レジャーの季節!バイクにも合うオシャレなバックパック3選!

梅雨の時期を抜けると、いよいよ夏に突入しますよね。夏になれば、山などにツーリングに出かけるのも楽しいものです。例えば、キャンプに出かけるなども最高ですよね!

そんな時に、ぜひとも欲しいのが収納力が高いバッグですが、ここではレジャーなどに最適な収納力があり多機能なリュックサックを背負って出かける際のコーディネートやおすすめのバッグを紹介します。

 

頑丈で周囲に荷物を取り付けることができるリュックサック!

この例では、非常に収納力があるリュックサックを背負っています。

ただ、奥行きが比較的なく薄手のバッグですので、バイクに乗って背負っていても邪魔になりにくいのが良いですね。

ミリタリーテイストで頑丈な出来栄えとなっていて、外でも気兼ねなく利用できます。

また、リュックサックの周囲にベルトなどで他のものを取り付けて持ち運べる点も評価できますね。

アクティブに活動できるように、デニムシャツとデニムパンツのコーディネートで、見るからにアクティブに活動していることが伺えます。

 

こちらのリュックサックは、丈夫でモジュラーな大容量55リットルのDDベルゲンリュックサックとなっています。

アウトドアやキャンプだけでなく、日常生活でも活用できる点が魅力的です。

サブバッグを取り付けることで、より収納力がアップしますし、利用するシーンに応じてさまざまな組み合わせを楽しむことができます。

 

レザーで渋みがあるリュックサック!

こちらの例では、アウトドア系では珍しいレザータイプのリュックサックを背負っています。

レザーの場合、ずっと身につけていることで適度にくたびれた感じが出て、経時変化を楽しむことができるのが魅力的です。

この例でも、かなり使い込んで独特の色落ち感が生まれて渋いですね!

また、ミリタリーテイストが感じられる紐もポイントとなっていますし、サイドポケットもありドリンクなどを収納することもできる実用性の高さも評価できます。

上下デニムのアイテムに、インナーにチェックのシャツを着てカジュアルさを強調したファッションを楽しんでいますね。

 

こちらのリュックサックは、約26リットルも収納可能な大容量スクエアリュックとなっています。

本革のようなムラ感とシボ感が入っている、肉厚なソフトヴィンテージフェイクレザーを採用していますが、リアルなレザーのように経時変化を楽しむことができます。

肩紐や背面はメッシュ仕様となっているので、リュックサックの弱点である背負っている時に蒸れる点にも考慮しているのが良いですね。

リュックの内側もしっかりと部屋が分かれており、スマートに収納できるのも魅力的です。

 

コンパクトでスマートなリュックサック!

この例では、がっつりとしたアウトドアを楽しむというよりは、日帰りで観光を楽しんでいる軽装なリュックサックスタイルです。

サイズ的に小さく、必要最小限のものをスマートに持ち歩くのに最適なリュックサックであり、このままバイクを降りてレジャーを楽しめそうです。

過度な装飾もなくシンプルなので、ツーリング時だけでなく普段の生活でも使い回すことも可能です。

ファッションは、レザージャケットとデニムパンツ、ブーツというスタンダードなスタイルですが、それにも負けないリュックサックの存在感が光っています!

 

こちらのリュックサックは、1内側コンパートメントメインポケットに2内側小型ポケットとフロントジップポケットがあり、見た目はコンパクトでありますが想像以上の収納力を誇っています。

裏地付きの高品質オックスフォード生地であり耐荷重性がありつつも、軽量で背負っていても負担がかかりにくいのが特徴です。

キャリーハンドルがあるのも地味に嬉しいですね。

 

早速レジャーに出かけよう!

今回紹介したリュックサックは、レジャーシーンで活躍すること間違い無しのアイテムばかりです。

また、普段使いのバッグとしても活用できますので、早速取り入れてレジャーを楽しみましょう!

 

参考-Pinterest, Amazon