶこともできるでしょう!

 

曇り止めスプレー

Molecule molmlhaf41ヘルメット曇り止めスプレー、4 flオンス

シールドに「シュッ!」と吹き付ければ寒い日や雨の日でも全く曇らないようになります!吹き付けるだけのタイプや、布で液体を伸ばすタイプなどがあります。

 

効果も一度使えば1ヶ月経っても持続するものがあるため、1本持っておくことをおすすめします!

 

中性洗剤

【大容量】キュキュット 食器用洗剤 クリア除菌 詰替用 1380ml

台所に必ずある中性洗剤をシールドの中心に1滴垂らし、ティッシュや布で全体的に広げるだけで曇りを抑えることができます!

 

ただし、効果抜群というわけではなく、どちらかというと効果は一時的なものと考えておいたほうがいいでしょう。また、塗りすぎることで視界が歪んで見えることもあるため、注意が必要です。

 

シールドをチョイ開けする

 

最も手軽にできる対策が、シールドをチョイ開けすることでしょう!シールドをチョイ開けすることで、

  • 外気との気温差をなくす
  • 風で湿気を飛ばす

効果があります!デメリットは風が入ってくるため、目が乾燥することや、雨の日は水が入ってきて逆効果になるということです。花粉の季節だと走りながら鼻水鼻水ズルズルになる心配も…!

 

雨の日は頭を濡らさないようにする

雨の日は髪の毛が濡れたままヘルメットをかぶると、頭が蒸れて蒸気がこもり、シールドが曇ってしまいます。レーシングライダーの場合、雨の日だと帽子をかぶったりタオルをかぶったりして頭を濡らさないようにしています。

 

それでも湿気を拾ってしまうため、ヘルメットをかぶる前にドライヤーで髪の毛を乾かす人もいるくらいです。レース中にヘルメットが曇るとどうすることもできません!さすがにシールドを開けて走行するわけにもいきませんからね!

 

そのため、雨の日にヘルメットのシールドを曇らせないようにするには、頭を濡らさないことが一番です!

 

エアーダクトの穴は閉めておく方がいい

ヘルメトの蒸気がこもらないようにするために、ヘルメットの外にある空気を取り入れるエアーダクトを開ける人もいます。

 

しかし、雨の日はそこから水が入ってくることもあるため、逆効果になることも。そのため、できれば閉じておくことをおすすめします。

 

曇り対策はライダーにとって必要不可欠!

様々な曇り対策をご紹介しましたが、ライダーにとってヘルメットが曇ることはライディングに集中できないどころか、運転自体危険となることも。

 

エアーマスクの着用や、曇りどめのピンロックシートを使うなど、曇り止め対策の製品を購入することで解決する方法もありますが、頭を濡らさなかったり、台所にある中性洗剤を使ったりと、お金をかけなくてもできる対策もあります。

 

そのため、事前に曇り対策を施し、いつでもバイクに乗れる状態にしたいですよね!

 

画像参考-Unsplash